ちょっと宣伝です。

U-NEXTでは簡単な登録で、「31日間無料」で映画やドラマ、アニメを視聴できる、お得なサービスがあります。

もし気に入らなければ、期間内に解約すれば無料で利用可能なので、興味があればどうぞ!


低学歴の末路とは?←普通に働く場合は全てが「人並み以下」になります

低学歴の末路とは?←普通に働く場合は全てが「人並み以下」になります
「低学歴の末路はどうなる?」
「低学歴の末路は底辺確定?」

あなたは、こんな疑問を抱えていませんか?

低学歴の末路は、普通に働いて生きる場合、「ジ・エンド」です。

日本は学歴社会ですから、低学歴は全てにおいて「人並み以下」となり、まずまともな人生は送れないでしょう。

とは言えこれは、あくまで「普通に働いて生きれば」という話。

「進む道」を変えることで、努力次第で低学歴でも高学歴以上の収入を得て、成り上がれるのです。

YUU
僕自身、30歳頃まで高卒フリーターという低学歴&底辺でしたが、「進む道」を変えた結果、高学歴以上の稼ぎを得られる様になりましたからね。

よって当記事では、

「低学歴の末路はどうなる?」
「低学歴の末路は底辺確定?」

この様な疑問にお答えします。

低学歴の末路の典型的なパターンとは?

低学歴の末路の典型的なパターンとは?
「低学歴の末路は人生終了」

これは、誰もが思っている「世間の常識的な考え」です。

YUU
実際に、低学歴の大半は「人並み以下の人生」を送っている為、この末路の風潮は間違っていませんよね。

そのありがちなパターンは、「以下」の通りです。

典型的な低学歴の末路
  1. 低学歴なのでまともな会社には就職できない
  2. 選択肢がブラック企業やブルーカラー系ばかり
  3. 仕方なく嫌々働く(大抵は耐えられずに退職)
  4. 職業柄、年を取って役に立たなくなる
  5. 他の仕事を探すものの肉体労働しか選択肢が無い
  6. ついに稼ぐ手段を失って「生活保護」の世話になる

勿論、例外もありますが、基本は「この様な末路」になると思った方がいいです。

低学歴の場合、まずまともな労働環境の会社には、就職できません。

その理由は簡単で、まともな労働環境の会社には、「高学歴」の志望者が集まるから。

この時点で、低学歴が採用される訳がないので、必然的にまともなスペックを持った人間は来ない労働環境しか、選択肢は無くなります。

それが、「ブラック企業やブルーカラー系」です。

大抵の人は嫌がるでしょうが、それしか稼ぐ選択肢が無いので、嫌々働くしかありません。

YUU
しかし、この職業柄、年を取ったら役に立たなくなるので、(優秀な人間は管理側に回りますが)、いずれは「戦力外通告」されます。

他の仕事を探そうにも、低学歴&高齢の場合、同じ「肉体労働」などしか選択肢が無く、それに耐えられない年齢である為、やがて稼ぐ手段を失います。

結果、最終的には「生活保護」を受けて生きる末路になるということ。

これが、「低学歴の人生の末路」の典型的なパターンです。

低学歴の末路が悲惨なものなる理由とは?

低学歴の末路が悲惨なものなる理由とは?

低学歴が悲惨な末路になる理由は、日本が「学歴社会」であることが理由です。

基本的には、一部の例外を除いて、学歴順に人生が決まる傾向があるので、低学歴の末路はやはり、そのスペックに見合ったものになります。

特にこれは、「就職の世界」で顕著です。

ここでは、ほぼ「学歴」で稼ぎや扱いが決まる仕組みなので、当然の様に低学歴は、人並み以下の稼ぎと過酷な労働環境で働かざるを得ません。

結果、その末路は全てにおいて「人並み以下」になるということ。

YUU
これは、別に不当な扱いではなく、「その学歴に見合った人生」ですよね。

将来を見据える賢い人間は、この末路を中学生辺りから理解している為、必死に勉強して「大学」に進むのです。

低学歴の末路がやばいのは「就職」する場合の話

低学歴の末路がやばいのは「就職」する場合の話

低学歴の末路がやばいのは、「就職」する場合の話です。

日本の教育は「お金を稼ぐ=就職」なので、学歴関係なく、大半の人間は学校を卒業したら、就職します。

結果、その中の低学歴は当然の様に、学歴社会で「ゴミ」の様に扱われ、悲惨な人生の末路を迎えるということ。

YUU
これが、「低学歴の末路は人生終了」と言われる原因なのです。

しかし、お金を稼ぐ方法は就職だけではないので、単純に「進む道」を変えれば、解決できます。

それが、「自分の力で稼ぐ道」(起業)に進むこと。

起業の世界では、学歴は一切関係なく努力して「結果」を出せば、問答無用で大きな稼ぎを得られます。

収入形態が「歩合」である為、たとえ低学歴でも月収100万円以上を目指すことが可能です。

実際、低学歴から成り上がった人は大抵、この「起業」の道に進んでいますからね。

YUU
僕自身も、ゴリゴリの低学歴ですが、この「起業」の道に進み努力した結果、サラリーマンの次元を越えた収入を得られる様になりました。

この経験上、僕から言わせれば、低学歴が就職するのは「自殺行為」です。

自分に不利な仕組みの世界に、自ら進んで案の定、安月給でこき使われる末路になる訳ですから、意味不明な行動だと思っています。

よって、低学歴の末路がやばいのは、学歴社会である「就職」の道に進むことが原因です。

それらが関係のない、「起業」の道に進むことで、その悲惨な末路を回避できるのです。

低学歴が悲惨な末路を現実的に回避する方法とは?

低学歴が悲惨な末路を現実的に回避する方法とは?

低学歴が、悲惨な末路を回避する為には、前述の通り「起業」が唯一の方法です。

でも普通に起業する場合、高額な資金&リスクという高いハードルがあります。

よって、全く現実的では無いので、再現性は超低いですよね。

しかし、今は「ネット」を使えば、パソコン一台で自宅で容易に起業できる時代です。

メジャーな「広告収入系」など、低資金ノーリスクで行える方法があるので、安全かつ現実的に起業することが出来ます。

YUU
当然僕も、お金が無くリスクも怖かったので、この「広告収入系」を選択し、同じく低資金ノーリスクで起業しました。

別に、「会社」や「店舗」を構えて人を雇うだけが起業ではないのです。

僕の場合、サーバー代などで「月に1000~2000円程度」の資金しか掛かっておらず、自宅でパソコンをカタカタやっているだけなので、在宅ワークみたいな感覚で働いていますからね。

いまいち起業してる感は無いですが、そもそも「ネット」という膨大なユーザーが利用する媒体でビジネスを行っている以上、結果を出せば稼げない訳がありません。

つまり、自宅で一人でパソコンをカタカタやるだけでも、その辺の会社の経営者レベルの収入は得られるんですよ。

ただし、これはあくまで「起業すること自体が簡単」という話。

簡単に稼げる方法なんて存在しない為、収入を得る為には、「努力と継続」が必須です。

YUU
まあ、「当たり前」の話ですね。

とは言え、お金やリスクの心配をする必要が無いので、ある意味、ただ「努力&継続」するだけで成り上がれる、容易な方法と言えるでしょう。

低学歴の末路まとめ

低学歴の末路まとめ

ここまで、

「低学歴の末路はどうなる?」
「低学歴の末路は底辺確定?」

この様な疑問にお答えしました。

低学歴の最終的な末路は、「生活保護」となります。

勿論、中には「例外」もありますが、大抵はこのパターンです。

まあ、就職せずに「バイト」で生きるなら、いくらでも働き口はありますが、バイトはいつでもクビを切られる存在なので、どっちもどっちですね。

じいさんばあさんになって、バイトで生計を立てる人生って、悲惨じゃないですか?

低学歴が人並みの人生を送り、なんなら高学歴以上の収入を得られる様になりたい場合は、「起業」が唯一の方法となります。

ネットを使えば、より現実的に実現できるので、あとはあなたの「行動力」次第ですね。

YUU
僕の場合は、30歳頃まで高卒フリーターという低学歴&底辺でしたから、この「起業」の道に進むしか、まともな人生を送る方法はありませんでした。

だからこそ、即行動し、努力も容易だったので、結果を出せたのです。

あなたが低学歴で、生活保護で生きる末路を回避し成り上がりたい場合は、「行動」することをおすすめします。

詳細は、以下の記事をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA