ちょっと宣伝です。

U-NEXTでは簡単な登録で、「31日間無料」で映画やドラマ、アニメを視聴できる、お得なサービスがあります。

もし気に入らなければ、期間内に解約すれば無料で利用可能なので、興味があればどうぞ!


低学歴のメリットデメリットとは?←高卒の経営者が解説します

低学歴のメリットデメリットとは?←高卒の経営者が解説します
「低学歴のメリットデメリットって?」
「低学歴でもメリットはあるの?」

あなたは、こんな疑問を抱えていませんか?

YUU
あなたが低学歴であれば、「低学歴のメリットデメリット」って、気になりますよね?

普通に考えたら、低学歴にデメリットはあっても、メリットは無いと思うでしょう。

しかし、低学歴にもちゃんと「メリット」は存在します。

よって当記事では、

「低学歴のメリットデメリットって?」
「低学歴でもメリットはあるの?」

この様な疑問にお答えします。

低学歴のメリットとデメリットとは?

低学歴のメリットとデメリットとは?

低学歴のメリットデメリットは、以下のものです。

低学歴のメリット
  • 誰にも期待されていないので
    自由に行動して失敗し放題
  • 何かで結果を出しさえすれば、
    ギャップ的な効果で印象が良くなる
  • 結果、自分のダメな所も良く受とられる
低学歴のデメリット
  • 就職の世界ではゴミの様に扱われる
  • 就職すれば高学歴に使われる人生になる
  • 一定数低学歴を見下す人間が居るので、
    まともな人間扱いをされない場合が多い

では、1つずつ解説します。

低学歴のメリット

低学歴のメリット

低学歴最大のメリットは、「好きに行動できること」です。

誰にも期待はされていないので、失敗を恐れずにチャレンジできますし、上手く行けば周囲の評価は爆上がりです。

この様、そもそも期待されていない為、チャレンジしたことが上手く行かなくても、あなたへの評価は以前と変わりません。

それに比べて高学歴の場合、周囲に期待されまくっているので、凄まじいプレッシャーがあるでしょう。

YUU
僕は「低学歴」なので、これは想像でしかありませんが、失敗する訳にはいかない人生を歩むのは、それはそれで辛いのは簡単にイメージできますね。

低学歴は、そんなものは無いので、「自由」であることがメリットです。

また、「ギャップ的」な要素で、低学歴が結果を出して成り上がった場合は、高学歴エリート以上に評価される傾向があります。

「成り上がり」という言葉がある位ですから、周囲が凄まじく持ち上げてくれるということ。

そして、「結果」さえ出せば、自分の周囲と変わってる点を、良い感じで表現してくれます。

例えば、協調性の無さや変わった発言なども、「だから成功したんだな」と、手の平返しじゃないですが、いい意味で捉えてくれるんですよね。

YUU
ただし、結果を出さなければ「社会不適合者」の烙印を押されますが。

にしても、低学歴の大半は「人並み以下」の人生を送っている為、これ以上に下がることはありません。

つまり、何かしらの結果さえ出せば、「上がるしかない」ということ。

これもある意味、「低学歴のメリット」かもしれませんね。

低学歴のデメリットとは?

低学歴のデメリットとは?

低学歴のデメリットは、就職の世界では「ゴミ」の様に扱われることです。

ここでは、ほぼ学歴で稼ぎや扱いが決まる仕組みなので、低学歴が進めば99%「底辺人生」になります。

まず、まともな労働環境の会社には就職できないので、「ブラック企業やブルーカラー系」が、主な進路となるでしょう。

YUU
一応、中には例外として、「まともな会社に入れる人」も存在しますが、その場合は一生高学歴に使われる人生になります。

就職の世界では、一部の例外を除けば、大抵は低学歴が高学歴を超えることは出来ないので、この様な人生になるということ。

あなたの同期や年下の高学歴が、どんどん出世していくのを、「惨めな思い」で見ているしかないのです。

また、世の中には低学歴を、徹底的に見下す高学歴がいます。

仕事の現場でもそうですし、結婚の際も相手の両親などが、「低学歴との結婚は許さない!」と、断固拒否する場合もありますからね。

まあ、これに関しては低学歴の自分でも、「そりゃあそうだよな」と、気持ちは分かりますが。

この様に、低学歴の人間は、何かで「結果」を出さない限り、全てにおいて【人並み以下】の人生になるということ。

YUU
当たり前ですが、メリットより「デメリット」の方が多いですね。

低学歴のメリットやデメリットは正直どうでもいい

低学歴のメリットやデメリットは正直どうでもいい

低学歴のメリットやデメリットは、はっきり言って「どうでもいい」です。

YUU
今回は、「記事のキーワード」的に取り上げましたが、僕から言わせれば、そんな次元で生きているうちは、一生底辺のままです。

結局あなたは、「低学歴だけど成り上がりたい」というのが、根本の願いなのですよね?

その答えは超単純で、「自分の力で稼ぐ道」(起業)に進むことで、解決できます。

前述の通り、就職の世界は「学歴」で人生が決まる仕組みなので、低学歴が進むとジ・エンドです。

しかし起業の世界では、そんなものは一切関係なく努力して「結果」を出せば、問答無用で大きな稼ぎを得られます。

収入形態が「歩合」である為、低学歴でも月収100万円以上を目指せるのです。

大企業で働く高学歴も、所詮は「固定給の雇われ」なので、あなたがこの道で努力して結果を出せば、余裕でぶち抜けます。

YUU
僕自身、30歳頃まで高卒フリーターという低学歴&底辺でしたが、この「起業」の道に進み努力した結果、サラリーマンの次元を越えた収入を得られる様になりましたからね。

因みに起業と言っても、今は「ネット」を使えば、パソコン一台で自宅で容易に出来る時代です。

「広告収入系」など、低資金ノーリスクで行えるジャンルも多いので、極め安全かつ現実的に起業できます。

勿論僕自身も、お金が無くリスクも怖かったので、この「広告収入系」を選択しました。

因みに正確には、「ブログを使った広告収入ビジネス」です。

特定のジャンルに特化したブログ記事を書き、「関連広告」を貼ったり、「関連商品」を紹介して収益化する仕組みの仕事です。

掛かる費用、サーバー代などで「月1000~2000円程度」ですし、広告収入なので在庫を抱えることが無い為、リスクは皆無。

YUU
この様に、安全かつ現実的に起業できる環境を得られるので、低学歴は就職ではなく、「起業」の道に進むことをおすすめしますね。

低学歴のメリットデメリットまとめ

低学歴のメリットデメリットまとめ

ここまで、

「低学歴のメリットデメリットって?」
「低学歴でもメリットはあるの?」

この様な疑問にお答えしました。

YUU
自分で記事を書いておいて何ですが、低学歴のメリットデメリットなんてどうでもいいです。

これは所詮、「低学歴で人生を諦めてる人間」の思考だから。

「低学歴だけど、得することもあるんじゃないか?」

など、みみっちい考え方のままでは、永遠に底辺人生のままです。

もし、あなたが低学歴の底辺人生を抜け出し、高学歴以上に稼いで成り上がりたいなら、メリットやデメリットなんて思考は捨てて下さい。

純粋に、「起業」の道に進めば、低学歴でも平等に戦えて、結果を出せば成り上がれます。

ネットを使えば、「安全」かつ「現実的」に起業し、これを実現できます。

YUU
これは「僕自身」が経験しているので、間違いありません。

それさえ出来れば、あとは単純に行動すればいいだけです。

詳細は、「以下の記事」をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA