高卒ニートの19歳はどうすればいい?その答えを教えましょう

高卒ニートの19歳はどうすればいい?その答えを教えましょう

「高卒ニートの19歳はどうすればいい?」
「進学と就職どちらを選ぶべきなのか?」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

「高卒ニートの19歳」というスペックは、そこまで最悪ではありません。

YUU
僕の場合は、「30歳ごろまで高卒フリーター」でしたからね(笑)

世の中には以前の僕の様な、ヤバめなスペックのフリーターやニートがゴロゴロ居るので、それに比べたら「19歳」という若さは、幾らでもやり直しが効きます。

ただし、「ニートという職歴なし期間」がある為、新卒の高卒や大卒に比べると、苦難の人生になることは覚悟して下さい。

だからこそあなたは、大学に行くか若い内に就職するかで悩んでいるのでしょう。

よって当記事では、

「高卒ニートの19歳はどうすればいい?」

という、あなたの疑問にお答えします。

高卒ニートの19歳は大学に行くべきなのか?

高卒ニートの19歳が就職した際の現実

結論から言えば、「大学」には行った方が良いです。

もっと年をとっている場合、大学に行っても卒業する頃には、「20後半のおっさん」になっている為、就職ではかなり苦労しますからね。

その為、「19歳」ならまだやり直しが効きますから、その選択はアリです。

ただし、それはあくまで「平均レベル以上の大学」に行く場合の話。

YUU
残念ながらそれ以下の大学は、肩書は「大卒」でも、社会的には評価されません。

それに加えて、「ニート期間」があるあなたの場合は、更に企業側の印象が悪くなるでしょう。

平均以下の、いわゆる「Fラン」の大学は、ただ大卒という肩書が欲しくて行っただけ、というのが丸分かりになるのです。

まあ、安月給で安定性の無い会社でも、あなたが「就職出来ればどこでもいい」というなら、Fランでも通用しますがね。

そうではなく、まともな会社に入りたければ、Fラン大学卒業」の肩書は無意味だということ。

よって、あなたが「平均レベル以上の大学」に受かる可能性が高いなら、進学するべきです。

YUU
逆に、それが出来ない場合は、時間とお金の無駄なので、あなたの唯一の武器である「若さ」を失いますから、進学は辞めた方が良いです。

高卒ニートの19歳が就職した際の現実

高卒ニートの19歳が就職した際の現実

前述の通り、あなたが「平均レベル以下の大学」しか受からないなら、進学は無意味です。

よって、進学しない場合は就職することになりますね。

その場合は、あなたが求める条件の会社には入れない、と思った方がいいです。

恐らくあなたが求めるのは、「以下の条件」でしょう。

「人並み程度の給料」
「ホワイトカラーの会社」
「それなりに安定性のある会社」
「肉体的にキツくない仕事(事務系など)
「エアコンの効いた快適な労働環境」

この様な企業に入れるのは、「新卒」もしくは「有益な資格持ち」だけです。

ただの「無資格高卒ニート」では、いくら19歳で若かろうが相手にされません。

YUU
よって、入れるのはせいぜい「工場作業や肉体労働系」か、「飲食系」ですね。

言うまでも無くどちらも、肉体的にキツく安月給かつ、ブラックな業界です。

とは言え「19歳」で入れば、全然適正な年齢なので、まだマシだと思うしかありません。

おっさんになってから就職した場合、新人として年下に使われる悲惨な人生になりますからね。

あなたが、この様な仕事をしたくない気持ちは分かりますが、これが「高卒ニートに対する社会の扱い」だということ。

高卒ニートのあなたが成り上がれる唯一の方法

高卒ニートのあなたが成り上がれる唯一の方法

たった一つだけ、高卒ニートでも成り上がれる方法があります。

それは、「自分の力で稼ぐスキル」を身に付けること。

高卒ニートが底辺職かつ安月給で使われるのは、「学歴や今までの経歴」で収入や扱いが決まる、就職の世界に進むからです。

その仕組みを考えれば、「高卒ニート」なんて最悪な評価になって当然です。

しかし自分の力で稼げば、「出した結果」がそのまま収入に反映されるので、大卒以上の稼ぎも得られます。

YUU
僕自身、「30歳高卒フリーター」という地獄の様なスペックだったので、就職した場合は絶望的な人生が待っていたでしょう。(18歳で上京し、メジャーデビューを目指していました)

当然、そんな人生は嫌だったので、「自分の力」で稼ぐことを決めました。

そこで選択したのが、「ブログやサイト」を使って広告収入を得る仕事です。

これは、有益な記事を書いてアクセスを集めて、発信ジャンルに関連した広告を貼ったりして、お金を稼ぐという仕組みの仕事。

初めてすぐに稼げたと思ったら、稼げなくなったりと紆余曲折ありましたが、徐々に稼ぎが安定したことで、フリーターの絶望的な運命から抜け出し、今に至るという経緯です。

因みに、僕がこの仕事を選んだ理由は、パソコン1台で「自宅」で出来る手軽さに魅力を感じたからです。

僕は、バイトで生活費を稼ぎながら実践しましたが、あなたがニートなのであれば、「時間」に余裕があるでしょう。

YUU
その為、「より短期間で稼げる可能性」が高いので、向いていると思います。

この仕事は、社会的に終わっている「高卒フリーターやニート」が、唯一成り上がれる方法です。

あなたが今後、ブルーカラー系や飲食に就職し、安月給でこき使われたくない場合は、実践をおすすめします。

詳しくは、「以下の記事」をご覧ください。

まとめ

まとめ

ここまで、

「高卒ニートの19歳はどうすればいい?」

という、あなたの疑問にお答えしました。

あなたが「19歳」であればまだ若いので、大学に行くのもアリです。

ただしそれは、「平均レベル以上の大学」に行く場合の話。

それ以下の大学は、肩書は大卒でも社会的な扱いは、「高卒」に毛が生えた様なものです。

YUU
なんなら、年齢が若い分、「新卒の高卒」の方が評価されますからね。

あなたが、平均レベル以上の大学に行けないなら、即「就職」した方が、長い目で見るとメリットがあります。

ただし、19歳でも「高卒ニート」である為、まず良い条件の会社には就職できません。

社会の仕組み的に、こればっかりはどうしようもないのです。

あなたが無資格なら、「ブルーカラー系」「飲食」くらいしか雇ってくれないでしょう。

それが嫌なら、「自分の力で稼ぐ道」に進むしかありません。

ニートであれば時間は膨大にあるでしょうから、「ブログサイト運営」なら自宅で出来る為向いている上に、努力次第では大卒以上に稼げます。

YUU
僕の様に、安月給でこき使われる人生から抜け出して、「自宅」で快適に働ける様になるのです。

何事も早い方が良いので、興味があれば実践してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA