高卒はまともな仕事に就けないのか?その真相を徹底解説します

高卒はまともな仕事に就けないのか?その真相を徹底解説します

「高卒はまともな仕事に就けない?」
「無理にでも大学に行くべきなのか?」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

就職の世界では、圧倒的に「高卒」は不利になります

YUU
その為、「大学に行くべきか?」と言われればそうなのですが、大学に興味が無い場合もありますよね。

果たして、無理してでも大学に行かないと、高卒では「まともな仕事」には就けないのか?

恐らくあなたは、この様に悩んでいるでしょう。

よって当記事では、

「高卒はまともな仕事に就けないのか?」

という、あなたの疑問にお答えします。

高卒ではまともな仕事に就けないのか?

高卒ではまともな仕事に就けないのか?

結論から言えば、「一部の例外」を除けば高卒では、まともな仕事には就けません。

ここで言う「まともな仕事」の定義は、以下の通りです。

「安定した会社かつ人並み程度の給料で、
 室内で働くホワイトカラーの仕事」

この様な条件の企業は誰もが望む為、当然多くの「大卒」が志望します。

結果、集まる大卒を蹴ってまで高卒を雇うメリットは無いので、「高卒では受からない」ということ。

高卒が働けるのは、必然的に大卒が志望しない、「条件が悪い企業」となります。

つまり、不安定かつ人並み以下の給料しか払えない、「中小や零細企業」です。

因みに、一部の例外というのは、「大企業の高卒採用枠」であり、ここに入れるのは高校時代の成績優秀者のみ。

その為、普通の高卒には縁の無い話です。

YUU
まあ、大企業とは言えあくまで「高卒枠」なので、同じ会社で働く大卒よりは圧倒的に給料が安い上に、下っ端の現場作業をやらされる運命にありますがね。

肩書は「大企業の社員」でも、これがまともな仕事だと思うかは、個人の価値観で変わるでしょう。

何にしても、高卒はまともな仕事には就けないというのは、「事実」です。

だからこそ、これを避けたい将来を見据える人間は、奨学金を借りてでも「大学」に行くのです。

高卒フリーターやニートでは、更にまともな仕事には就けません

高卒フリーターやニートでは、更にまともな仕事には就けません

高卒ではまともな仕事に就けないのは、事実です。

とは言え、それはまだマシな方。

「高卒フリーターやニート」の場合は、更に条件を下げなければ、仕事は見つかりません。

大抵は、「工場作業や肉体労働」などの、ブルーカラー系にしか就けないでしょうね。

その為、これらを嫌がって働くことを諦めて、真面目に働く人間の税金を使った「生活保護」を受ける輩も、中には居ます。

YUU
決して職業差別ではありませんが、「なりたくない仕事」という意味では、まともな仕事では無いのは、誰もが思うことです。

しかし、高卒に「フリーターやニート」という要素がプラスされると、仕事を選べる立場では無くなるのです。

因みに僕自身、「30歳頃まで高卒フリーター」だったので、一時はこの様な状況に居ました。

詳しくは後述しますが、就職はせずに「自分の力で稼ぐ道」に進み、上記の絶望的な運命から脱出しています。

よって仮にあなたが、現在高卒フリーターやニートだとしても、ブルーカラー系の安月給で、こき使われる人生を回避する方法はあるので、ご安心ください。

まともな仕事に就く為に、無理にでも大学に行くべきなのか?

まともな仕事に就く為に、無理にでも大学に行くべきなのか?
「高卒ではまともな仕事には就けない」

こう聞くと、「無理にでも大学に行くべきなのか?」という疑問が生まれるでしょう。

結論から言えば、あなたの年齢や進む大学のランクで、進路は変わります。

あなたが現在、20歳以下なのであれば、卒業する頃は「24歳以下」です。

これ位なら、ライバルである22歳の大卒と、そこまで年齢差は無いので、まだ挽回できます。

YUU
それ以上になると年齢が離れすぎている為、企業側も「若い方」を採用しますから、進学は無意味です。

また、あなたが進もうと思う大学が「平均レベル以上」で、そこに受かる見込みが高い場合は、進学した方が良いです。

平均レベル以下の大学の場合、「大卒」という肩書を得る為だけに進んだことが、企業側にもバレている為、非常に印象が悪くなります。

そこで無駄に4年を過ごして、貴重な武器である「若さ」を失うなら、まだ高卒の新卒で就職した方が、メリットがあるのです。

まともな仕事に就こうと思ったら、平均以上の大卒がライバルになるので、「大卒」という枠で勝負すれば勝ち目はありませんからね。

それなら、若い内に「高卒」で就職した方が、就活に失敗してフリーターになる可能性は、かなり低くなります。

高卒がまともな仕事に就けないのは、就職の世界の話

高卒がまともな仕事に就けないのは、就職の世界の話

先程もお話ししましたが、僕は30歳頃まで「高卒フリーター」でした。

元々は、メジャーデビューを目指して上京したのですが、全くかすりもせずに、気付けば「30歳フリーター」になっていたのです。

自分のスペック的に、このまま就職すれば、ブルーカラー系で安月給でこき使われる運命が、目に見えています。

つまり、まともな仕事には就けず、まともな人生を送れない運命が確定するということ。

その為、就職はしないで「自分で稼ぐ道」を選びました。

YUU
これなら、仕事は自分で選べますし、収入形態が歩合制なので、「結果」さえ出せば、大卒以上に稼げますからね。

その方法は、「リアルビジネス」で起業するか、「株やFX」をやるなど、幾つかの選択肢はありましたが、これらはリスクや初期費用が掛かりすぎる為、断念しました。

そんな中見つけたのが、「ブログ運営」です。

これは、特定のジャンルに特化した発信を行って、関連した広告を貼ったり、商品を紹介して収益を上げる仕事です。

基本的に低資金かつノーリスクで、パソコン一台で自宅で出来る為、「これしかない!」と思い飛びつきました。

その後は、バイトで生活費を稼ぎながら作業を続け、徐々に稼ぎが安定して、「安月給でこき使われる運命」から抜け出すことが出来ました。

YUU
今では、自宅でノーストレスで気楽に働けますから、あの時に就職を選択しなくて、本当に良かったです。

この様に、たとえあなたが「高卒」、もしくは「フリーターやニート」というスペックが乗っかっていても、安月給でこき使われる運命を回避する方法は、存在します。

別に、リアルビジネスの起業、株やFXでも良いですけどね。

あくまで、この「ブログ運営」は最も現実的な方法だと思うので、僕が実践し、経験上おすすめだと感じた為に紹介したまでです。

興味があれば、実践してみてはいかがですか?

まとめ

まとめ

ここまで、

「高卒はまともな仕事に就けないのか?」

という、あなたの疑問にお答えしました。

高卒ではまともな仕事に就けないのは、紛れもない「事実」です。

高卒の9割は、不安定な会社で、安月給でこき使われる運命になるのです。

そして、「高卒フリーターやニート」であれば、更に下のブルーカラー系しか、就職先はありません。

これらは、あくまで感情論」で言えば、まともな仕事ではないと、誰もが思うでしょう。

YUU
それが嫌だから、将来を見据える人間は、「大学」に行くのですからね。

とは言え、別に高卒だからまともな仕事に就けないこと(安月給でこき使われる運命)が、確定する訳ではありません。

あくまでそれは、学歴で稼ぎや立場、職種が決まる「就職の世界」の話なので。

「自分で稼ぐ道」に進めば、結果さえ出せば大卒以上に稼いで、成り上がれます。

その方法はリアルに起業する、株やFXをやるなど幾つかありますが、僕の場合は最も現実的な、「ブログ運営」を選択したということ。

YUU
大した資金が掛からずリスクも無い上に、大きく稼げて「自宅」で出来るので、結果さえ出せば気楽に働ける環境が手に入りますからね。

詳しくは、「以下の記事」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA