ちょっと宣伝です。

U-NEXTでは簡単な登録で、「31日間無料」で映画やドラマ、アニメを視聴できる、お得なサービスがあります。

もし気に入らなければ、期間内に解約すれば無料で利用可能なので、興味があればどうぞ!


高卒ニートは社会復帰できる?その現実を教えましょう

高卒ニートは社会復帰できる?その現実を教えましょう
「高卒ニートは社会復帰できるのか?」
「社会復帰する為にはどうすればいい?」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

「高卒ニート」であれば、将来に不安を感じるでしょう。

年齢によっては、「社会復帰が絶望的な人」も居ます。

ニートは主に実家暮らしなので、親が定年退職した後、もしくは死んだ後の自分の人生を考え、不安になって社会復帰を望む人が多いです。

YUU
僕自身も、「30歳ごろまで高卒フリーター」をやっていましたが、一時は将来に焦りを感じましたからね。(今では自宅で気楽に働いています)

よって当記事では、

「高卒ニートが社会復帰した際の現実」
「社会復帰する為に必要なこと」
「YUUが社会復帰した方法」

について、詳しく具体的に解説します。

高卒ニートが社会復帰した際の現実とは?

高卒ニートが社会復帰した際の現実とは?

日本は、ゴリゴリの「学歴&経歴社会」です。

普通に就職する場合、あなたの稼ぎや職種、企業からの扱いは、この「学歴と経歴」でほぼ決まります。

多くの企業は「大卒かつ新卒」を求めていますから、ホワイトでまともな待遇の会社には、ほぼ大卒しか入れません。

YUU
そもそも、「まともな会社で働きたい」というのは、誰もが考えることですよね?

当然、その様な優良企業には多くの「大卒」が集まりますから、その中から高卒かつニートが選ばれる筈が無いのです。

それに比べて、ブラック企業や工場作業、肉体労働系は、普通の大卒は志望しません。

よって、唯一「高卒ニート」でも就職できるということ。

その為、高卒ニートから抜け出して社会復帰するのは良いことですが、その現実は「安月給かつキツイ肉体労働」といった、ブルーカラー系になります。

恐らくあなたは、給料が人並みで仕事もキツくなく、エアコンの効いた室内でのデスクワークを求めているでしょう。

しかし、それは前述の通り多くの人が求める条件であり、「大卒」が志望する為、高卒ニートには身分不相応なのです。

YUU
これが、「高卒ニートの社会復帰の際の現実」です。

この様な人生になりたくないからこそ、将来を見据える人間は大学に行き、新卒で就職するということ。

それをしなかった人間が、彼らからその席を奪い取れる筈がありませんからね。

高卒ニートがまともに社会復帰する為に必要なこと

高卒ニートがまともに社会復帰する為に必要なこと

高卒ニートでも、仕事を選ばなければ社会復帰(就職)は出来ます。

でも、その際の職種はブルーカラー系しかありませんから、あなたは嫌でしょう。

それを避ける為には、「自分の力で稼ぐスキル」を身に付ける必要があります。

高卒ニートの扱いが悪いのは、学歴や経歴で稼ぎや職種が決まる、「就職の世界」の仕組みによるもの。

YUU
「雇って貰う立場」であれば、大卒かつ新卒のスペックが最強であり、高卒ニートは扱いが悪くて当然ですからね。

だからこそ、競争が少ない業界である、ブルーカラー系しか行き先が無いということ。

しかし、「自分の力で稼ぐスキル」を身に付ければ、収入形態が違うので、大卒以上に稼ぐことが可能です。

会社に雇われる必要が無いので、命令されたりこき使われることもありません。

まあ、あなたがどうしても「就職」の方向で社会復帰したいと思うなら、止めませんけどね。

ただし、前述の通りほぼ間違いなく、安月給かつ仕事もキツイ、ブルーカラー系しか就職先は無いでしょう。

仮に今から、大学に行って大卒資格を得て就職するにしても、卒業する頃には「おっさん」です。

あなたが志望するホワイトカラーの優良企業には、「若い新卒のライバル達」がゴロゴロ居るので、果たして30歳近くの新卒もどきが彼らに勝てるのでしょうか?

YUU
まず無理でしょうしわざわざ大学に行ったのに、結局「ブルーカラー系」しかあてが無い現実は、目に見えていますね。

よって、高卒ニートであるあなたがブルーカラーから逃れる為には、「自分で稼ぐスキル」を身に付けるしかないのです。

僕は30歳高卒フリーターから社会復帰しました

僕は30歳高卒フリーターから社会復帰しました

僕自身、30歳頃まで「高卒フリーター」をやっていました。

その理由は、メジャーデビューを目指していたからです。

卒業式の一週間後に上京し、バイトで生計を立てながら音楽活動をしていたものの、全くかすりもせずに気付けば「30歳」を超えていました。

普通はここで「就職」を考えるのですが、自分のスペック的に、ブルーカラー系でこき使われる人生は明らかだったので、それは選択しませんでしたね。

YUU
自分がその運命から逃れて成り上がる為には、「自分で稼ぐスキル」が必須だと感じたのです。

色々探した結果、自宅で気軽に出来る「ブログサイト運営」が、最も現実的だと感じました。

普通に起業する際は、お金が掛かりますしリスクも大きいので、それは嫌でしたからね。

このブログサイト運営なら、ドメインやサーバー代位しか掛からない上に、パソコン一台で「自宅」で出来るので、これしかないと思ったのがその理由です。

その後は、バイトで生活費を稼ぎながら実践し、すぐに稼げたと思ったら稼げなくなったりと、紆余曲折ありましたが、徐々に稼ぎが安定し、ようやく自由になれたという経緯です。

もしあの時、「就職の道」を選択していたらと思うと、ゾッとしますね。

今は自宅で働けますから、ノーストレスで快適この上ないです。

誰にも命令されないので、自由極まりない毎日を送れています。

YUU
まあ、自宅で働く仕事を「社会復帰」というかは、分かりませんがね(笑)

この様に、30歳頃まで高卒フリーターをやっていた僕は、恐らく「あなたと同じ」か、「それ以上」にヤバい状況でした。

その経験上、あなたが「ブルーカラーで働く悲惨な人生」を回避して社会復帰する為には、この仕事を実践することをおすすめします。

ニートであれば、時間に余裕がある筈なので、より短期間で稼げるでしょうからね。

まとめ

まとめ

ここまで、

「高卒ニートが社会復帰した際の現実」
「社会復帰する為に必要なこと」
「YUUが社会復帰した方法」

「高卒ニート」に対する社会の扱いは、凄まじく悪いです。

まともな企業にはまず入れないので、99%「ブルーカラー系」で人生を終えることになるでしょう。

その場合、安月給かつキツイ仕事でブラックにこき使われて、金銭的に余裕が無いので、定年後は若者に交じって、「バイト」で生計を立てる人生が確定します。

年齢的に、自分の子供の様な学生が先輩になる可能性が高い為、彼らに敬語を使って怒られる悲惨な老後を送ることになるのです。

田舎は分かりませんが「東京」であれば、コンビニで大学生位の若者にこき使われる、おじさんバイトを、よく見かけます。

YUU
あれが、「今後あなたが辿る未来」なのです。(僕も就職してたら、そうなっていたでしょう)

その人生を回避する為には、「自分の力で稼ぐスキル」を身に付けるしか、方法はありません。

詳しくは、「以下の記事」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA