ちょっと宣伝です。

U-NEXTでは簡単な登録で、「31日間無料」で映画やドラマ、アニメを視聴できる、お得なサービスがあります。

もし気に入らなければ、期間内に解約すれば無料で利用可能なので、興味があればどうぞ!


会社の給料が安いからもう辞める!←考え直した方がいいです

「会社の給料が安いからもう辞める!」
「こんな給料&会社ではやってけない!」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

給料の安い会社で働き続けていると、単純にやってられないですし、将来が不安になりますよね。

その為、この悩みを抱えている人の多くは、「転職」を考えるでしょう

YUU
しかし、幾ら給料が低いからといって、安易に今の会社を辞めるのはおすすめしません。

「じゃあどうすればいいの?」と思うでしょうが、1つだけ方法があるのです。

よって当記事では、

「たとえ給料が低くても、
 今会社を辞めるのはNGである理由」

「その悩みの根本的な解決法」

これらを、詳しく具体的に解説します。

給料が低くても会社を辞めるのはおすすめしない理由

給料が低くても会社を辞めるのはおすすめしない理由

たとえ給料が低くても、今会社を辞めるのは、おすすめしません。

何故なら、一部の有能な人以外、転職しても給料が変わらないか、最悪の場合、「今以上に下がる可能性」があるからです。

「給料が低い!」と悩む時点で、恐らくあなたは有能な人材では無い筈ですから、給料的に今の会社を辞めるメリットはありません。

YUU
「会社の人間関係が嫌で辞める」などであればともかく、給料アップを目的に辞めても、その悩みは解決しないのです。

転職した会社では、あなたの年齢は一切関係なく、扱いは「新人」です。

その為、「年下にアゴで使われる可能性」も高いですから、更にストレスが溜まる日々を送ることになります。

そういったことを気にしないのであればいいですが、「年功序列」の意識が深い日本では、多くの人がこれを嫌がりますよね。

結果、転職先の会社も「ストレス」や「トラブル」で辞める羽目になるので、おすすめはしません。

あなたが給料の低い会社にしか入れない理由

あなたが給料の低い会社にしか入れない理由

あなたは、大学を出ていますか?

日本は、完全な「学歴&村社会」の国です。

その為、大卒未満は、ほぼ「安い給料しか貰えない会社」にしか、就職できません。

YUU
高い給料を貰える会社の経営者は、大抵が「大卒」(高学歴)なので、社会的に評価が低い高卒や中卒を採用する筈が無いですからね。

基本的に、大卒の人が高卒や中卒に対して持っているイメージは、「嫌なことから逃げた人間」なので、自分の会社に採用する筈が無いということ。

とは言え、もしかするとあなたは、「大卒」かもしれません。

しかし、「もう1つの日本の会社の特徴」に対応できなければ、やはり給料が安い人生を送る羽目になります。

それが、「村社会の対応能力」です。

YUU
日本の会社は、完全な「村社会」なので、周りの空気や意見、非効率な謎ルールにも合わせなければいけません。

「時代遅れの飲み会」や「上司、先輩へのゴマすり」など、これらに対応できない人は、良い会社に入れたとしても、出世ルートからは弾かれます。

もしくは、その会社が嫌になって転職し、「ランクが低い会社にしか入れない状態」になるかのどちらかです。

あなたがこの「大卒」、「村社会の対応能力」を2つを兼ね備えていない場合、給料が安い会社で使われる人生が、ほぼ確定するのです。

因みに、僕自身も「高卒&村社会対応能力が皆無」なので、仮に就職した場合は、安い給料しか貰えない会社にしか入れません。

雇われの世界から抜け出せば解決します

雇われの世界から抜け出せば解決します

ただし、これは「雇われの世界」での話です。

自分の力で稼ぐ「起業」の世界では、上記の要素なんて無くても、十分成り上がることが出来ます。

YUU
今までの人生で何をやっていようが全く関係なく、結果を出せば1年で「月収100万円以上」を稼ぐことも可能な世界ですからね。

当然、雇われたことしか無い人間が起業しても、次の日から稼げることはまず無いです。

しかし、一定期間勉強して必要なスキルを身に付ければ、1年後には「月収100万円以上」を得ることも可能なのです。

実践するジャンルにもよりますが、基本的に「集客」「セールス」のスキルが必要です。

商品開発が必要なジャンルもありますが、中にはそれが不要で、上記のスキルだけで稼げてしまうビジネスも存在します。

YUU
いわゆる、人の商品を代わりに紹介する「代理業」などですね。(ネット系で言えば「アフィリエイト」など)

こういったジャンルなら、単純に「集客とセールス」さえ学べば、月収100万円以上を稼ぐことは十分可能です。※当然、簡単ではありませんが。

あくまで「今会社を辞めるのはNG」だということ

あくまで「今会社を辞めるのはNG」だということ

一般的な起業のイメージは、「店舗」や「会社」を構えたりするものですよね。

しかし「ネット」を使えば、パソコン1台で自宅で起業できます。

その為、今すぐ会社を辞める必要はなく、初めは「副業」として実践することで、生活の心配をすることなくビジネスを行えます。

スキルが身に付いて稼げる様になり、今の会社の給料を一定期間上回ってから、「会社を辞めるか否か」の選択をすれば良いのです。

YUU
起業と同時に会社を辞める場合、成功しなければ一貫の終わりなので、「今辞めるのはNG」です。

よって、これが当記事のタイトルである、

「会社の給料が安いからもう辞める!←考え直した方がいいです」

この理由です。

また、ブログやサイトを使うビジネスなら、「低資金ノーリスク」(年間1~2万円程度)で出来ますから、給料が安くても問題なく実践できますし、リスクなく安全にスキルを高められるのです。

会社を辞めるのと起業するのとでは、得られる未来は別次元

会社を辞めるのと起業するのとでは、得られる未来は別次元

いくら、「ネットを使えば低資金ノーリスクで出来る」と言っても、起業して稼ぐのは簡単ではありません。

YUU
まあ、必要な勉強をしてスキルを身に付ければ、問題なく稼げる様にはなりますけどね。

とは言え、「初めの一定期間」は忙しくて大変です。

これを嫌がり、給料が低いからと言って会社を辞める場合、まず転職先でも待遇は変わりませんし、「今より下がる可能性」もあります。

その為、今会社を辞めても、「まず良い未来は無い」ということ。

しかし、今は安い給料でも耐えて、初めは「副業」として起業し行動すれば、あなたの努力次第で大きく稼いで成り上がることが出来ます。

YUU
どう考えても、「後者」の方がメリットが大きいと思いませんか?

まあ、決めるのはあなたですし、最終的には決めたあなたの自己責任なので、「後悔しない道」を選択して下さい。

まとめ

まとめ

ここまで、

「たとえ給料が低くても、会社を
 今辞めるのはおすすめしない理由」

「その悩みの根本的な解決法」

について、お話ししました。

今の会社の給料が低くても、考えなしに辞めるのはおすすめしません。

YUU
「雇われの世界」に進む限り、まずその悩みは解決しませんし、今より待遇が悪くなる可能性がありますからね。

これを根本的に解決する為には、「ネット起業」以外あり得ないのです。

ネット起業なら、初めは「副業」として実践し、本業で生活費を稼ぎながら、安全にスキルを高められます。

実力が身に付き、給料以上に稼げる様になってから会社を辞めるという選択をすることが、「最も現実的で安全な解決法」です。

これ以外の方法では、まずその悩みは解決しませんし、いい未来も得られません。

YUU
永遠に給料が低い会社でこき使われたくなければ、「ネット起業」の実践をおすすめします。

続きは、「以下の記事」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA