高卒で社会人になるのが不安なあなたへ!その現実を教えます

高卒で社会人になるのが不安なあなたへ!その現実を教えます

「高卒で社会人になるのが不安」
「どういう未来が待っているのか?」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

一般的に、社会において高卒の扱いは、凄まじく悪いです。

その為、給料も安く永遠に下っ端で、こき使われるイメージがありますよね。

なので、高卒で社会人になることを、「不安」に感じていると思います。

しかし、中には「高卒でも出世している人」が居るのも事実。

そう考えると、「本当の所はどうなの?」と、疑問に思うのではないでしょうか?

YUU
因みに、僕自身は30歳頃まで高卒フリーターであり、「その後の僕の現在」についても、参考までにお話ししますね。

よって当記事では、

「高卒で社会人になるのが不安」
「どういう未来が待っているのか?」

この様な悩みを抱えるあなたに、その現実をお話しします。

高卒で社会人になるのが不安な直観は大正解!

高卒で社会人になるのが不安な直観は大正解!

結論から言えば、高卒で社会人になることを不安に感じる、あなたの直感は「大正解」です。

YUU
日本はゴリゴリの「学歴社会」なので、圧倒的に高卒に対する扱いは、凄まじく悪いですから。

給料が高く、安定性のある優良企業は、沢山の「大卒」が志望する為、当然の様に高卒は弾かれます。

逆に、条件が悪い中小や零細企業」には、大卒が集まりにくいので(一応一定数は来る)、高卒でも就職できるということ。

まず、就職の時点ですら高卒と大卒には、この様な「差」があるのです。

そして会社で働く際も、大抵の会社には「大卒枠」と「高卒枠」がある為、任される仕事や給料、昇進のレベルにも雲泥の差があります。

高卒が配属されるのは、大卒がやらない下っ端の現場作業がメインで、安月給かつ昇進にも制限がある場合が多いです。

YUU
その為、多くの高卒がこの環境で働き続けると、大卒に対して強烈な「劣等感」を感じるそうです。

この仕組みによって高卒は、一生安月給かつ、大卒の下っ端でこき使われる人生になるということ。

因みに、一部の高卒で大出世している人は、「超仕事が出来る天才」です。

前述の通り、そもそも社会の仕組み的に、高卒は上に上がれない立場にも関わらず、それすら関係なく、仕事が出来る為に出世してしまった例外だということ。

つまり、会社に大きな利益を生む為、会社的にも出世させたいレベルの人材だからこそ、高卒でありながら成り上がったのです。

果たして、大卒ですら少ないのに、高卒にこんな天才が、そう現れるでしょうか?

当然、「99%の高卒には無理」なので、これは高卒の成功例にはならないということ。

YUU
これを勘違いして、「高卒でも出世できるじゃん!」と、高卒のまま就職すると、痛い目を見るのでご注意ください。

高卒で社会人になるのが不安な場合の対処法

高卒で社会人になるのが不安な場合の対処法

高卒で社会人になるのが不安なあなたには、「2つの対処法」を紹介します。

それが、以下のもの。

高卒で社会人になるのが不安な場合の対処法
平均以上の大学に行く
自分の力で稼ぐ道に進む

では、1つずつ解説しますね。

平均以上の大学に行く

平均以上の大学に行く

高卒で社会人になるのが、不安な場合の対処法の1つ目は、

「平均以上の大学に行く」

というもの。

あなたがまだ高校生なら、絶対に「大学」に行った方が良いです。

ただし、「平均レベル以上の大学」に限りますけどね。

それ以下の大学というのは、ただ「大卒」という肩書が欲しくて行っただけなのが、企業側にバレています。

その行動理由と、無駄に4年という時間を費やして若さを捨てる位なら、まだ「高卒の新卒」で就活した方がメリットがあるのです。

仮に、平均以下の大学を卒業した場合、「大卒」という枠で就活をする訳ですから、優良企業を志望する場合は、有名大学のライバルがゴロゴロ居ます。

YUU
当然、「平均以下の大学卒の人間」が、彼らに勝てる筈がありませんよね?

結果、わざわざ4年を費やして大学に通ったのに、相当に条件を下げないと就職できなくなるのです。

それなら、「新卒の高卒」で就職した方が、ライバルが弱く、就活が成功する可能性が高くなります。

よって、あなたが「平均以上の大学」に受かる可能性があるなら、大学に行きましょう。

それ以外は、「時間とお金の無駄」でしかないので、次の項を参考にして下さい。

自分の力で稼ぐ道に進む

自分の力で稼ぐ道に進む

高卒で社会人になるのが、不安な場合の対処法の2つ目は、

「自分の力で稼ぐ道に進む」

というもの。

高卒が社会で扱いが悪いのは、「学歴」で稼ぎや立場が決まってしまう、就職の世界の仕組みによるもの。

そりゃあ、この道に高卒が進めば、ボロクソに使われて当然です。

しかし、「自分の力で稼ぐ道」なら、学歴関係なく、結果さえ出せば大卒以上に大きく稼げます。

YUU
収入形態が「歩合」になる為、まあ当たり前の話ですね。

僕自身、「30歳頃まで高卒フリーター」(メジャーデビューを目指していました)だったので、自分のスペック的に仮に就職した場合、ブルーカラー系で安月給で使われる運命が確定しています。

一時は「この現実」に直面し、自分の将来が不安でたまりませんでした。

とはいえ、上記の様な人生は絶対に嫌だったので、学歴関係なく結果次第で大きく稼げる、この「自分の力で稼ぐ道」に進む決意をしました。

僕が選択した仕事は「ネット系」だったので、パソコン1台で自宅で出来る為、バイトで生活費を稼ぎながらリスクなく安全に、成功に向けて作業できました。

YUU
普通のリアルビジネス系の起業だったら、「リスク」を掛けて一本で挑まないといけないので、初めのジャンル選びは成功しましたね。

結果、徐々に稼ぎが安定して来て、ようやく使われる側から抜け出せた、という経緯です。

今では、自宅で気楽に働ける為、「あの時に、就職しなくて本当に良かった」と、心から実感しています。

しつこい様ですが、「高卒」が就職する場合、99%安月給かつ、永遠に下っ端で大卒に使われる運命が確定します。

あなたが、この悲惨な運命を回避したければ、僕の様に「自分の力で稼ぐ道」に進むことをおすすめしますね。

詳しくは、「以下の記事」をご覧ください。

まとめ

まとめ

ここまで、

「高卒で社会人になるのが不安」
「どういう未来が待っているのか?」

この様な悩みを抱えるあなたに、その「現実と解決策」をお話ししました。

高卒で社会人になることが不安な、あなたの直感は「大正解」です。

「学歴」で、明確に稼ぎや立場が決まる就職の世界では、高卒はゴミの様に扱われます。

まあ、ゴミの様には言い過ぎましたが、高卒は主に大卒の下で「現場作業員」として使われるので、まさに歯車中の歯車です。

これは、「大学進学率が高まった現代」では、より顕著なので、今後は更に加速していくでしょう。

この悲惨な未来を回避する為には、「平均以上の大学」に進むか、僕の様に「自分の力で稼ぐ道」に進むしかありません。

YUU
僕の場合は、そもそも就職する気が無かったので、不安ではあったものの、即決で「後者」を選択しましたけどね。

選んだジャンル的に、「自宅」で気楽に稼げる為、その生活を夢見てバイトしながら努力しました。

その結果、今の使われる側から抜け出し、ノーストレスで自由に働ける環境が手に入ったのです。

あなたもこの道に興味があれば、実践してみてはいかがですか?

詳細は、「以下の記事」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA