中卒はお先真っ暗って本当?←ほぼ事実です

中卒はお先真っ暗って本当?←ほぼ事実です

「中卒はお先真っ暗って本当?」
「なんでお先真っ暗になるの?」

あなたは、こんな疑問を抱えていませんか?

「中卒はお先真っ暗」、「人生諦めた方がいい」というのは、よく聞くフレーズです。

そしてこれは、ほぼ「事実」

「中卒」の人間は、普通に働く場合、99%まともな労働環境では働けません。

全てにおいて、ほぼ人並み以下の人生が確定している為、「お先真っ暗」と表現されるということ。

YUU
因みに、僕は30歳頃まで高卒フリーターであり、同じくお先真っ暗状態でしたが、「とある方法」によって成り上がれました。

その為、あなたが「中卒」でもその運命を抜け出し、同じく成り上がることは出来るのです。

よって当記事では、

「中卒はお先真っ暗って本当?」
「なんでお先真っ暗になるの?」

この様な疑問の「真相」と、「その解決法」をお話しします。

中卒の人生がお先真っ暗になる理由とは?

中卒の人生がお先真っ暗になる理由とは?

中卒の人生は、ほぼ「お先真っ暗」です。

このお先真っ暗とは、全てにおいて人並み以下の人生になるということ。

その理由は簡単で、日本が「学歴社会」だからです。

基本的に、「大卒」→「高卒」→「中卒」と、主に学歴順で人生が決まる傾向がありますから、世の中の割合的にも、中卒の大半は人並み以下の人生を送っています。

YUU
そしてこの仕組みは、「就職」の世界でより顕著ですね。

就職の世界では、ほぼ「学歴」などで稼ぎや扱いが決まる仕組みなので、学歴が高い順に、いい条件の仕事に就くことが出来ます。

その為、最下層である中卒に回って来るのは、いわゆる人が嫌がる「ブラック企業やブルーカラー系」しか残っていないのです。

この様な会社に就職したら最後、辛くキツイ肉体労働で働かされ、一生安月給でこき使われる人生が確定します。

当然、あなたもこんな仕事はやりたくないとは思いますが、中卒は仕事を選べる立場ではないので、これしか稼ぐ手段は無いですから、やるしかありません。

よってこれが、中卒の人生が「お先真っ暗」である理由となります。

中卒がお先真っ暗になるのは、あくまで雇われる場合です

中卒がお先真っ暗になるのは、あくまで雇われる場合です

中卒がお先真っ暗の人生になるのは、学歴社会の仕組みが採用される、「就職」の世界に行く場合の話。

お金を稼ぐ方法は就職だけではないので、進む世界を変えることで学歴社会から抜け出し、中卒でも成り上がることが出来ます。

それが、「起業」することです。

起業の世界では、学歴は一切関係なく、努力して「結果」を出すことで、大きな稼ぎを得られます。

収入形態が「歩合」である為、中卒の人間でも月収100万以上を目指すことが出来るのです。

YUU
因みに僕自身、30歳頃まで高卒フリーターをやっていた為、就職した場合は「お先真っ暗な人生」が確定していました。

しかし、この「起業」の道に進むことで、学歴社会を抜け出して努力のみで成り上がれる環境を得て、結果を出すことで成功出来ました。

その僕から言わせれば、中卒や高卒の様な低学歴が就職するのは、「自殺行為」です。

学歴社会である為、学歴の低い人間は扱いが悪い仕組みになっているので、自ら自分に不利な仕組みの世界に進み、案の定、安く使われる訳ですからね。

なので、低学歴の人間程、「起業」するべきだと僕は思います。

因みに、起業というと資金面やリスクといったハードルにより、難易度が高いイメージがあるでしょう。

しかし今は「ネット」を使えば、パソコン一台で自宅で容易に起業できる時代です。

主にこれを、「ネット起業」と言います。

「広告収入系」など、低資金ノーリスクで行えるジャンルも多いので、極めて安全かつ現実的に成り上がれる環境を得られます。

YUU
僕自身も、この「広告収入系」の仕事をしているので、低資金ノーリスクで起業できましたからね。

よって、全く起業を恐れる必要は無いので、「行動力」さえあれば、中卒でも大卒以上に稼いで成り上がれるのです。

30歳頃まで高卒フリーターだった僕もお先真っ暗でした

30歳頃まで高卒フリーターだった僕もお先真っ暗でした

僕は、30歳頃まで「高卒フリーター」でした。

これは、元々「メジャーデビュー」を目指していたものの、上手く行かずに時間だけが経ってしまった結果です。

YUU
このスペックは、完全に「お先真っ暗」と言っても過言ではないので、普通に考えたら相当やばい状況ですよね。

就職した場合、99%「ブラック企業やブルーカラー系」にしか入れませんから。

しかし、それは絶対に嫌だったので、唯一低学歴でも成り上がれる、「起業」の道に進む決意をしました。

とは言え、お金が無くリスクも怖かったので、普通のリアルビジネスでの起業は無理です。

そんな中、低資金ノーリスクで行える「ネット起業」(広告収入系ビジネス)の存在を知り、実践を始めました。

これは、パソコン一台で自宅で行えるので、バイトで生活費を稼ぎながら、安全に実践できる環境を得られた点が、後の成功の最大の要因だと断言できますね。

普通のリアルビジネスで起業する場合、「それ一本」で、一か八かで人生を掛けるしか方法は無いので、こうはいきませんから。

その後は、苦労しましたが徐々にコツを掴んで収入が安定し、晴れて「高卒フリーターのお先真っ暗人生」を抜け出せたのです。

今では、「自宅」で快適かつノーストレスに働ける環境を手に入れました。

収入も、フリーター時代とは「雲泥の差」があります。

YUU
これは、エリートサラリーマンでも得られないものなので、完全に「成り上がった」と言っていいでしょう。

この様に、学歴社会の価値観で言えば、僕のスペックはお先真っ暗でしたが、「進む道」を変えることで、それを抜け出して成り上がれたのです。

よって、あなたが「中卒」であっても、一発逆転は出来るということ。

まとめ

まとめ

ここまで、

「中卒はお先真っ暗って本当?」
「なんでお先真っ暗になるの?」

この様な疑問の真相をお話ししました。

「中卒」の人生がお先真っ暗になるのは、事実です。

とは言え、これはあくまで学歴社会の仕組みを採用する、「就職」の世界に進む場合の話。

進む道を変えて「起業」の世界に行けば、学歴社会とは無縁になり、努力のみで成り上がれる環境を得られます。

ネットを使えば、安全かつ現実的に起業出来る為、よりそのハードルは低いです。

ただし、これはあくまで起業することが簡単というだけで、収入を得る為には「一定の努力」が必須です。

この世に、「簡単に稼げる方法」なんて存在しないので、当たり前の話ですが。

YUU
僕自身も、「寝る時間」「遊ぶ時間」を削って作業した結果、徐々にコツを掴んで収入が安定し、ようやく成り上がれたのですからね。

逆に言えば、余計な心配をする必要が無いので、純粋に「努力」のみで成り上がれる、容易な方法だと捉えることも出来ます。

何にしても、結局は「行動」しなければ何も変わらないので、実践をおすすめします。

詳細は、以下の記事をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA