高卒ニートの就職は無謀過ぎ!その理由と唯一の成功法を教えます

高卒ニートの就職は無謀過ぎ!その理由と唯一の成功法を教えます

「高卒ニートだけど就職したい」
「給料が良くキツくない仕事が良い」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

「高卒ニート」というスペックは、社会的に終わってます。

その為、あなたが想像している100倍は、就職で苦労すると思って下さい。

YUU
まず、あなたが求める給料や職種の仕事には就けませんからね。

ほぼ場違いなく、全てにおいて人並み以下の条件の会にしか、就職できないでしょう。

この様に、高卒ニートが就職の道に進むと、上記の様な人生が確定するということ。

しかし、たった1つだけ高卒ニートでも、大卒以上の稼ぎを得る方法があります。

胡散臭いものではなく、極めてまっとうな方法」で実現することが出来るのです。

YUU
僕自身も、「30歳頃まで高卒フリーター」をやっていて、社会的にはほぼ同じ扱いでしたが、この方法によって成り上がれましたからね。

よって当記事では、

「高卒ニートが就職する際の現実」
「高卒ニートでも大きく稼げる方法」

について、詳しく具体的に解説します。

高卒ニートが就職で苦労する理由と現実

高卒ニートが就職で苦労する理由と現実

「高卒ニート」の社会的な扱いは、最低レベルです。

そもそも日本は学歴社会なので、大半の企業は「大卒」を優遇します。

給料が良くて安定性のある会社には、沢山の大卒が集まる為、高卒が採用されることは、ほぼありません。

補足
大企業などで高卒採用枠はありますが、その条件は「新卒かつ成績優秀者のみ」なので、高卒ニートでは当然無理ですからね。

その為、高卒はもっと条件を下げないと、就職はできないということ。

基本的には、給料が安く安定性の無い中小や零細企業が、メインになるでしょう。

YUU
ただし、ここに就職できるのは、高卒であっても「新卒」が主な対象です。

高卒ニートは、「高校卒業後に、何もしなかった期間がある人間」なので、更に印象が悪くなり、これ以上に条件を下げないと就職はできないのです。

結果、高卒ニートが就職できるのは、「工場や肉体労働」などのブルーカラー系のみ、となります。

ここに就職できる理由は簡単で、安月給かつ仕事もキツく、保証も皆無レベルの環境の為、常に「人手不足」だからです。

基本的に「単純作業」なので、誰でも出来る可能性が高い仕事ですから、高卒ニートでも就職できるということ。

YUU
まあ、個人経営の店なら人柄を気に入られれば、就職できる可能性はありますが、「例外中の例外」なので、まず無いと思った方が良いですね。

よってこれが、「高卒ニートが就職で苦労する理由と現実」です。

高卒ニートというスペック的に、あなたが求める条件では就職できない

高卒ニートというスペック的に、あなたが求める条件では就職できない

高卒ニートの主な就職先は、「工場や肉体労働」などのブルーカラー系です。

勿論あなたは、こんな仕事をやりたくないと思うでしょう。

恐らく、あなたの「希望条件」は、

「人並み程度の給料」
「きつくない仕事」(事務系など)、
「安定性のある会社」、「ホワイト企業」

この様なものだと思います。

しかし、これは高卒ニートには「不相応」な条件です。

これらの条件は、誰もが求めるものなので、これを兼ね備えている企業には、多くの「大卒」が集まります。

その中から、大卒を落として高卒ニートを採用すると思いますか?

YUU
普通に考えて、あり得ないですよね。

まだ、高卒でも新卒なら可能性はありますが、卒業後に期間が空き、「ニート」というスペックが付くと、まず無理なのです。

それに比べ、工場や肉体労働の場合、まず大卒は集まりませんし、労働条件が悪いので定期的に多くの退職者が出ます。

だからこそ、「高卒ニートでも良いから採用したい」となるということ。

つまり、「工場や肉体労働」などのブルーカラーは、高卒ニートに適正な職業であり、

「人並み程度の給料」
「きつくない仕事」(事務系など)、
「安定性のある会社」、「ホワイト企業」

これらは、身の丈にあっていない条件なのです。

高卒ニートが就職せずに成り上がれるたった1つの方法

高卒ニートが就職せずに成り上がれるたった1つの方法

高卒ニートでも、大卒以上の稼ぎを得る方法が、1つだけあります。

それは、「歩合制の仕事」を行うこと。

高卒ニートの扱いが悪いのは、学歴や経歴で稼ぎや立場が決まってしまう、「固定給の世界」の仕組みによるものです。

この世界では、学歴は当然として、今までの人生の経緯も評価の基準になるので、大卒でも高卒でも、「新卒」を求められます。

YUU
その価値観で言えば、「高卒ニート」は扱いが悪くて当然ですよね。

しかし、歩合の世界では学歴は一切関係なく、「出した結果のみ」で稼ぎが決まり、それが直接収入には寧される収入形態です。

よって、高卒ニートであっても、結果さえ出せばサラリーマンの次元を超えた稼ぎを得られるということ。

それこそ、「月収100万円以上」を稼ぐことも可能です。

歩合制の仕事には、幾つかのものがありますが、おすすめは「ネット系歩合ビジネス」ですね。

これはパソコン1台で「自宅」で出来るので、ニートであればより向いていますし、時間に余裕がある筈なので、短期間でスキルを身に付けて稼ぎを増やせるでしょう。

多くの人は、バイトやサラリーマンで働く傍ら、「副業」として始めるので、取れる時間に制限があり、成功までに時間が掛かります。

YUU
僕自身も、バイトで生活費を稼ぎながら実践したので、時間を取るのには苦労しましたからね。

しかし「ニート」であれば、最も環境的に向いているので、より短期間で大きな稼ぎを得られるということ。

歩合の仕事は他にもありますが、これ程、高卒ニートに向いているものは存在しません。

高卒ニートが普通に就職する場合は、ブルーカラー系でこき使われる人生が確定するので、それを回避して成り上がりたい場合は、実践をおすすめします。

まとめ

まとめ

ここまで、

「高卒ニートが就職する際の現実」
「高卒ニートでも大きく稼げる方法」

について、解説しました。

「高卒ニート」に対する社会の扱いは、最悪です。

まず、あなたが求める条件の会社や職種には、就職できません。

間違いなく、安月給かつ仕事もキツい、肉体労働や工場作業などしか見つからないでしょう。

YUU
僕自身も、「30歳頃まで高卒フリーター」というスペック的に、就職の道に進んでいたら、ここで働く運命だったと思います。

しかし、それは絶対に嫌だったので、学歴関係なく稼げる「歩合の仕事」を始めました。

それが、前述の「ネット系歩合ビジネス」です。

バイト終わりに自宅で作業という日々を継続し、徐々に稼ぎが安定した為、ようやく底辺人生を抜け出せたという経緯です。

あなたがニートなのであれば、時間は膨大にある為、より「短期間」で稼げる可能性が高いです。

今の人生を変えて、高卒ニートを抜け出したい場合は、早めに手を打っておくことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA