ちょっと宣伝です。

U-NEXTでは簡単な登録で、「31日間無料」で映画やドラマ、アニメを視聴できる、お得なサービスがあります。

もし気に入らなければ、期間内に解約すれば無料で利用可能なので、興味があればどうぞ!


高卒と大卒の待遇の違いって?←絶望的な格差を教えましょう

高卒と大卒の待遇の違いって?←絶望的な格差を教えましょう
「高卒と大卒の待遇の違いって?」
「何で学歴で待遇に違いが出るの?」

あなたは、こんな疑問を抱えていませんか?

高卒と大卒の待遇の違いには、明確な「格差」が存在します。

平等なんてものはリアル社会に存在しない為、高卒と大卒には、「あからさまな待遇の違い」があるのです。

そもそも就職の世界は、「大卒」を優遇する仕組みになっている為、まあ当然のことです。

しかし、この待遇の違いに悩まされず、高卒でも大卒以上に稼いで成り上がる方法は、存在します。

YUU
僕自身が「高卒」であり、就職とは違う道に進み努力することで、成り上がれましたからね。

その為、高卒の人生が絶望的だと確定した訳ではなく、「それを回避する方法」は存在するので、ご安心ください

よって当記事では、

「高卒と大卒の待遇の違いって?」
「何で学歴で待遇に違いが出るの?」

この様な疑問の「真相」と、「成り上がり方」について解説します。

高卒と大卒の待遇の違いとは?

高卒と大卒の待遇の違いとは?

高卒と大卒の待遇の違いは、「全て」です。

入れる会社、給料や保証、任される仕事のポジション、昇進など、全てが違います。

日本は学歴社会なので、多くの企業は「大卒」を求めていますから、最低限のコミュニケーション能力があれば、自分の希望に近い会社に就職できる可能性が高いです。

給料も高卒より高く、保証も充実していて、仕事さえ出来ればどんどん昇進し、やがては管理職になれます。

YUU
これはサラリーマン社会における、最も好条件の待遇ですね。

それに比べて「高卒」の場合は、まず自分が求める条件の会社には就職できません。

大抵は、「中小企業」「零細企業」にしか入れず、給料も低い上に保証もしょぼい。

そして高卒の仕事は大卒がやらない、下っ端の現場作業です。

昇進にも制限がある場合が多く、管理職にはなれませんから、一生大卒に使われる運命が確定するのです。

凄まじい待遇の違いですよね?

就職する気がある、将来を見据える賢い人間は、この待遇の違い、つまり「格差」を察知する為、大学に進むということ。

それに比べて高卒の大半は、この様な能力が欠けている為、高卒で就職する道を選び、自業自得的に待遇の違いを思い知ります。

YUU
よってこれが、「高卒と大卒の賢さの違い」なのでしょうね。
補足
あくまで、就職する気があるのに高卒を選択するのが、愚かだということ。学歴が関係無い「別の道」に進む場合は、高卒でも全く問題ありません。

高卒と大卒の待遇の違いが起きる理由とは?

高卒と大卒の待遇の違いが起きる理由とは?

高卒と大卒の待遇の違いが起きる理由は、極めて「シンプル」です。

それは日本社会において「大卒」が、最も能力が高い人間だと評価されるからです。

「芸能系やアスリート」など、勉強以外で高い能力を発揮できれば、学歴が無くても評価される傾向があります。

しかし、そんな能力も持つ人間は稀である為、必然的に学校に通えば誰もが行う「勉強」が、手っ取り早く能力を判断する要素になるのです。

その理屈で言うと、当然能力が高い人間はほぼ「大学」に行く為、大卒が最も重宝され、就職の際の待遇に違いが出るということ。

勿論、高卒でも賢い人間は居ますし、大卒でもバカは居ます。

YUU
とは言え、「全体の割合」で言うとどう考えても、大卒の方が賢い人間が多く、高卒はバカが多いですよね。(高卒の自分でもそう思います)

労働条件の良い優良企業の場合、「膨大な志望者」が常に来る為、それらを一人一人面接するのは、効率が悪過ぎますし、彼らもそんな暇はありません。

結果、「大卒限定」もしくは「高学歴限定」で絞れば、優秀な人間を選別し易くなるということ。

前述の通り、高卒で優秀な人間なんて稀なので、膨大な志望者の中から、居るかも分からな高卒の優秀者を時間を掛けて探すより、「大卒のみ」で採用した方が得なのです。

当然、大卒の方が優秀な傾向があるので、高卒より良い待遇で採用されます。

よってこれが、「高卒と大卒の待遇の違いの理由」です。

高卒と大卒の待遇の違いを回避する方法

高卒と大卒の待遇の違いを回避する方法

高卒で就職する場合、高確率で、この「待遇の違い」に悩まされるでしょう。

特に、高卒と大卒が交わる職場で働く人は、嫌という程味わいます。

とは言え、高卒がこの様な扱いを受けるのは、あくまで「就職」の世界での話。

別の道に進むことで、この待遇の違いから逃れて、努力次第で成り上がることが出来ます。

それが、「自分の力で稼ぐ道」です。

YUU
つまり、「起業」ですね。

就職の世界では、「学歴や経歴」で稼ぎや立場が決まる仕組みなので、高卒はどうあがいても、大卒以下の待遇で下っ端として安く使われます。

しかし「起業」の世界では、そんなものは一切関係ありません。

純粋に努力して「結果」さえ出せば、問答無用に大卒以上に稼ぎ、成り上がることが出来るのです。

それこそ、中卒40歳ニートであっても、結果さえ出せば一年足らずで月収100万円以上も目指せる世界ですからね。

詳しくは後述しますが、僕自身もこの「自分の力で稼ぐ道」に進むことで、高卒の下っ端人生から抜け出し、努力によって成り上がりました。

高卒と大卒の待遇の違い以前に、僕はど底辺でした

高卒と大卒の待遇の違い以前に、僕はど底辺でした

恥ずかしながら僕は、30歳頃まで「高卒フリーター」をやっていた過去があります。

元々は、メジャーデビューを目指していたものの、上手く行かずにズルズルと「バイト」で生きて来た結果が、これです。

YUU
流石にこのレベルになると、高卒と大卒の待遇の違い以前に、そもそも「ど底辺」ですよね。

このスペックで就職した場合、99%「ブラック企業やブルーカラー系」にしか入れないので、一生バイトレベルの安月給で使われる人生が確定します。

当然、そんな人生は絶対に嫌だったので、唯一低学歴でも成り上がれる、「起業」の道に進む決意をしました。

選択した仕事が「ネット系起業」である為、パソコン一台で自宅で行える特性があり、バイトで生活費を稼ぎながら安全に出来る環境を得られました。

その後は、割とすぐに稼げたと思ったら稼げなくなったりと、苦戦したものの、徐々にコツを掴んで収入が安定し、晴れて「惨めな高卒フリーター生活」を抜け出せたのです。

今では、自宅で快適かつノーストレスに働ける環境があります。

収入も、フリーター時代とは雲泥の差があります。

YUU
これらは、たとえ大卒で大企業に就職しても、絶対に叶わないことなので、完全に「成り上がった」と言っていいでしょう。

よって、高卒が就職する場合、確実に「大卒との待遇の違い」に悩まされる日が来ます。

それを回避して成り上がる為には、この「自分の力で稼ぐ道」に進むしか、解決法は無いのです。

まとめ

まとめ

ここまで、

「高卒と大卒の待遇の違いって?」
「何で学歴で待遇に違いが出るの?」

こ疑問の「真相」について、お話ししました。

高卒と大卒の待遇の違いは、「大卒」の方が、能力が高い人間が多いからです。

どう考えても、高卒をいい条件で雇うより、「大卒」を雇った方がハズレを引く可能性が低く、会社の利益になりますからね。

結果、「確率の問題」で言えば、この基準で採用した方がメリットが大きいということ。

とは言え、実際の所、高卒でも起業して大成功した人は、膨大に居ます。

あくまで彼らは、就職の世界で能力が高いとされる基準には、合わなかったというだけです。

よって、「起業」の世界に進めば、高卒でも大きく稼いで成り上がることが出来るのです。

YUU
「僕自身」も、その一人ですからね。

よって、あなたも行動することをおすすめします。

詳細は、「以下の記事」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA