ちょっと宣伝です。

U-NEXTでは簡単な登録で、「31日間無料」で映画やドラマ、アニメを視聴できる、お得なサービスがあります。

もし気に入らなければ、期間内に解約すれば無料で利用可能なので、興味があればどうぞ!


高卒の給料が安い理由!その詳細と解決法をお話しします

高卒の給料が安い理由!その詳細と解決法をお話しします
「高卒の給料が安い理由は何で?」
「学歴で決めるのが納得いかない!」

あなたは、こんな疑問を抱えていませんか?

一般的に、大卒に比べて高卒の給料は低いです。

YUU
生涯年収では、「数千万レベル」で違うと言われていますからね。

とは言え、「高卒の方が給料が安い理由」は、いまいちふわっとしているイメージがあります。

その為、あなたはこの仕組みに納得がいかないでしょう。

よって当記事では、

「高卒の給料が安い理由」

について、詳しく具体的に解説します。

高卒の給料が安い理由とは?

高卒の給料が安い理由とは?

高卒の給料が安い理由は、日本が「学歴社会」だからです。

給料が高い企業の多くは大卒を求める為、必然的に高卒は「給料が安い企業」にしか入れません。

そもそも普通に考えて、高卒より「大卒」の方が賢いのは、明らかです。

企業側からすれば、志望者の人間性や能力を、短時間面接しただけで正確に判断することは出来ません。

YUU
「面接の場」というのは、短時間なら誰もが、無理して自分を良く見せれますからね。

そこで、最も志望者の人間性や能力を判断しやすい要素が、「学歴」なのです。

なんなら、就職の場では「大卒」が求められているのに、どう考えても不利になるのにも関わらず、あえて高卒を選ぶ時点で、その人の適性や能力が判断できます。

いわゆる、「需要と供給」を理解していない訳で、そりゃあ給料が安い企業にしか入れませんよ。

将来を見据える賢い人間(就職の道に進む場)は、これを理解しているからこそ、「奨学金」を借りてでも努力して上位の大学に進むのです。

よってこれが、「高卒の給料が安い、そもそもの理由」です。

高卒の給料が安い理由を理解すれば、対策を考えられる

高卒の給料が安い理由を理解すれば、対策を考えられる

先程の項で、「高卒の給料が安い理由」が分かりましたよね。

YUU
これが分かれば、「大卒並み~それ以上に大きく稼ぐ為の方法」が、見えてきます。

それが、以下の2つです。

給料が安い悩みを解決する方法
今から平均以上の大学に行く
自分の力で稼ぐ道に進む

では、1つずつ解説しますね。

今から平均以上の大学に行く

今から平均以上の大学に行く

高卒の給料が安い理由が学歴なのであれば、「大学」に行くべきです。

あなたが現在「高校生」なら、迷わず大学に進みましょう。

補足
もし、すでに社会人で働いている場合は、「次の項」を参考にして下さい。 
YUU
因みに、大学に行くにしても、「平均以上の大学」限定ですけどね。

平均以下の大学というのは、「大卒」という肩書を得る為だけに行ったことが、企業側にもバレているので、印象は悪くなります。

前述の通り、企業は志望者の人間性や能力を判断する要素として、「学歴」を基準にしているので、肩書を得る為だけのその行動は、どう考えてもマイナス評価にしかなりません。

そして、その無駄な行動で「4年」という時間を過ごして、若さという武器を捨てることも、賢い人間の行動ではありませんから、まず給料の高い会社には入れないです。

日本の会社では、簡単にクビには出来ない為、もし、明らかに能力が低そうな人間を採用してしまったら、高い給料を無駄に支払うことになりますからね。

よって、あなたが「平均以上の大学に受かる可能性」がある場合は、大学に進みましょう。

YUU
それ以外は、「時間とお金の無駄」であり、給料が安い悩みは解決出来ないので、無意味です。

自分の力で稼ぐ道に進む

自分の力で稼ぐ道に進む

前述の通り、高卒の給料が安い理由は「学歴」です。

しかし、それはあくまで「就職の世界」での話なので、高卒が絶対に大きく稼げないと確定している訳ではありません。

雇われずに、「自分の力で稼ぐ道」に進めば、学歴関係なく、努力のみで大きな稼ぎを得ることが出来ます。

YUU
まあ、いわば「起業」なので、給料という概念は存在しませんが。

僕自身、「30歳頃まで高卒フリーター」をやっていた為、そのまま就職の道に進めば、バイトレベルの安い給料で一生を終えることになります。

そんな人生は絶対に嫌だったので、「自分の力で稼ぐ道」に進むことを決意しました。

選んだ仕事が「ネット系」だったので、パソコン一台で自宅で行える為、バイトで生活費を稼ぎながら安全に始められた点がメリットですね。

普通のリアル起業だったら、一本で覚悟を決めて挑まなければいけない為、初めの「ジャンル選び」の時点で成功していました。

その後は、すぐに稼げたり稼げなくなったりと、紆余曲折あったものの、徐々にコツを掴んで稼ぎが安定して来た為、「安月給でこき使われる人生」を抜け出せました。

結果、今では「自宅」でノーストレスで働ける環境を手に入れたのです。

YUU
あの時、無暗に就職していれば、今頃「ブルーカラー系」で凄まじく安い給料で使われ、心身ともにボロボロになっていたでしょう。

別に、僕の様な「ネット系ジャンル」以外でも、リアルビジネスの起業、株やFXなど、高卒でも成り上がれる方法は幾らでもあります。

あくまで僕の場合は、バイトで生活費を稼ぎながら、自宅で安全に出来る点が魅力だったので、この仕事を選んだまでです。

初めは副業としてで、本業以上に安定して稼げる様になってから「専業」という選択を取れる為、あなたがリスクを負いたくなければ、おすめします。

詳細は、「以下の記事」をご覧ください。

高卒の給料が安い理由まとめ

まとめ

ここまで、

「高卒の給料が安い理由」

について、解説しました。

日本は「学歴社会」なので、基本的に高卒の扱いは悪いです。

どう考えても「高卒」の方が、人間性や忍耐力、常識、能力が劣っていそうなのは、明らかですからね。

YUU
僕自身も、大卒と会話すると「学の違い」を感じることが、多々あります。

その為、高卒では「給料の安い会社」にしか入れないということ。

社会がこの仕組みで、企業が大卒を求めているのは明らかなのに、あえて「高卒」を選択する辺りも、空気の読めなさや常識、需要と供給を理解していない証拠です。

因みに僕の場合、元々「メジャーデビュー」を目指していたので、初っから就職する気は無かった為、高卒を恥じていませんけどね。

当初の予定とは違い、音楽ではかすりもしなかったですが、その後は迷わず「自分の力で稼ぐ道」を選択しました。

あなたがまだ高校生で、平均以上の大学に受かる可能性があるなら、「大学」に行くことで安い給料で使われる人生を回避できます。

YUU
しかし、すでに高卒で働いている場合は、僕の様に「自分の力」で稼ぐしか、安い給料で使われる高卒の運命を逃れることは出来ません。

詳細は、「以下の記事」で解説しているので、興味があればご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA