ちょっと宣伝です。

U-NEXTでは簡単な登録で、「31日間無料」で映画やドラマ、アニメを視聴できる、お得なサービスがあります。

もし気に入らなければ、期間内に解約すれば無料で利用可能なので、興味があればどうぞ!


安月給は退職理由になるのか?その真相を徹底解説します

安月給は退職理由になるのか?その真相を徹底解説します
「安月給なので退職したい!」
「安月給は退職理由になるの?」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

YUU
仕事内容にもよりますが、「安月給の会社」で働き続けるのって苦痛ですよね。

「安月給自体」が本当の退職理由なのか、「人間関係」など、他にもあるのかは分かりませんが、不満があるのであれば即、辞めるべきだと思います。

ここで気になるのが、「安月給は退職理由になるのか?」というもの。

これを退職理由にしていいのか、「他のそれっぽい理由」を言った方がいいのか等、悩むところでしょう。

よって当記事では、

「安月給は退職理由になるのか?」

というあなたの疑問にお答えします。

安月給は十分退職理由になります

安月給は十分退職理由になります

結論から言うと、「安月給だから辞める!」というのは、立派な退職理由です。

そもそも仕事をするのは、ほぼ「お金」の為です。

その為、与えられた仕事と給料が見合って居ないのであれば、十分辞める理由になるのです。

しかし、日本会社は典型的な「村社会」なので、変に周りの空気を読んだりして、以下の様に考えがちです。

「平社員の自分は立場が低いので、
 そんなことは言ってはいけない」

「他のみんなは我慢しているのに、
 自分だけ退職するのは気が引ける」

YUU
こういった理由で中々退職できず、「ズルズルと働き続けてしまう傾向」がありますよね。

安月給が理由で退職したいなら即行動した方がいいです

安月給が理由で退職したいなら即行動した方がいいです

上記の様に、変に空気を読んで仕事を続けても、「時間の無駄」でしかありません。

今の仕事を退職するということは、すでに新たな仕事を見つけているのでしょうか?

そうなのであれば、安月給であなたをこき使う今の会社なんて、即辞めた方がいいです。

今の様に、悩みを抱えたまま働き続けた結果、「うつ病」になってしまった人もいる位ですから、そんなに安月給が不満なのであれば、自分の為にも退職しましょう。

「他の社員は~」とか、「そんな理由で退職するなんて社会人として~」なんていう、クソみたいな村社会ルールに縛られる必要は無いのです。

YUU
「あなたの人生」なので、あなたが決めたことは全て正解です。

仮に、あなたの退職を止めて、あなたに何か起こった時(うつ病など)、会社はあなたを守ってくれると思いますか?

そんな訳ないですよね。

単純に退職されると、会社の為に働く歯車が居なくなるのが困るだけで、その歯車に何かあった場合、問答無用で切り捨てます。

つまり、「会社の都合」でしか考えていないのです。

YUU
よって、あなたも「あなたの都合」を最優先して退職することに、何の問題もありません。

ただし、あからさまに「給料が低いから」と言うのではなく、

「業務内容と得られる給料が
 見合っていないと判断した」

などと、付け加えた方が無難です。

会社がもっともらしい言い訳をしても、「あなたがそう判断した!」というだけで、十分な退職理由になります。

同業他社に行くのであれば退職理由は他に考えるべき

同業他社に行くのであれば退職理由は他に考えるべき

とは言え、あなたが今の会社を辞めて「同業他社」に行く場合、退職理由は他に考えた方が良いです。

YUU
前述の通り、日本の会社は「村社会」なので、薄汚いことを平気でやりますからね。

あなたの様な、「安月給が理由で退職」という社員を他に出さない為に、業界内で情報を共有している所も普通にあります。

中には、あなたが辞めた瞬間に情報を流し、「次の職場で筒抜け」になっていたり、「そもそも受からない場合」もあるのです。

まあ、流石にそこまでやる会社は稀であるものの、万が一のことを考えて、同業他社に行く場合は、退職理由は「それっぽい理由」にした方が無難ですね。

安月給が不満なら歩合制の仕事をするという手段もあります

安月給が不満なら歩合制の仕事をするという手段もあります

実際の所、安月給などの「給料の低さ」を理由に辞める人は、実は少ないです。

給料アップの交渉をしたり、安月給を理由に退職する人は、「全体の1割位」だと思います。

YUU
僕の経験上、殆どの人は、そんなに不快感を感じないか、感じていても割り切って働いている場合が多いですね。

その理由は、「とりあえず安定して給料を貰えるから」というもの。

そもそも、求人募集などに記載されている給料は、適正な筈です。

一部、色んなタイミングや手当を合わせた瞬間の給料を記載するなど、実際の給料より盛っている悪質な会社りますが、基本的には適正な金額のだと思います。

そして、自分で「その給料に納得した状態」で入る訳なので、そんなに不満を感じていない人は、意外と多いのです。

YUU
その為、安月給であろうが「給料を安定して貰えること」の方が重要だと考える多くの人は、割り切って働いているのです。

しかし、安月給など、給料に不満を感じるあなたの様なタイプは、「歩合制の仕事」の方が向いている可能性があります。

歩合制であれば、自分が出した結果に見合ったお金を稼げますから、より仕事を頑張れますからね。

「以下の記事」で、その概要を解説しているので、ご覧下さい。

まとめ

まとめ

ここまで、

「安月給は退職理由になるのか?」

という疑問について、お話ししました。

仕事とは、「お金」を稼ぐ為に行うもの。

間違ってもボランティアでは無いので、全く気を使う必要はありません。

あなたが折れて、無理して会社の為に働き続けても、何の得にもならないのです。

YUU
会社側に都合が悪くなれば、「簡単にあなたを切る」or「自ら退職させる方向」に持って行きますからね。

その為、安月給が不満で退職したいのであれば、即辞めましょう。

ただし前述の通り、安月給を理由に辞める人は意外と少ないです。

大半の人は、「安月給でも、安定して給料を貰える方がいい」と考えるからです。

よって、あなたの様なタイプは、恐らく次の仕事先でも給料の不満を感じる可能性が高い」と思います。

個人的な意見として、これは僕自身もそうですが、あなたは、

「自分の働きに成果が反映されない
 固定給制は向いていないタイプ」

だと思います。

YUU
よって、出した結果が直接給料に反映される、「歩合の仕事」を始めることが、その悩みの根本的な解決法だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA