給料が下がった!←その解決策を紹介します

給料が下がった!←その解決策を紹介します

「会社の給料が下がった」
「この給料ではやっていけない」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

YUU
自分に非があるor身に覚えがないなど、「給料が下がった原因」は色々ありますが、こっちからしたらたまったものではないですよね。

とは言え、雇われている以上、給料を含めてあなたの運命は、「会社」に握られています。

その為、働いた分は必ず稼げる保証がある反面、逆に「こういったリスク」もあるということ。

これを解決する方法は1つだけあり、「あなたの行動次第」で、確実に解決することが出来るのです。

よって当記事では、

「給料が下がった場合の解決法」

について、詳しく具体的に解説します。

あなたの給料が下がった原因とは?

あなたの給料が下がった原因とは?

第一に、「あなたの給料が下がった原因」はなんなのでしょうか?

考えられるのは、「あなたのミスやあなたの都合上の理由」、もしくは会社の業績が悪化した」などですね。

雇われて仕事を振って貰い、給料を得るサラリーマンの立場上、たとえ自分に非が無くても、この様なリスクは覚悟しなければいけません。

YUU
いわば、ある程度の保証はあるものの、「下請け」の様な立場ですからね。

その代わり、働いた分の給料は必ず貰える契約なので、悪いことばかりではない筈です。

この際、間違っても「会社に抗議する」といった行動は辞めましょう。

給料が下がった理由にもよりますが、会社も好きで、あなたの給料を下げた訳ではない可能性もあります。

何なら、下がったものの、「会社的に無理してでも、最低限の給料を確保した」という結果かもしれませんしね。

給料が下がったなら自分の力で稼げばいい

給料が下がったなら自分の力で稼げばいい

会社の給料が下がった場合、仕事を頑張ってその職場で挽回しようとしても、まず効果はありません。

理由にもよりますが、経営的に、そもそも今まで通りの給料を払えなくなったのであれば、一社員が頑張った所で上がる筈が無いですから。

その場合は、「自分の力で稼ぐ方法」を探しましょう。

ようは、副業でもいいので、「会社以外の収入源を作る」&「自分で稼ぐスキルを身に付ける」ということです。

もしかすると、あなたの会社は「副業禁止」かもしれません。

YUU
でも、「給料が下がった」という現実を考えると、これから先、業績次第ではまた下がるかもしれませんよね?

最悪の場合、「倒産して無職になる可能性」もあるのです。

その時のあなたの年齢によっては、再就職も難しくなります。

受かったとしても、確実に今よりさらに給料(収入)が下がるのは確実です。

結果、「超絶に低い給料」で、圧倒的に年下の上司にこき使われることになるでしょう。

YUU
それを考えると、「副業禁止」なんて言ってられませんよね?

副業禁止を強制する会社は、「自分の会社に人生を捧げろ!」という理念だと思いますが、経営状況など、都合が悪くなれば簡単にクビを切ります。

よって、そんな「矛盾しているルール」に素直に従うのは、非常に危険な行動なのです。

副業を始めるなら自分の力で稼ぐジャンルがおすすめ

副業を始めるなら自分の力で稼ぐジャンルがおすすめ

一口に「副業」といっても、ジャンルは様々です。

大きく分けると、「仕事を振って貰う立場のもの」から、「自分で生み出すもの」があります。

バイトや在宅ワークなどは「前者」であり、最もメジャーな副業だと思います。

しかし、この「仕事を振って貰う立場の副業」では、今の会社でのあなたと同じ、ルールに従う立場ですし、何のスキルも身に付きません。

結果、会社の判断で仕事を振って貰えなければ、即、稼げなくなりますし、クビを切られたら終わりです。

YUU
これでは、「その場しのぎはした金」は稼げても、長い目で見ると危険過ぎます。

重要なのは、「自分で稼ぐスキルが身に付く副業」を実践することです。

このジャンルで稼ぐ為には、自分で集客して仕事を生み出し、扱うサービスや商品を成約させるスキルが必要です。

これさえ身に付けられれば、収入形態は「完全歩合」である為、稼げる金額は今の給料の倍~10倍以上も目指せます。

補足
あくまで、本業の他に行うから副業」なだけであって、このジャンルでは、そのまま「専業」として起業することも十分可能な稼ぎは得られるのです。

その状態のあなたは、もう「自分の力」で稼げる為、今の会社をクビになったり、倒産しても平気な状態になれます。

YUU
だからこそ、「自分の力で稼ぐ副業」を実践するべきなのです。

詳しい内容は、「以下の記事」で解説しているので、ご覧下さい。

まとめ

まとめ

ここまで、

「給料が下がった場合の解決法」

について、お話ししました。

給料が下がったのであれば、「自分」で稼ぐしかありません。

会社に抗議したところで、まず解決はできませんし、あなたの評価も大きく下がるでしょう。

YUU
何なら、「給料が下がった時点」で、その会社は見限った方がいいですね。

因みに、見限ると言っても辞めるのではなく、「今後は期待するのを辞める」ということ。

会社の為に頑張って働いたり、無理して仕事するのを辞めて、「自分で稼ぐスキルを身に付ける方向」に努力した方がメリットは大きいです。

一度給料が下がったということは、また下がるでしょうし、近い将来クビになったり、倒産する可能性もありますから。

あなたが「自分で稼ぐスキル」と、「会社以外の収入源」を生み出せば、上記の最悪の状況にも問題なく対応できる様になります。

YUU
「以下の記事」では、その流れをまとめたので、興味があればご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA