安月給で子供を育てる方法!3つの秘訣を徹底解説します

安月給で子供を育てる方法!3つの秘訣を徹底解説します

「安月給でも子供を育てられるの?」
「何とか安月給生活を脱出したい!」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

実際、安月給で子供を育てるというのは、簡単なことでは無いです。

収入や子供の人数にもよりますが、様々なものを節約して、「カツカツの生活」を送ることになるでしょう。

YUU
とは言え、安月給生活を脱出したくても、「その方法」が分からない為、悩むのですよね。

「結論」から言うと、僕のバイト時代の同僚に、安月給にも関わらず中学生の子供がいる人が居たので、一応安月給でも子供は育てられます。

また、「とある方法」を使えば、安月給生活から脱出することも可能なのです。

よって当記事では、

「安月給で子供を育てる秘訣」
「安月給を抜け出す方法

について、詳しく具体的に解説します。

安月給で子供を育てる3つの秘訣!

安月給で子供を育てる3つの秘訣!

安月給で子供を育てることは、一応「可能」です。

「超絶にカツカツな生活」にはなりますが、生きていくことは出来ます。

YUU
僕のバイトの同僚で、「月収20万円程度で中学生の子供が居るおじさん」が居ましたからね。(奥さんも働いてはいましたが)

その人から聞いた&僕が感じた、「安月給で子供を育てる秘訣」が、以下の3つ。

安月給で子供を育てる秘訣

プライドを捨てる
親に頼りまくる
共働きをする

では、1つずつ解説しますね。

プライドを捨てる

プライドを捨てる

安月給で子供を育てる為に一番重要なのは、「プライド」を捨てることです。

そもそも、安月給の時点で子供を育てるのは、可能ではあるものの「無謀極まり無い」ので、普通の一般家庭の親としての振る舞いではやって行けません。

徹底的に「プライド」を捨てて、普通の人が嫌がることをしなければいけないのです。

例えば、子供が学校に入れば、「友達の家庭の話を聞く機会」が増えますよね。

それによって、誕生日に何を買って貰った、どこどこに旅行に行った等、「自分の親はほぼしてくれないこと」を度々聞かされます。

当然、子供も大きくなれば「親の経済事情」に気付くので、大抵はなめられますから、まず普通の親の様な振舞いは出来ないでしょう。

YUU
その為、完全に安月給を開き直って「ネタ」にする位じゃないと、少ない稼ぎで子供を育てることは難しいのです。

親に頼りまくる

親に頼りまくる

2つ目が、「親に頼りまくること」です。

前述の通り、安月給で子供を育てるからには、プライドを捨てなければいけません。

YUU
普通の家庭であれば、まず親には頼らないで「自分の稼ぎ」で何とかするものですが、そんなことは言ってられません。

利用出来るものは徹底的に利用することが、安月給で子供を育てる為に必要な方法なのです。

最も効果的なのは、「実家」に家族で住むことです。

そうすれば家賃は掛からないので、安く済みますからね。

子供達には「家の手伝い」をさせれば(当然自分もする)、実家の親からしても助かる筈ですし、孫の顔も見れて、何なら親孝行にもなります。

YUU
「年に1回しか実家に帰らない一般家庭」に比べて、こんなに親孝行なことは無いですよね?

急な出費が必要な時は「親」に出して貰えば、自分が払う必要は無いですから、貯金も可能です。

この程度のプライドを捨てられなければ、安月給で子供を育てるのは難しいので、徹底的に親に頼りまくりましょう。

「頼る代わりの何かしらのメリット」を提供しさえすれば、ギブアンドテイクになりますからね。

共働きをする

共働きをする

3つ目は、当たり前ですが、「共働き」をすることです。

夫婦で働けば、お互いに「20万円ずつ」は稼げる筈です。

結果、世帯月収は「40万円」にはなるので、これ位あれば生活は十分できます。

YUU
実家に住めば、「子供の面倒」は親が見てくれますし、「家賃」も掛からないので、大分生活に余裕が出ますね。

前述の通り、「家事の手伝いをする」「生活費はちゃんと出す」、ということさえ徹底すれば、親からしても同居のメリットはあるので、受け入れてくれる可能性が高いです。

結局の所、この日本において最終的に得するのは「プライドを捨てた人間」なので、捨てられるものは捨ててしまいましょう。

子供を作る時点で、もう子供の為に生きる人生を選んだも同然なので、最も重要なのは「子供を育てること」です。

「安月給の状態」でそれを選んだ訳ですから、自分のプライドなんてどうでもいいですよね?

YUU
「お金の問題」さえクリアすれば、子供はちゃんと生きていけますから、プライドなんて捨てるべきなのです。

安月給を脱出してプライドを捨てずに子供を育てる方法

安月給を脱出してプライドを捨てずに子供を育てる方法

ここまでは、「親のプライドを捨てて子供を育てる秘訣」をお話ししました。

とは言え、出来れば一般家庭の様に、「普通」に子供を育てたい筈です。

その為には、「起業」するしかありません。

安月給の人は、大抵「中卒」や「高卒」であったり、世渡りも下手な人が多いです。

YUU
「学歴&村社会」の日本において、雇われの世界でこの要素を持つ人が成り上がることは、まず不可能なのが現実なのです。

しかし、「起業の世界」であれば、そんなものは全く関係なく、実力のみで成り上がり、安月給を抜け出すことが出来ます。

努力しさえすれば、初心者から初めて1年以内に、月収100万円以上を稼ぐことも可能な世界なのです。

この稼ぎを得られれば、子供を育てるのは余裕ですし、社会的スペックも高まるので、子供にも尊敬されます。

「人の力を借りないで、自分で成り上がった親」なんて、超かっこいいですからね。

YUU
よって、どうしても親のプライドを捨てたくなく、根本的に安月給の生活を脱出したいのであれば、「起業」を検討してみて下さい。

ネット起業であれば低資金ノーリスクで出来ます

ネット起業であれば低資金ノーリスクで出来ます

起業と言っても、必ずしも店舗や会社を構える必要はありません。

「ネット」を使えば、パソコン1台で自宅で起業できますし、実践ジャンルによっては低資金ノーリスクで行うことも可能です。

YUU
その為、初めは「副業」という形で、本業と並行して実践することが出来ます。
補足
ブログやサイトを使って行うビジネスなら、掛かる費用は「年間1~2万円程度」です。

広告収入で収益を得る「アフィリエイト」などであれば、あくまで他人の商品情報を紹介するだけなので、仮に売れなくても在庫を抱えず、マイナスにはなりません。

起業である為、収入形態が「歩合制」なので、大きなアクセスを集めて商品を売りまくれば、「月収100万円以上」を稼ぐことも可能です。

とは言え、当然簡単に稼げる訳では無く、「集客」(上位表示させる記事の書き方など)や「セールス」の知識を学ぶ必要があります。

これらを学んだ上で、継続して記事を投稿することで、徐々に検索で上位表示され、沢山の見込み客がブログに訪れて商品を買ってくれる様になるのです。

よって、勉強と努力は必須ですが、諦めないで継続すれば、いずれ「月収100万円以上」を稼ぐことも可能だということ。

YUU
ネット起業は、一般的な起業に比べて参入のハードルが低いので、「最も現実的に安月給生活を脱出できる方法」だと断言できますね。

まとめ

まとめ

ここまで、

「安月給で子供を育てる秘訣」
「安月給を抜け出す方法」

について、お話ししました。

主な要点は、以下の通り。

安月給で子供を育てる秘訣

プライドを捨てる
親に頼りまくる
共働きをする

根本的に安月給生活を脱出する方法

「ネット起業を実践する」

安月給生活のままで子供を育てる為には、上記の「3つの方法」が必須です。

YUU
とは言え、普通はこんな人生嫌でしょうから、個人的には「ネット起業」の実践をおすすめします。

親に頼ったり共働きをすることで、若干のお金の余裕は出来ますが、これはあくまで「その場しのぎの手段」に過ぎません。

根本的に安月給生活を抜け出し、余裕を持って子供を育てたい場合は、雇われの次元を脱出し、参入障壁が低い「ネット起業」の実践が必須です。

勿論、初心者から初めてすぐに上手く行くことは無いので、「一定期間の勉強と継続」が必須です。

しかし、諦めないで続ければ必ずスキルが身に付いて稼げる様になるので、興味があれば検討してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA