高卒と大卒の出世の差の違いとは?←答えは超簡単です

高卒と大卒の出世の差の違いとは?←答えは超簡単です

「高卒と大卒の出世の差は何?」
「何で学歴で出世が変わるの?」

あなたは、こんな疑問を抱えていませんか?

高卒と大卒の出世の差は、「エグイ」です。

大抵の場合、多少の出世はするものの、高卒はどれだけ頑張ろうが一生下っ端で、管理職にはなれません。

それに比べて「大卒」の場合は、仕事さえ出来ればどんどん出世します。

YUU
こう聞くと、高卒からすれば「学歴が基準の出世はおかしい!」「高卒を馬鹿にしてる?」など、気に入らないでしょうね。

しかし、この学歴で出世を決める仕組みの真相は、「超合理的かつシンプルな理由」なのです。

よって当記事では、

「高卒と大卒の出世の差は何?」
「何で学歴で出世が変わるの?」

この様な疑問を抱えるあなたに、「その答え」をお話しします。

高卒と大卒の出世の差の違いとは?

高卒と大卒の出世の差の違いとは?

高卒と大卒の出世の差の違いは、「学歴」です。

YUU
まあこれは「当たり前の話」ですが、もっと詳しく解説しますね。

日本は学歴社会なので、ほぼ「学校の勉強の出来次第」で、その人間の能力の優劣を判断します。

一部の芸能系やアスリートなど、「特殊な才能や能力」を持っていて、常人を上回っていれば除外されますが、そんな人はごく少数です。

その為、必然的に日本で生まれ育てば、誰もが受ける「学校の勉強」によって、その優劣を判断されるということ。

そして日本社会が、高卒より「大卒」の方が圧倒的に有利かつ、就職する場合は多くの企業が大卒を求めていることを、中学生位の頃には誰もが理解します。

当然、就職する予定の将来を見据える人間は、「大卒」を選択しますから、有利な条件で就職出来ます。

企業側も大卒を求めている為、喜んで受け入れますし、仕事さえ出来ればどんどん出世させるのです。

しかし、上記の社会の仕組みを理解しているのに、なぜか高卒で就活する人間を、まともな企業は「空気を読めず理解力も無い人間」だと判断します。

空気を読む力と理解力は、組織で働く為に必須な能力であり、仕事にも影響する為、「優良企業は高卒を雇わない」or「高卒枠として安く使う」ということ。

当然、大卒の様な出世は出来なくなります。

YUU
よってこれが、「高卒と大卒の出世の差」の真相ですね。

高卒と大卒の出世の差は社会的な信用の違い

高卒と大卒の出世の差は社会的な信用の違い

高卒と大卒では、「社会的な信用」が全く違います。

前述の通り、日本は学歴社会なので、学校の勉強の出来次第で社会的な評価が決まります。

通う学校のレベルもそうですし、「高卒か大卒か」というだけでも、大きく評価が変わるのです。

そしてそれはそのまま、「社会的信用」にも繋がる為、当然就職する場合は出世にも影響するということ。

YUU
学歴が関係ない別の道に進むのであれば、高卒でも問題ありませんが、就職するのであれば「社会のこの価値観」に、あなたが合わせなければいけないのです。

つまりあなたが、「学歴なんて関係ないでしょ?」と思っていても、企業側はそうは思わないので、その価値観に合わない人間は、採用されないor出世できないということ。

その為、自分の価値観を優先して生きたければ、「就職とは違う道」に進むしかありません。

しかし、あなたが就職するしか稼ぐ手段が無い場合は、やはり「学歴社会」の仕組みや価値観を、受け入れるしかないです。

よって、高卒の社会的信用レベルは、凄まじく低いので、責任のある仕事は任されない為、出世も難しいということ。

高卒と大卒の出世の差は就職の世界限定の話です

高卒と大卒の出世の差は就職の世界限定の話です

高卒と大卒の出世の差は、あくまで「就職の世界」での話です。

よって、「別の道」に進むことで、高卒でも大卒以上に稼いで成り上がることが出来ます。

それが、「自分の力で稼ぐ道」に進む道です。

YUU
つまり、「起業」ですね。

起業の世界では学歴は一切関係ありませんし、そもそも「出世」という概念も存在しません。

あなたがどんな学歴や経歴であろうが、努力して「結果」さえ出せば、問答無用に大卒以上に稼ぐことが可能です。

それこそ「中卒40歳ニート」でも、努力すれば一年足らずで月収100万円以上も目指せる世界ですからね。

僕自身、30歳頃まで高卒フリーターをやっていた為、社会的なスペックは「ど底辺」でした。

YUU
元々は「メジャーデビュー」を目指していたものの、上手く行かずにズルズルと続けてしまった結果が、これです。

このスペックで就職した場合、出世で悩む以前に、99%「ブラック企業やブルーカラー系」にしか入れないので、一生バイトレベルの安月給で使われる人生が確定します。

それを避ける為、唯一低学歴でも成り上がれる、「起業」の道に進む決意をしました。

興味を持った仕事が「ネット起業系」なので、パソコン一台で自宅で行える特性があり、バイトで生活費を稼ぎながら安全に出来る環境を得られた点が、後の成功の最大の要因ですね。

リアルビジネスで起業する場合、資金面やリスクに悩まされ、それ一本で覚悟を決めなければいけないので、僕には無理でしたから。

その後は苦労はしましたが、努力の結果徐々にコツを掴んで収入が安定し、晴れて「惨めな高卒フリーター生活」を抜け出せたのです。

今では、自宅で快適かつノーストレスに働ける上に、収入もフリーター時代とは雲泥の差があります。

YUU
大企業のサラリーマンでも、この環境はまず得られないので、起業を選択した自分の判断は「大正解」でした。

よって、高卒が出世できない悩みは、この「起業」の世界では無縁であり、努力次第で大卒以上に稼げるのです。

まとめ

まとめ

ここまで、

「高卒と大卒の出世の差は何?」
「何で学歴で出世が変わるの?」

この様な疑問の「答え」を、お話ししました。

高卒と大卒の出世の差は、「肩書の社会的信用レベル」に比例します。

学歴社会の日本では、明確に「大卒=優秀者が多い」「高卒=無能者が多い」と判断されるので、就職する場合は抗うことは出来ません。

あなたが、「学歴で出世を決めるな!」と怒っても、それはあくまで労働者側かつ、少数派の意見なのです。

就職する場合は、「雇用側や社会の価値観」に合わせる必要がある為、その主張は無意味だということ。

あなたが、その価値観を通してお金を稼ぎたいのであれば、就職するべきではないです。

因みに僕自身も、この学歴社会の価値観に合わせる気が微塵も無かったので、「起業」を選択しました。

YUU
まあ、最も手っ取り早くお金持ちになって成り上がれて、誰にも命令されない立場になれる手段だからというのも理由の1つですが。

当然、起業してお金を稼ぐ為には「努力」が必須ですが、自分が本気で成り上がりたければ、それは特別難しいものではありません。

底辺高校で赤点ばかりで、30歳頃まで高卒フリーターをやっていた僕でも、努力して結果を出せましたから、「やる気」になれば誰にでも出来ることなのです。

よって、あなたが成り上がりたければ、行動することをおすすめしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA