高卒と大卒の壁とは?←意外と紙一重です

高卒と大卒の壁とは?←意外と紙一重です

「高卒と大卒の壁とは?」
「そんなに違いがあるの?」

あなたは、こんな疑問を抱えていませんか?

「高卒と大卒の壁」って、意外と分かりにくいものです。

確かに学歴の差はありますが、「仕事の能力の差にそんなに違いがあるか?」というと、あまりイメージが沸かないでしょう。

YUU
仮に、給料や保証、与えられる仕事のポジション、昇進などが定義なのであれば、高卒と大卒には「圧倒的な壁」が存在しますがね。

まあ、はっきり言ってしまえば、高卒と大卒の壁は「紙一重」です。

実は、仕事の能力と稼ぎの違いはそこまで変わりませんし、高卒でも大卒以上に稼ぐ方法も存在するのです。

よって当記事では、

「高卒と大卒の壁とは?」
「そんなに違いがあるの?」

この様な疑問に、詳しく具体的にお答えします。

高卒と大卒の壁とは?

高卒と大卒の壁とは?

高卒と大卒の壁は、「定義」によって変わります。

前述の通り、給料や保証、与えられる仕事のポジション、昇進などが定義なのであれば、高卒と大卒には圧倒的な壁が存在します。

しかし、「純粋な稼ぎと能力自体の関係性」に関しては、そこまで壁が無いのが真実です。

というのも、高卒と大卒では得意なことが違います。

「高卒」は、頭を使う仕事は向かない人が多いものの、技術系など、職人芸的な仕事で活躍する人が多いです。

「大卒」の場合は、とっさの機転を利かせる能力が必須な、頭を使う「管理職」などが向いています。

YUU
勿論、頭がいい人が多いので、「職人系」でも活躍できると思いますけどね。

はっきり言って、高卒と大卒で得意な仕事の違いはあるものの、「稼ぎと能力の差」はさほどありません。

補足
あくまで、高卒と大卒の「仕事上の能力と稼ぎの差は少ない」という意味です。稼ぎ自体は当然、大卒の方が大きく上回ります。

何故ならサラリーマンの稼ぎは、ほぼ「就職する会社の規模とジャンル」によって決まるからです。

大きなお金が動くジャンルやその規模の会社は、高給を支払えることがその理由となります。

そしてそれが、主に「大企業」です。

しかし、大企業は主に「大卒」を優先的にいい条件で採用する為、ここで高卒との差が生まれるのです。

つまり、大企業に入れるか否かで稼ぎの大小が決まり、大卒か高卒かで、そこに就職できるかが決まるということ。

YUU
よって高卒と大卒の壁の本質は、仕事の能力などではなく、条件の良い会社に入る為の「学歴」が、大部分を占めるのが真相となります。

その為、純粋な仕事の能力自体が稼ぎの違いではないので、「戦う土俵」を変えれば、高卒でも大卒以上に稼ぐことが可能です。

高卒と大卒の壁を無くして低学歴が成り上がる方法とは?

高卒と大卒の壁を無くして低学歴が成り上がる方法とは?

高卒と大卒の壁は、「戦う土俵」を変えれば、努力のみでぶち壊せます。

それを行うことで、高卒でも大卒以上に稼いで成り上がれるのです。

そしてその方法が、「自分の力で稼ぐ道」に進むこと。

YUU
つまり、「起業」です。

就職の世界では、「学歴や経歴」で稼ぎや立場が決まる仕組みなので、高卒ではどうあがいてもこの壁は壊せません。

しかし「起業」の世界では、そんなものは一切関係なく、努力のみで大卒以上に稼いで成り上がることが可能です。

それこそ「中卒40歳ニート」でも、努力すれば一年足らずで月収100万円以上も目指せる世界ですからね。

因みに僕自身、30歳頃まで高卒フリーターをやっていました。

その理由は、元々はメジャーデビューを目指していたものの、上手く行かずにズルズルと生きて来たからです。

このスペックで就職した場合、99%「ブラック企業やブルーカラー系」にしか入れず、完全終了する人生が目に見えていますね。

YUU
流石にこのレベルまで行くと、高卒と大卒の壁以前の問題なので、就職すれば、ほぼ「ジ・エンド」ですから。

そんな人生は絶対に嫌だったので、唯一低学歴でも成り上がれる、「起業」の道に進みました。

興味を持った仕事が「ネット起業」である為、パソコン一台で自宅で行える特性があり、バイトで生活費を稼ぎながら安全に出来る環境を得られました。

リアルビジネスでの起業なら、こうはいかない為、僕は「時代」に恵まれましたね。

その後は、色々苦労しましたが、努力の結果徐々にコツを掴んで収入が安定し、晴れて「惨めな高卒フリーター生活」を抜け出せたのです。

今では、自宅で快適かつノーストレスに働けますし、収入もフリーター時代とは雲泥の差があります。

YUU
この全ては、大卒で大企業に就職しても絶対に得られないものなので、「起業」を選択した僕の判断は、大正解ですね。

よって、この「自分の力で稼ぐ道」は、唯一高卒と大卒の壁をぶち壊し、低学歴が成り上がれる方法だということ。

高卒と大卒の壁を無くす最善の方法は、ネット起業です

高卒と大卒の壁を無くす最善の方法は、ネット起業です

高卒と大卒の壁を無くすには、「起業」しかありません。

とは言え、一般的に起業する場合、「莫大な資金」を用意して、「リスク」を覚悟するというハードルを越えなければいけない為、中々手が出ないのが現実です。

だからこそ、多くの高卒は壁を壊せず、一生大卒に使われる人生を送ることになります。

しかし現代では、「ネット」を使うことで、パソコン一台で、自宅で容易に起業できる時代です。

YUU
低資金ノーリスクで出来るものも多い為、何なら「中学生の経済力」でも起業することが可能ですからね。

僕の仕事は「ブログを使った広告収入系」なので、掛かる費用はサーバー代などで年間1~2万円程度と激安。(月に1000~2000円)

また、「広告収入」というビジネスモデルの特性上、在庫を抱えることがない為、リスクに至っては皆無です。

よって、「中学生の経済力」でも起業できるということ。

それでいて、このビジネスモデルの特性上、利益率が驚異の9割を超えるので、たった一人でパソコン一台で「月収100万円以上」を稼げる夢があります。

また、「自宅」で出来る仕事なので、僕の様なインドア人間にとっては天職ですね。

YUU
これらの点から「ネット起業」は、最も高卒が安全かつ現実的に成り上がれる方法なのです。

まとめ

まとめ

ここまで、

「高卒と大卒の壁とは?」
「そんなに違いがあるの?」

この様な疑問に、お応えしました。

高卒と大卒の壁は、実際は「紙一重」です。

サラリーマンの労働条件は、ほぼ就職する会社の規模とジャンルで決まるので、純粋な仕事の能力にはさほど壁はありません。

就職の世界で、最も高い給料を得られて労働条件の良い会社は、「大企業」です。

そしてこの大企業は、いい条件で採用するのは「大卒」のみである為、高卒との壁が生まれるという仕組みです。

ということは、やはり高卒と大卒の仕事の能力自体に、そこまで差は無いので、「戦う土俵」を変えれば高卒でも、その壁をぶち壊して成り上がれる証拠になります。

YUU
それが、「自分の力で稼ぐ道」です。

起業で成功している経営者にも、「高卒」は沢山いる為、学歴は一切関係ありません。

大企業の経営者は大卒ばかりですが、それは全体の一部で、個人のラーメン屋や美容室、株やFXなどの投資家、ネット起業の経営者などには、「高卒」なんて死ぬほど居るのです。

僕に至っては、「30歳頃まで高卒フリーター」をやっていましたからね。

そんな僕でも、「純粋な努力」によって問題なく成り上がれたので、あなたが大卒以上に稼ぎたい場合は、この道に進むことをおすすめします。

YUU
詳細は、「以下の記事」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA