高卒と大卒の扱いの違いとは?←その真相を教えましょう

高卒と大卒の扱いの違いとは?←その真相を教えましょう

「高卒と大卒の扱いの違いって?」
「何で高卒と大卒は扱いが違うの?」

あなたは、こんな疑問を抱えていませんか?

高卒と大卒の扱いは、「別次元」で違います。

あなたがまだ高校生などで、社会経験が無く、就職の世界の知識を持っていない場合は、「その違い」がいまいち分からないでしょう。

「そこまで変わらないでしょ!」「何で学歴なんかで扱いが違うの?」など、色々な意見が疑問もあるかと思います。

しかし、前述の通り高卒と大卒の扱いは、「別次元」で違います。

YUU
あなたが高卒で就職した場合、絶望的な人生を送る可能性が高いので、ぜひその真相」を知っておくことを、おすすめしますね。

よって当記事では、

「高卒と大卒の扱いの違いって?」
「何で高卒と大卒は扱いが違うの?」

この様な疑問の「真相」について、詳しく具体的にお話しします。

高卒と大卒の扱いの違いとは?

高卒と大卒の扱いの違いとは?

高卒と大卒の扱いの違いは、「別次元」です。

給料や保証、任される仕事のポジション、昇進など、「全て」において扱いが変わります。

例えるなら、「日本語がペラペラの状態」で外国人が就職するのと、「片言レベル」で就職する位に扱いが違うということ。

「前者」なら、会社にとって重要な仕事を任され、昇進もしますから、稼ぎも当然増えますよね?

しかし「後者」の場合、重要な仕事は絶対に任されない為、永遠に裏方の単純作業で安く使われる人生を送ることになるのです。

YUU
この差の「エグさ」を、イメージ出来ましたか?

学歴社会の日本において、「大卒」という肩書は社会的な信用を得られる為、より労働条件の良い優良企業に就職することが可能であり、仕事さえ出来るなら昇進もどんどんします。

つまり、日本社会において「最も良い扱いを受けられる立場」だということ。

大卒は仕事を選べる立場なので、それなりに自分が求める労働条件に合った会社に就職できますからね。

逆に、「高卒」というのは片言の外国人の様に、社会的な信用を得られない立場で見られる為、永遠に簡単な現場作業や単純作業で安く使われる運命になります。

高卒は、仕事を選べる立場ではないので、まず自分が求める労働条件の会社には就職できません。

YUU
因みに、高卒と大卒の生涯年収は、「数千万円レベル」で違うと言われている為、凄まじい差ですね。

たとえあなたが、「学歴で判断するな!」と怒っても、雇用側はそうは思わない為、この扱いの差は永遠に変わらないのが現実です。

労働者側の人間は、雇用側の考えに合わせるのが当然ですから、そんな反論は無意味だということ。

非常に厳しいですが、これが「高卒と大卒の扱いの違い」なのです。

そもそも、日本社会において「大卒」が圧倒的に有利で、多くの企業が大卒を求めているのは、中学生位の頃には誰もが気付きます。

それでいて、将来的に就職しようと思う人間があえて「高卒」を選択する時点で、需要と供給を理解していない、空気の読めなさが企業側にも伝わっています。

YUU
この要素は、「仕事における理解度」などにも関係がある為、やはり高卒の扱いは悪くなり、重要な仕事を任されない原因の1つだと僕は考えますね。

仮に経済的に進学が難しくても、「奨学金」という手段がありますし、大企業に就職すれば余裕で返せます。

よって、高卒を選択したことに対する言い訳は通用しなく、「自業自得」になるのです。

高卒と大卒の扱いの違いを無くし成り上がる方法

高卒と大卒の扱いの違いを無くし成り上がる方法

ここまで、高卒の扱いの悪さを解説しましたが、これはあくまで「就職の世界」の話です。

よって、別に高卒だからといって大卒以下の人生が、完全に確定した訳ではありません。

「進む道や戦う土俵」を変えれば、高卒でも大卒以上に稼いで成り上がることは出来るのです。

そしてそれは、「自分の力で稼ぐ道」に進むことで実現可能です。

YUU
つまり、「起業」ですね。

就職の世界は、「学歴や経歴」で稼ぎや立場が決まる仕組みなので、高卒ではどうあがいても大卒以下の扱いからは抜け出せません。

しかし「自分の力で稼ぐ道」では、そんなものは一切関係なく、結果さえ出せば問答無用に大卒以上に稼ぐことが可能です。

たとえ「高卒40歳ニート」であっても、本気で努力すれば一年足らずで、月収100万円以上も目指せる世界なのです。

因みに、僕自身は30歳頃まで高卒フリーターをやっていました。

元々はメジャーデビューを目指していたものの、上手く行かずにズルズルバイトを続けていた結果、こうなってしまいました。

仮にこのスペックで就職した場合、99%「ブラック企業やブルーカラー系」にしか入れないので、一生バイトレベルの安月給で使われる人生が確定します。

そんな人生は絶対に嫌だったので、唯一低学歴でも成り上がれる、「自分の力で稼ぐ道」に進む決意をしたのです。

選択したジャンルが「ネット起業」である為、パソコン一台で自宅で行える特性があり、バイトで生活費を稼ぎながら安全に出来る環境を得られたのが、後の成功の要因ですね。

YUU
リアルビジネスで起業する場合は、こうは行きませんから、参入障壁の低いネット起業」を実践していなければ、僕には無理でした。

その後は、紆余曲折あったものの努力によって、徐々にコツを掴んで収入が安定し、晴れて「惨めな高卒フリーター生活」を抜け出せたのです。

今では、自宅で快適かつノーストレスに働ける上に、収入もフリーター時代とは雲泥の差があります。

完全に「自分の力」で稼げる為、就職の世界における高卒の扱いの悪さとは無縁で、自由かつ大きく稼げます。

よってあなたが、扱いが悪い高卒サラリーマン人生を回避し、成り上がりたい場合は、「自分の力で稼ぐ道」に進むことをおすすめしますね。

高卒と大卒の扱いの違いまとめ

高卒と大卒の扱いの違いまとめ

ここまで、

「高卒と大卒の扱いの違いって?」
「何で高卒と大卒は扱いが違うの?」

この様な疑問の「真相」を、解説しました。

高卒と大卒の扱いの違いは、「別次元」です。

金銭的な扱いの差もありますし、仕事上における格差や立場においても、扱いが変わります。

学歴社会のど真ん中の「就職の世界」では、ほぼこの仕組みが採用されているので、まずこれは変わることは無いでしょう。

しかし、お金を稼ぐ方法は就職だけでは無いので、「別の道」に進めば、この扱いの呪縛から逃れて、高卒でも成り上がることが出来ます。

それが、「自分の力で稼ぐ道」です。

僕自身、30歳頃まで高卒フリーターをやっていた為、ゴリゴリの最底辺の扱いを受ける立場でしたが、就職はせずにこの「起業」の道に進んだことで、そこから抜け出せました。

YUU
当然、「努力」はしましたけどね。

よって、あなたが僕の様に高卒で、扱いの悪い立場から抜け出して成り上がりたい場合は、「この自分の力で稼ぐ道」に進むことをおすすめします。

詳細は、「以下の記事」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA