高卒で就職か進学かで迷うあなたへ!その悩みにお答えします

高卒で就職か進学かで迷うあなたへ!その悩みにお答えします

「高卒で就職するか進学かで迷う」
「どちらを選んだ方が得するのか?」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

高卒で就職するか進学かは、ある意味「究極の選択」です。

どちらも失敗したら、凄まじく後悔する羽目になるので、迷うのは当然のこと。

高卒で就職した場合は、「永遠に大卒の下っ端」で働き、給料や待遇も低くなります。

進学したとしても、学力が足りずに「浪人」「留年」すれば新卒ブランドは無くなり、高卒の新卒で就職した方が得することもあるのです。

YUU
その為、高卒で就職するか進学か「判断基準」を知りたいですよね。

よって当記事では、

「高卒で就職するか進学かで迷う」

という、あなたの疑問にお答えします。

高卒で就職するか進学かで迷う場合の判断基準とは?

高卒で就職するか進学かで迷う場合の判断基準とは?

高卒で就職するか進学かで迷う際は、「とある基準」で判断できます。

進学先が「大学」である場合は、以下の通りです。

現在あなたが20歳以下かつ、
 平均以上の大学に受かるなら進学
それに当てはまらない場合は就職

現在あなたが「20才以下」であれば、卒業時は24歳以下になります。

これ位なら、まだ新卒としてもギリギリ価値がある年齢なので、あくまで「年齢的」に言えば、進学する道はアリです。

YUU
それ以上になると、あなたが志望する企業を狙うライバルとの「年齢差」が明らかになるので、相当苦戦するでしょうからね。

そもそも企業側からしたら、一切迷うことなく、どう考えても「若い方」を採用したい筈なので。

また、それに加えて「平均レベル以上の大学」に合格できるというのも、進学の判断基準の1つです。

一般的に平均以下の大学というのは、肩書は「大卒」でも、就活の際に大したメリットはありません。

いわゆる「Fラン」といわれる大学で4年過ごすなら、高卒の新卒で就職した方が、良い条件で就職できます。

誰でも入れるFラン大学卒で遊んできた22歳より、高卒新卒の18歳の方が、就活の際に有利に働くのです。

YUU
「若さ」というのは、誰でも一定期間は使える最強の武器なので、有効活用することを勧めます。

すぐに就職せずに、大学で遊びたい気持ちは分かりますが、のちのち就活で後悔することを考えると、高卒で就職する方が絶対に得しますからね。

よって、「高卒で就職するか進学か」で迷う際は、これを基準に考えて下さい。

高卒で就職か専門学校に行くかで迷う際の判断基準

高卒で就職か専門学校に行くかで迷う際の判断基準

進学先が大学ではなく、「専門学校」である場合は、話が変ります

行きたい専門学校が、医療系や福祉、エンジニア、農業など、就職が現実的なジャンルであれば、年齢がどうであろうが、迷うことなく行った方がいいです。

これらは、「スキル」を身に付けたり「資格」を取得すれば、ほぼ確実に就職できるジャンルなので、その仕事を望むのであれば行くべきです。

しかし、「音楽系や声優」など、卒業したからといって稼げる保証が無いジャンルは、おすすめしません。

YUU
まあ、行くのはあなたの勝手ですが、99%その道には進めずに、結局普通に「サラリーマン」をやる羽目になりますから。

そしてその際は、「新卒ブランドが使えない高卒フリーター」となります。

そのスペックで就活する際は、まず優良企業には入れないと思った方が良いですね。

高確率で、人並み以下の給料でこき使われる人生が確定します。

よってあなたが、「現実的に就職できるジャンルの専門学校」に進学したい場合は、迷う必要はありません。

それ以外のジャンルは、まず無理なので、「高卒の新卒ブランド」が使えるうちに、就職することをおすすめします。

進学や就職で迷う必要なし!高卒でも成り上がれる方法

進学や就職で迷う必要なし!高卒でも成り上がれる方法

あなたは、本気で就職したいと思っていますか?

就職したくない場合は、それはそれで問題ありません。

YUU
何故なら、高卒でも大卒以上の稼ぎを得て、成り上がれる方法が存在するからです。

それが、「自分で稼ぐスキル」を身に付けることです。

高卒が、大卒以下の給料や立場でこき使われるのは、「学歴」でそれらが明確に決まってしまう、就職の世界の話。

就職の世界では、大卒が最強で高卒は「ゴミ」の様に使われるので、必然的に立場が低くなるのです。

しかし、「自分の力で稼ぐ道」では、結果さえ出せば大卒以上に稼げます。

YUU
僕自身、「30歳頃まで高卒フリーター」をやっていて、普通に就職すれば、安月給のブルーカラー系の仕事で人生が終わっていたと思います。

それは絶対に嫌だったので、一切迷うことなく、「自分の力で稼ぐ道」を選択することに決めました。

職業的に、パソコン一台で「自宅」で出来る仕事なので、しばらくはバイトで生活費を稼ぎながら作業する日々が続きました。

そして徐々に稼ぎが安定し、ようやく「高卒フリーターの悲惨な人生」から抜け出せたという流れです。

前述の通り高卒は、普通に就職すれば安月給で、一生大卒にこき使われる人生が確定します。

それを回避する為には、「自分で稼ぐスキル」を身に付けるしか、方法は無いのです。

YUU
あなたが就職が嫌で、この様な人生を送りたくない場合は、僕の経験上という意味でも、「自分で稼ぐ道」に進むことをおすすめします。

詳しくは、「以下の記事」をご覧ください。

まとめ

まとめ

ここまで、

「高卒で就職するか進学かで迷う」

という、あなたの疑問にお答えしました。

高卒で進学するべきなのは、「20才以下」かつ、「平均以上の大学」に受かる人のみです。

それ以外は、無駄に「4年」という時間を送ることで、就活で苦労することになります。

YUU
まあ、人並み以下の給料でこき使われる会社なら、適当な大学でも就職できますがね。

そうではなく「優良企業」に入りたい場合は、上記の要素は必須です。(高卒採用枠がある場合が多いので)

専門学校に行く際は、卒業すれば就職できる現実的なジャンルの場合は、迷うことなく行きましょう。

それ以外の現実的ではない「芸能や声優」などは、時間とお金を無駄にするだけなので、避けた方が良いです。

あなたが、僕の様に就職する気が無い、もしくは安月給でこき使われる人生を回避したい場合は、「自分で稼ぐ道」に進みましょう。

YUU
僕が実践している「ブログサイト運営」なら、パソコン一台で自宅で出来るので、気軽に実践できますから。

あとは、稼ぎを安定させて「専業」になれば、雇われ使われる側から抜け出し、自由になれます。

詳しくは、「以下の記事」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA