安月給で離婚する際はどうしたらいい?3つの対処法を伝授します

安月給で離婚する際はどうしたらいい?3つの対処法を伝授します

「安月給で離婚すると生きていけない」
「何とか解決する方法を知りたい!」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

安月給であっても、結婚していれば「家族手当」などが貰えるので、ある程度の余裕ある生活が出来るでしょう。

しかし、離婚してしまうとそれが減らされますし、離婚内容によっては「慰謝料」や、子供が小さければ「養育費」を払わなればいけません。

YUU
結果、「バイト並みの稼ぎ」になってしまうというのは、よくある話です。

人によっては、様々な支払いもあるでしょうし、貯金も殆ど出来ませんから、「お先真っ暗の人生」を送ることになるのです。

とは言え、打つ手がない訳ではないで、「効果的な対処法」を知って実践すれば、離婚そのものや離婚後の生活の不安を回避することは可能です。

よって当記事では、

「安月給で離婚する際の対処法」

について、詳しく具体的に解説します。

安月給で離婚する際の3つの対処法

安月給で離婚する際の3つの対処法

「安月給で離婚する」となると、ダメージは大きいですから、あの手この手を使って防ぎたい筈です。

YUU
ただ独身に戻るだけならともかく、「離婚によって支払うお金」が馬鹿にならないので、大ダメージでしょうからね。

この際は、なりふり構わず、「使える手」は使っておくべきです。

それが、以下の3つ。

安月給で離婚する際の対処法

反論せずに徹底的に謝る
子供を味方に付ける
ネット起業を行う

では、1つずつ解説しますね。

反論せずに徹底的に謝る

 

反論せずに徹底的に謝る

「安月給で離婚する際の対処法」の1つ目は、以下のもの。

「反論せずに徹底的に謝る」

仮に、相手から離婚を告げられた場合、「自分が抱えている不満」を一方的にぶちまけて来るでしょう。

その際、あなたは「反論」しましたか?

YUU
これは、「絶対にやってはいけない行動」です。

相手の不満に対して反論せず、徹底的に謝ることで、「わずかでも怒りが収まる可能性」はあります。

離婚を告げられて時間が経った後でも、「自分の非を認めて改善する姿勢」を見せ続けていれば、もしかすると考え直してくれるかもしれませんからね。

離婚理由が安月給なのか、あなたの日ごろの行動や言動なのかは分かりませんが、「改善する姿勢」を見せることは超重要です。

離婚を告げられてあなたの機嫌が悪くなり、それ以降は話すらしなくなった様な対応をしている場合は、早急に辞めて謝りましょう。

YUU
まあ、多くの場合は安月給自体が原因というよりは、「あなた自身の日ごろの行い」に嫌気がさして、愛想をつかされるというのが定番ですけどね。

自分の安月給を気にする余り、「マイナス思考」になったり、「人の悪口」を言ったり、「相手に当たってストレスを発散している」など、日ごろの行いが離婚原因の本質だったりしますから。

よって、まずは徹底的に謝って、「自分の非を認めて改善する姿勢」を見せましょう。

子供を味方に付ける

子供を味方に付ける

「安月給で離婚する際の対処法」の2つ目は、以下のもの。

「子供を味方に付ける」

あなたが自分の非を改善する姿勢を見せるのは重要ですが、最も効果的なのは「第三者からの評価」です。

つまり、あなたの子供に「親」として評価され、離婚によって離れ離れになりたくない存在になるということ。

まずは、休みの日には積極的に遊びに連れて行ったりして、今まで以上に「コミュニケーション」を取るべきです。

「離婚理由」が子供も感じていること(日ごろの言動など)なのであれば、子供の前でそれを改善しようとしている姿勢を見せましょう。

YUU
「子供経由」でその姿勢が伝われば、離婚を考え直してくれるかもしれませんからね。

まあ、「相手がすでに子供を味方に付けている可能性」はありますが、やれることはやっておいて損は無いのです。

ネット起業を行う

ネット起業を行う

「安月給で離婚する際の対処法」の3つ目は、以下のもの。

「ネット起業を行う」

安月給を抜け出す最も効率の良い方法は、「起業」です。

現在あなたが安月給なのであれば、今後雇われの世界でどれだけ働いても、まず稼ぎが増えることはありあせん

しかし、起業の世界であれば、一定期間努力して結果を出すことで、1年以内に月収100万円以上を達成することも可能です。

YUU
学歴や年齢一切関係なく、努力のみで成功できる為、「起業」は唯一あなたが成り上がれる方法なのです。

とは言え、一般的な起業の場合、「莫大な資金」が必要かつ「リスク」もありますから、そう簡単に出来るものでは無いです。

しかし「ネット起業」なら、パソコン1台で自宅で行えます。

また、ジャンルによっては低資金(ネット代で年間1~2万円程度)かつノーリスクで出来るものもある為、初めは「副業」として実践可能です。

本業の稼ぎがある為、生活の心配は無いですから、安心して勉強しスキルを高められます。

そして、本業の稼ぎを安定して超える様になったら、「専業として実践するか否か」を選べば良いのです。

YUU
大きく稼げる様になれば、「離婚後の費用」も余裕で払えますし、相手の気が変わってやり直せるかもしれませんからね。

安月給で離婚する際の対処法まとめ

安月給で離婚する際の対処法まとめ

ここまで、

「安月給で離婚する際の対処法」

について、お話ししました。

主な要点は、以下の通り。

安月給で離婚する際の対処法

反論せずに徹底的に謝る
子供を味方に付ける
ネット起業を行う

「離婚」というのは、ただ独身に戻るだけではありません。

家族構成や離婚内容によっては、「様々なお金を相手に支払う義務」があるので、独身時代より更にお金が無くなる場合が多いです。

YUU
お金持ちならともかく、「安月給」であれば、絶対に避けたいことですよね。

まあ、「相手や子供と別れること」が嫌なのか、「お金が無くなること」が嫌なのか、「両方」なのかは分かりませんが、どちらにしてもダメージは大きいでしょう。

それを防ぐ為には、「上記の3つの対策」をおすすめします。

やったからといって、絶対の効果がある訳ではありませんが、やらないよりは確実にやった方が良いです。

個人的には、「ネット起業」を実践してお金の心配をなくす努力をすることを、おすすめしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA