中卒の将来性とは?←最悪な現実を教えましょう

中卒の将来性とは?←最悪な現実を教えましょう

「中卒の将来性ってどうなの?」
「中卒で将来性がある人の特徴は?」

あなたは、こんな疑問を抱えていませんか?

中卒の将来性は、ほぼ「皆無」です。

普通に働いて生きる場合は、どうあがいても人並み以下の人生が確定します。

日本は「学歴社会」なので、その仕組み上、この運命から抜け出すのは至難の業です。

とは言え、中には中卒でも将来性がある人間も居ます。

彼らには「決まった特徴」があり、普通の中卒とは違う道に進む為、成功して成り上がれるのです。

YUU
因みに僕の場合、30歳頃まで高卒フリーターをやっていた為、社会的には中卒以下ですが、「進む道」を変えた結果成り上がれました。

その為、「多少の説得力」はあるかと思います。

よって当記事では、

「中卒の将来性ってどうなの?」
「中卒で将来性がある人の特徴は?」

この様なあなたの悩みに、詳しく具体的にお答えします。

中卒の将来性とは?

中卒の将来性とは?

中卒の将来性は、ほぼ「皆無」です。

普通に生きる場合、その人生は「最悪」なものになります。

就職する際は、99%「ブラック企業やブルーカラー系」にしか入れない為、一生バイトレベルの安月給で使われる人生になるのです。

これは、日本が「学歴社会」であることが理由です。

基本的には、「大卒」「高卒」「中卒」によって、明確な人生が決まる傾向があるので、中卒の将来性は相当低くなるということ。

YUU
特にこれは「就職の世界」で顕著であり、ここでは学歴や経歴で稼ぎや立場が決まる仕組みなので、やはり中卒の将来性は絶望的です。

因みに、就職の世界の収入形態は、入る会社や労働環境で決まります。

就職して人並み~高い収入を得られる会社や労働環境には、ほぼ「大卒」しか入れません。

残念ながら中卒の場合は、「最下層」の所にしか就職できない為、一生バイトレベルの安月給で使われる人生が確定するのです。

つまり、「中卒」というスペックの時点で、どれだけ仕事を頑張ろうが大した昇給はせず、安く使われる存在になってしまうということ。

これが、「中卒の将来性が低い原因」となります。

因みに、僕も30歳頃まで高卒フリーターをやっていた為、社会的には「中卒以下」ですから、扱いは同じです。

だからこそ僕は、就職はしませんでした。

YUU
安く使われると分かっている環境に進むのは、只の「自殺行為」ですからね。

将来性がある中卒の特徴とは?

将来性がある中卒の特徴とは?

中には、「中卒でも成り上がる人間」が居ます。

彼らは共通して、将来性がある人間の特徴を持っています。

それが、「考える力」です。

前述の通り、就職の世界は学歴や経歴で稼ぎや立場が決まる仕組みなので、中卒は最悪な扱いを受けます。

つまり、「中卒」である時点で、就職した場合の自分の将来が予め分かっているということ。

その為、中卒の様な低学歴で「考える力」がある人間は、就職の道には進まずに「起業」します。

YUU
言い方を変えれば、「自分の力で稼ぐ道」ですね。

起業の世界では、学歴や経歴は一切関係なく、「結果」さえ出せば問答無用に大きく稼ぎ、成り上がれます。

ここでは中卒の様な低学歴、フリーターやニートと、大卒の扱いは同じで、純粋に「結果」さえ出せば平等に成り上がれるのです。

サラリーマンの年功序列とは無縁で、努力すれば始めて一年足らずで、「月収100万以上」を目指せる世界です。

将来性がある人間は、この起業の道が唯一自分が成り上がれる方法だと判断し、進みます。

結果、努力しまくって成功できるのです。

たまに見かける、「中卒でも大卒以上に稼ぐ人間」は、全員この様な思考と行動をしています。

まあ、こんなのはちょっと「考え方」を変えれば、誰でもできることなんですけどね。

YUU
僕もそうした結果、今の環境がありますし、これは「あなた」にも出来ることです。

あとは単純に、「行動」さえすればいいだけ。

僕は30歳頃まで高卒フリーターをやっていた、将来性が皆無な人間でした

僕は30歳頃まで高卒フリーターをやっていた、将来性が皆無な人間でした

僕は、30歳頃まで「高卒フリーター」をやっていました。

その理由は、よくあるメジャーデビューを目指して上京したものの、上手く行かずにバイトのままで年を取った的な流れです。

このスペックは、その辺の中卒より圧倒的下の「ど底辺」と言っても、過言ではないでしょう。

つまり、この時点で僕は将来性が皆無な側の人間だったということ。

YUU
将来性のある人間は、たとえ学歴が低くても、もっと早く結果を出しますからね。

仮に、このスペックで就職した場合、一生「バイトレベルの安月給」で使われる人生が確定します。

それは絶対に嫌だったので、唯一低学歴でも成り上がれる、「起業」の道に進むしかないと思いました。

僕は頭が悪く将来性は皆無でしたが、このスペックで就職したらゴミの様に扱われることは、流石に分かりましたからね。

とは言え、お金が無くリスクも怖かったので、低資金かつノーリスクで出来ると、当時脚光を浴び始めていた「ネット起業」の存在を知り、チャレンジしました。

これは、パソコン一台で「自宅」で行える特性がある為、バイトで生活費を稼ぎながら安全に出来る環境を得られた点が、後の成功の要因だと断言できます。

YUU
普通のリアルビジネスで起業する場合、「一か八か」で挑戦するしかないので、そんなの僕には無理でしたから。

その後は、割とすぐに稼げたと思ったら稼げなくなったりと、紆余曲折ありましたが、徐々にコツを掴んで収入が安定し、晴れて「惨めな高卒フリーター生活」を抜け出せたのです。

今では、「自宅」で快適かつノーストレスに働ける環境があります。

収入も、フリーター時代とは「0」の数が違います。

自分で言うのも何ですが、これらは大企業に就職しても得られないものなので、完全に「成り上がった」と言って良いでしょう。

この様に、30歳頃まで高卒フリーターをやっていたという、明らかに将来性が無い側の僕でしたが、考え方を変えて行動することで、成り上がれました。

よって、別に選ばれしものじゃなくても、行動すれば低学歴でも成り上がれるのです。

YUU
ぜひ、あなたも「行動」してみてはいかがですか?

中卒の将来性まとめ

中卒の将来性まとめ

ここまで、

「中卒の将来性ってどうなの?」
「中卒で将来性がある人の特徴は?」

この様なあなたの悩みに、お答えしました。

中卒の将来性は、ほぼ「皆無」です。

そもそもの日本社会の仕組み的に、普通に働く場合は「中卒」の時点で、ど底辺の人生が確定します。

99%「ブラック企業ブルーカラー系」にしか入れず、一生バイトレベルの安月給で使われることになるのです。

ただしこれはあくまで、「就職するなら」の話。

学歴や経歴が関係ない、「起業」の道に進めば、中卒でも問題なく成り上がれます。

当然、成功する為には「努力」が必須ですが、それすら出来なければ何をやっても無駄なので、これはやって当たり前のことです。

YUU
中卒でも、「努力」は出来る筈ですからね。

別に、将来性がある賢い人間じゃなくても、上記の社会の仕組みに気付き、進む道を変えて行動と努力さえすれば、中卒でも「月収100万円以上」を稼ぐことは可能です。

詳細は、「以下の記事」をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA