高卒と大卒の年収の差とは?唯一の一発逆転方法も紹介します

高卒と大卒の年収の差とは?唯一の一発逆転方法も紹介します

「高卒と大卒の年収の差は?」
「年収の差を無くす方法はある?」

あなたは、こんな疑問を抱えていませんか?

「高卒と大卒の年収の差」は、エグイ位に違います。

たかだか学歴の違いで年収が変わる為、あなたがまだ学生で今後就職するつもりなら、必ず「大学」に行った方がいいですね。

残念ながら、あなたがすでに高卒で就職している場合は、サラリーマンをやっている限り、その格差(年収の差)が変わることはありません。

しかし、心配は無用です。

たった1つだけ、高卒でも大卒との年収の差を無くすどころか、「大卒を遥かに上回る稼ぎを得る方法」が存在します。

YUU
僕は「高卒」ですが、就職せずにその方法を実践することで、いわゆる成り上がりを実現出来ました。

よって当記事では、

「高卒と大卒の年収の差は?」
「年収の差を無くす方法はある?」

この様な、あなたの疑問にお答えします。

高卒と大卒の年収の差とは?

高卒と大卒の年収の差とは?

先程もお話しした様に、「高卒と大卒の年収の差」はエグイです。

20代で言うと、高卒の平均年収はおよそ「250万円程」となります。

そして20代大卒の平均年収は、「270万円ほど」で、大企業に勤める場合で「350万円程」と言われています。

YUU
大企業に勤める大卒との年収の差が、エグイですね(笑)

そして、最も大きく稼げる可能性の高い50代では、高卒の平均年収が「420万円程」、大卒で「640万円程」

因みに大企業の場合は、約「800万円超え」です。

たかだか学歴1つで、これだけ年収の差が生まれるのです。

因みに、高卒の生涯年収は「2憶600万円程」と言われています。

そして大卒の場合は「2憶6000万円程」で、大企業であれば最高で「10億超え」という、意味が分からないものになっています。

後者は異次元レベルなのでスルーーしますが、高卒と大卒の生涯年収の差は、「5000万円以上」という、エグ過ぎる差が生まれるのです。

また、年収の差以外にも、高卒と大卒では様々な「保証」もレベルが違います。

YUU
代表的なのは、「退職金」ですね。

高卒の退職金は、およそ「1600万円ほど」で、大卒で「1900万円前後」と言われています。

ここでも、「300万円程」の違いがあるということ。

よって、余程の理由が無い限り、就職するなら「大卒」を選択した方が、圧倒的にメリットがありますよね。

あなたがまだ学生なら、迷わず大学に行きましょう。

高卒と大卒の年収の差を一生埋められない2つの要素とは?

高卒と大卒の年収の差を一生埋められない2つの要素とは?

残念ながら、「以下の要素」に当てはまる人は、前述の大卒の稼ぎは得られません。

  • 既に高卒で就職している場合
  • Fラン大学にしか行けない場合

あなたが、既に高卒で就職している場合は、当然大卒との年収の差は埋められません。

また、あなたが現在学生で、「Fラン大学」にしか受からない場合も、大きな収入は得られないです。

何故なら、「Fラン大学卒」というのは、肩書は大卒でも、社会的には高卒レベルの扱いになるから。

Fラン大学とは、「大卒」という肩書を得る為に存在し、それを求めて4年という時間を無駄にした愚かな人間だということを、企業側は気付いていて、そう評価されるのです。

YUU
よって、大卒枠ではあるものの、労働環境的には「高卒」と変わらない会社や、職場でしか採用されません。

その為、この両者は「サラリーマン」として働く場合、永遠に大卒との年収の差を埋められないということ。

残念ですが、これが現実です。

高卒と大卒の年収の差を埋めて成り上がる方法

高卒と大卒の年収の差を埋めて成り上がる方法

前述の通り、既に「高卒」で就職している場合、また、あなたが「Fラン大学」にしか受からない場合は、普通の大卒の年収には勝てません。

とは言え、諦めるのはまだ早いです。

たった1つだけ、高卒などの低学歴でも、大卒以上に稼ぐ方法があります。

年収の差を埋めるなんて、みみっちいレベルではなく、大卒を大きく上回る年収を得られます。

それが、「自分の力で稼ぐ道」に進むこと。

YUU
つまり、「起業」ですね。

就職の世界では、学歴や経歴で稼ぎや立場が決まる仕組みなので、低学歴はどうあがいても大卒には勝てず、年収に雲泥の差が生まれます。

しかし「自分の力で稼ぐ道」では、そんなものは一切関係ありません。

純粋に努力して結果さえ出せば、たとえ高卒40歳ニートであっても、一年足らずで月収100万円以上も目指せる世界なのです。

今までの人生で何をやっていようが、学歴がどうであろうが、ただ努力して「結果」さえ出せば、大卒との年収の差を埋めるどころか、それ以上に大きく稼げます。

よって、あなたが高卒であっても諦める必要はなく、「進む道」を変えれば十分成り上がれるということ。

僕は30歳頃まで高卒フリーターをやっていました

僕は30歳頃まで高卒フリーターをやっていました

僕には、30歳頃まで「高卒フリーター」をやっていた、恥ずかしい過去があります。

その理由は、元々はメジャーデビューを目指していたものの、上手く行かずにズルズルと「バイト」で生きてきたからです。

流石にこのレベルになると、大卒との年収の差どころではなく、99%「ブラック企業ブルーカラー系」にしか入れないので、一生バイトレベルの安月給で使われる人生が確定します。

そんな人生は絶対に嫌だったので、唯一低学歴でも成り上がれる、「起業」の世界に進む決意をしました。

選択した仕事が「ネット系起業」である為、パソコン一台で自宅で行える特性があり、バイトで生活費を稼ぎながら安全に出来る環境を得られた点が、後の成功の要因ですね。

YUU
リアルビジネスで起業する場合は、こうはいきませんから、この「ネット起業」が無ければ僕には無理でした。

その後は、割とすぐに稼げたと思ったら稼げなくなったりと、苦戦しましたが、徐々にコツを掴んで収入が安定し、晴れて「惨めな高卒フリーター生活」を抜け出せたのです。

今では、自宅で快適かつノーストレスに働ける上に、収入もフリーター時代とは雲泥の差があります。

これらは、たとえ大卒で大企業に就職したとしても得られないものなので、完全に「成り上がった」と言って良いでしょう。

よって、30歳頃まで高卒フリーターをやっていた、このヤバ過ぎるスペックでも、「進む道」を変えて努力すれば、大卒との年収の差を埋めるどころか、それ以上に稼げるということ。

高卒と大卒の年収の差を埋める最も現実的な方法

高卒と大卒の年収の差を埋める最も現実的な方法

高卒が、大卒との年収の差を埋める為には、「起業」しか方法は無いです。

とは言え、一般的に起業する場合は、資金面やリスクといったハードルがあるので、中々手が出ないのが現実ですよね。

しかし、現代では「ネット」を使うことで、パソコン一台で自宅で容易に起業できる時代になりました。

低資金かつ、ノーリスクで出来るジャンルも多い為、選択次第では「中学生の経済力」でも起業することが可能なのです。

YUU
因みに僕の仕事は、「ブログを使った広告収入系」です。

この仕事で掛かる費用は、サーバー代などで「年間1~2万円程」(月1000~2000円)と激安。

「広告収入」というビジネスモデルの特性上、在庫を抱えることが無い為、リスクに至っては皆無です。

よって、「中学生の経済力」でも起業できるということ。

また、これらの要素によって経費が殆ど掛からない為、利益率が驚異の「9割」を超えるので、たった一人でパソコン一台で月収100万円以上を稼ぐことが可能です。

普通のリアルビジネスで起業する場合は、売り上げの大半が「経費」で消える為、一人で月収100万円以上を稼ぐのは超大変ですからね。

だからこそ、リアルビジネスの経営者は「組織化」するのです。

しかし「ネット起業」であれば、自宅でたった一人でパソコン一台で大きく稼げます。

よって、これが最も高卒が大卒との年収の差を埋め、安全かつ現実的に成り上がれる方法だということ。

YUU
当然ですが、僕がネット起業に魅力を感じて実践したのも、「この特性」によるものです。

高卒で就職する場合、永遠に大卒との年収の差は埋まりませんし、リアルビジネスで起業する場合はハードルが高いので、高確率で「どん底」に落ちます。

その為、「ネット起業」以外に現実的な成り上がり方法は、存在しないのです。

高卒と大卒の年収の差まとめ

高卒と大卒の年収の差まとめ

ここまで、

「高卒と大卒の年収の差は?」
「年収の差を無くす方法はある?」

この様な疑問にお答えしました。

「高卒と大卒の年収の差」は、エグイ位に違います。

基本的に、平均年収で言えば「200万円以上」の差があり、生涯年収では「5000万円以上」の差が生まれるのです。

その為、あなたが現在学生なのであれば、高卒ではなく、必ず「大卒」を選択しましょう。

ただし、既に高卒で就職している場合Fラン大学にしか受からない場合は、もう叶わない夢です。

とは言え、これはあくまで「就職」の世界の話なので、他の道に進むことで学歴社会を抜け出し、高卒でも成り上がることが出来ます。

YUU
それが、「起業」です。

「ネット起業」であれば、パソコン一台で安全に出来る為、最もあなたが大卒との年収の差を埋めて成りがれる、現実的な方法です。

この世界で成功する為に必要なのは、「行動力」「努力」のみ。

僕自身、これだけで成功できました。

よって、あなたにも実践をおすすめしますね。

詳細は、「以下の記事」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA