ちょっと宣伝です。

U-NEXTでは簡単な登録で、「31日間無料」で映画やドラマ、アニメを視聴できる、お得なサービスがあります。

もし気に入らなければ、期間内に解約すれば無料で利用可能なので、興味があればどうぞ!


低学歴の生き方とは?現実的な成り上がり法を解説します

低学歴の生き方とは?現実的な成り上がり法を解説します
「低学歴はどういう生き方が正解?」
「低学歴でも成功する生き方はある?」

「低学歴の人生」は、険しい道になります。

どう考えても、低学歴より「高学歴」の方が、生きやすい世の中ですからね。

とは言え、別にこれで低学歴の人生が完全終了した訳ではありません。

低学歴でも、「努力次第」で成り上がれる生き方が存在するのです。

YUU
僕自身、30歳頃まで高卒フリーターという低学歴&底辺でしたが、「生き方」を変えた結果、高学歴以上の収入を得られる様になりましたからね。(「0」の数が違うレベル)

よって当記事では、

「低学歴はどういう生き方が正解?」
「低学歴でも成功する生き方はある?」

この様な悩みにお答えします。

低学歴が絶対に成り上がりが不可能な生き方とは?

低学歴が絶対に成り上がりが不可能な生き方とは?

「低学歴」は、社会的に相当不利な立場に居る存在です。

YUU
どう考えても、低学歴より「高学歴」の方が生きやすい世の中なので、圧倒的に不利な立場であることは間違いないですからね。

その中でも、低学歴が絶対に成り上がれない生き方というものが存在します。

それが、「就職」の世界に進むことです。

日本の教育的に、「お金を稼ぐ=就職」という発想が一般的な考えなので、世の中の大半の人間は学校を卒業すると就職します。

しかし、この就職の世界というのは、ゴリゴリの「学歴社会」です。

ほぼ、学歴で稼ぎや扱いが決まる仕組みなので、ここに進んでまともな人生を送れるのは、「高学歴」だけです。

YUU
低学歴の場合、99%安月給でこき使われる人生になる為、低学歴なのに就職するという生き方は、僕から言わせれば「自殺行為」となります。

これは、「軽量級」のボクサーが「重量級」に挑戦する様なものなので、パンチを当てても相手には効きませんし、逆にパンチを貰ったら、ガードごと吹っ飛ばされて、最悪死ぬでしょう。

ジャンルは違えど、自分に不利な世界or土俵に進んで戦うという意味では、同じですよね。

つまり、自分に不利な仕組みの世界に自ら進み、案の定ボコボコにされるという、「間違った生き方」だということ。

僕も、30歳頃まで高卒フリーターという低学歴&底辺でしたから、就職の道には進みませんでした。

99%、ブラック企業やブルーカラー系にしか入れず、底辺人生が確定しますから。

YUU
よって、あなたが「低学歴」であり、底辺人生を回避して成り上がりたい場合は、絶対に就職の道に進んではいけないのです。

低学歴が成り上がりを実現する正しい生き方とは?

低学歴が成り上がりを実現する正しい生き方とは?

「低学歴」でも成り上がった人は、沢山います。

そして彼らには、とある共通する生き方があるのです。

YUU
彼らは、間違っても就職はせず、「別の道」に行きます。

それが、「自分の力で稼ぐ道」(起業)に進むこと。

起業の世界では、学歴は一切関係なく努力して「結果」を出せば、問答無用で成り上がれます。

収入形態が「歩合」である為、低学歴でも月収100万円以上を目指せるのです。

よくある「資格を取る」という選択は、雇われている限りは、時給1000円を1100円にする程度のものなので、低学歴という時点で大した意味を持ちません。

しかし、その資格を使って「起業」すれば、やはり高収入を得て成り上がれる可能性がありますよね。

YUU
僕自身、30歳頃まで高卒フリーターという低学歴&底辺でしたが、この「起業」の道に進み努力することで、サラリーマンの次元を越えた収入を得られる様になりました。
補足
因みに僕の仕事の場合、資格は一切不要で、ただ「勉強」して「必要な知識」「スキル」を身に付けただけです。

この様に、低学歴の成り上がりに重要なのは、学歴で人生が決まる就職では無く、「起業」すること。

僕のスペックは、学歴社会ではゴミレベルの扱いになりますが、「起業」の道に進み生き方を変えた結果、成り上がることが出来たのです。

低学歴が安全かつ現実的に成り上がる方法とは?

低学歴が安全かつ現実的に成り上がる方法とは?

低学歴が成り上がる為には、「起業」が唯一の方法です。

就職という生き方では、99%「底辺人生」になるので、おすすめはしません。

とは言え、普通に起業するとなると、莫大な資金を用意し、リスクを覚悟する必要があるので、全く現実的では無いですよね。

しかし、今は「ネット」を使えば、パソコン一台かつ自宅で、容易に起業できる時代です。

メジャーな「広告収入系」など、低資金ノーリスクで行えるジャンルもあるので、安全かつ現実的に起業し、成り上がれます。

YUU
僕も、お金が無くリスクも怖かったので、この「広告収入系」を選択し、同じく低資金ノーリスクで起業しました。

別に、「会社」や「店舗」を構えて、「従業員」を雇うだけが起業では無いということ。

因みにネット起業は、起業という程大層なものではなく、感覚的には「在宅ワーク」みたいなものです。

僕の仕事は、特定のジャンル(「例」ダイエットやエンタメなど)に特化したブログ記事を書き、「関連広告」を貼ったり「関連商品」を紹介して収益化するというものです。

これは、自宅でひたすらパソコンをカタカタやってるだけなので、起業というか社長感はあまり無いですからね。

とは言え、これでサラリーマンの次元を越えた収入を得られていますし、インドア人間の僕には天職なので、個人的には色んな意味で、「自分に合った正しい生き方」だと感じています。

よって、「ネット起業」を選択すれば安全に出来るので、特に恐れる必要は無いです。

ただし、これはあくまで「起業自体が簡単」という話。

この世に、簡単に稼げる方法なんて存在しない為、収入を得る為には「一定の努力」が必須になります。

YUU
凄まじく、「当たり前」の話ですね。

とは言え、お金やリスクの心配をする必要が無いので、純粋に「努力」のみで成り上がれる、容易な方法だと僕は感じています。

低学歴の僕が成り上がるまでの生き方と経緯

低学歴の僕が成り上がるまでの生き方と経緯

ここでは、低学歴の僕が成り上がるまでの生き方と経緯について、お話しします。

僕は、30歳頃まで「高卒フリーター」でした。

YUU
その理由は、「メジャーデビュー」を目指していた為、意地でも就職はしたくなかったからです。(高卒なので、まともな仕事には就けませんし)

このスペックは、ゴリゴリの「低学歴&底辺」なので、就職した場合の末路は、人生の完全終了でしょう

よって、割と自然の流れで、唯一低学歴でも成り上がれる、「起業」の道に進む決意をしました。

しかし、お金が無くリスクも怖かったので、普通のリアルビジネスでの起業は無理。

そんな中、低資金ノーリスクで行えるという、「ネット起業」(広告収入系ジャンル)の存在を知り、即実践を始めました。

短期間で稼げたと思ったら稼げなくなったりと、紆余曲折ありましたが、徐々にコツを掴んで収入が安定し、ついに「惨めな低学歴人生」を抜け出せたのです。

人間は学ぶ生き物なので、圧倒的に努力すれば死ぬほど失敗しますが、その度に「学び」を得て、いずれは必ず「コツ」を掴みます。

YUU
特に、ネット起業なら失敗し放題なので、結果的に「より最速で成り上がれる点」が、最も現実的に成功できる方法である証明になりますね。

今では、「自宅」で快適に働ける上に、収入もサラリーマンとは「0」の数が違います。

もし、生き方を間違えて安易に就職していたら、一生安月給でこき使われる、ど底辺人生が確定してた筈です。

そう考えると、「低学歴に合った生き方」というのは、凄まじく重要だと実感しました。

よってこれが、僕の底辺から成り上がるまでの生き方の経緯です。

低学歴が成り上がる生き方まとめ

低学歴が成り上がる生き方まとめ

ここまで、

「低学歴はどういう生き方が正解?」
「低学歴でも成功する生き方はある?」

この様な悩みにお答えしました。

低学歴の正しい生き方は、ゴリゴリの学歴社会である「就職」の世界には、進まないことです。

ここに低学歴が進めば、一生安月給でこき使われる人生が確定しますからね。

あなたがこの悲惨な人生を回避し、高学歴以上に稼いで成り上がりたい場合は、「起業」の道に進むしかないです。

ネットを使えば、安全かつ現実的に起業できるので、あとは純粋に「あなたの努力次第」となります。

YUU
僕は、起業するしかまともな人生を送る方法は無かったですし、ネットを使えば「努力」のみで成り上がれるので、ある意味超簡単なことでした。

あなたが努力さえ出来るなら、必ず成り上がれる筈なので、行動することをおすすめしますね。

詳細は、「以下の記事」をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA