高卒はろくな仕事ないって本当?その真相を徹底解説します

高卒はろくな仕事ないって本当?その真相を徹底解説します

「高卒ではろくな仕事ない」
「高卒は下っ端でこき使われる」

「高卒での就職」というと、この様なイメージがありますよね。

実際、就職の世界では「大卒」が圧倒的に優遇され、高卒は非常に立場が低いです。

結果、選べる仕事の選択肢が少なくなるのは、紛れもない事実。

しかし、中には「高卒でも大企業に就職する人」が存在します。

YUU
その為、「高卒はろくな仕事ないって本当なの?」と、疑問に感じることもあるでしょう。

よって当記事では、

「高卒はろくな仕事がない」

と言われる風潮の真相について、詳しく具体的に解説します。

高卒で出来る職種にろくな仕事がないのは事実

高卒で出来る職種にろくな仕事がないのは事実

結論から言えば、「高卒はろくな仕事がない」というのは事実です。

ただし、この「ろくな仕事がない」の定義が何なのかにもよりますが、主に以下の要素が一般的です。

人並み以下の給料」
「安定性がない会社」
「保証など待遇がいまいち」

あなたを含めた多くの人は、上記の要素とは逆の「魅力的な会社」を求めると思いますが、そこに高卒が就職するのは非常に難しいです。

当たり前ですが、魅力的な条件の会社は需要があるので、多くの「大卒」が志望します。

YUU
その中から、大卒を差し置いて高卒が選ばれる筈がありませんよね?

確かに、中には高卒でも大企業に就職する人も存在しますが、それはあくまで「ごく一部の優秀な人間」であり、扱いは高卒採用枠の現場仕事です。

つまり、高校時代に優秀である人間しか採用されませんし、大企業と言っても高卒採用枠なので、給料などの待遇はあくまで「高卒レベル」です。

ほぼ間違いなく、大卒がやらない下っ端の現場作業員としての採用なので、会社は大企業であっても、その立場は下っ端だということ。

まあ、大企業なので安定性はありますが、前述の通り、そこに入れるのは一部の優秀な高卒だけなので、「高卒はろくな仕事ないって嘘じゃん!」などと、勘違いしてはいけません。

9割の高卒は、その「ろくな仕事がない選択肢」の中から、条件を下げて妥協しなければいけないのです。

YUU
非常に厳しいですが、これが「社会の現実」です。

ろくな仕事がないものの高卒は選べる立場ではない

ろくな仕事がないものの高卒は選べる立場ではない

前述の通り、高卒ではろくな仕事はありません。

人並み以下の給料しか得られず、安定性がない中小や零細企業が主な就職先になる上に、そこでも大卒の下っ端として定年までこき使われる人生が確定します。

当然、こんな人生は嫌でしょう。

しかし、高卒は仕事を選べる立場ではない為、「就職できるだけでラッキー」だと思うべきです。

世の中が「大卒」を優遇し、高卒は就職で苦労するのは、あなたも中学生くらいには気付いていた筈。

それでも自ら高卒を選択した訳で、完全なる「自業自得」なのです。

「奨学金」という手段もあるので、家庭の経済事情は一切言い訳にはなりません。

YUU
その奨学金を余裕で返せる、「大企業」に入る努力をすれば良いのですからね。

と、ここまでは辛辣な事実をお話ししましたが、別に高卒が完全に人生終了するという訳ではありません。

高卒でも、大卒以上の稼ぎを得ることは出来るので、「ろくな仕事がない」、「安月給でこき使われる」といった運命から逃れることは可能です。

僕自身、30歳頃まで高卒フリーターをやっていましたが、「とある方法」の実践により、その運命から抜け出せましたから。

詳しくは、「次の項」でお話しします。

高卒が大卒以上に稼いで成り上がる方法

高卒が大卒以上に稼いで成り上がる方法

高卒でも、大卒以上に稼ぐことは可能です。

それは、「歩合制の仕事」を行うことで実現できます。

高卒がろくな仕事がない環境で悩まされるのは、学歴で明確に稼ぎが立場が決まる、「固定給の世界」(就職)の仕組みよるもの。

YUU
この環境に「高卒」という低スペックの人間が進めば、そりゃあ扱いが悪くなって当然ですよね。

しかし、歩合の世界では学歴なんて1円の得にもならず、「出した結果のみ」で稼ぎが決まります。

自分が出した結果が、そのまま収入に反映される仕組みなので、努力次第では大卒以上に稼げるのです。

それこそ、「月収100万円以上」を得ることも可能です。

なぜか、高卒の多くは自ら「自分に不利な固定給の世界」に進む為、まるで自殺行為の様にろくな仕事がない状況に陥り、安月給でこき使われます。

これって、おかしな行動だと思いませんか?

YUU
僕は「30歳頃まで高卒フリーター」でしたが、固定給の世界に進めば、人並み以下の人生になると分かっていたので、そこには行かず、歩合の世界を目指しましたからね。

その選択のおかげで、高卒の運命から逃れて、「自由」な今の環境が手に入りました。

よって、あなたが安月給でこき使われる人生を回避したい場合は、「歩合の世界」に進むしか方法はないのです。

高卒がリスクなく安全に成り上がれる方法

高卒がリスクなく安全に成り上がれる方法

歩合制の仕事と言えば、「営業職」がメジャーですよね。

確かに、この仕事で結果を出せば、大卒以上に稼げます。

でも、営業職になるからには、副業としては難しいので、「それ一本」で覚悟を決めてチャレンジしなければいけません。

その場合、歩合のデメリットである「結果が出なければ稼げない」という状況になった際、生活に支障が出る危険があります。

YUU
よって、「やりたいけどリスクが怖い」と、中々実践できないのが本音でしょう。

しかし、「ネット系歩合ビジネス」なら、パソコン1台で自宅で出来るので、副業という形で他の仕事と並行して行えます。

この特性により、一切生活の心配をすることなく、「安全」に収入を増やして行けるのです。

僕自身も、この「ネット系歩合ビジネス」のおかげで、バイトで生活費を稼ぎながら安全に実践出来ましたからね。

あとは、本業以上の稼ぎを安定させて「専業」になれば、晴れて高卒のしがらみから解放され、完全在宅でストレスフリーで自由に働ける様になります。

歩合の仕事は他にもありますが、これ以上に高卒が安全に成り上がれる方法は存在しません。

YUU
あなたが、安月給でこき使われる高卒の運命を回避したい場合は、早めの実践をおすすめします。

まとめ

まとめ

ここまで、

「高卒はろくな仕事がない」

と言われる風潮の真相を、解説しました。

「高卒はろくな仕事がない」というのは、事実です。

いわゆる、多くの人が求める「良い条件&待遇」の会社には、高卒はまず入れません。

「一部の優秀な高卒」は大企業に入れますが、そこでの環境は、やはり高卒に見合った立場や待遇です。

まともな会社であれば、大卒と高卒には「埋められない差」があるので、全てにおいて違うのです。

あなたが大企業に入れるレベルの人間なら、高卒採用枠で、そこに進みましょう。

そのレベルではない場合は、必然的に就職できるのは「中小や零細企業」なので、ろくな仕事がない現実を受け入れるしかありません。

YUU
この場合は、「安月給でこき使われる運命」が確定しますがね。

それが嫌で、この人生を回避したいのであれば、「歩合の世界」に進みましょう。

前述の「ネット系歩合ビジネス」なら、自宅で安全に実践して成り上がれる、最も現実的な方法です。

あなたの未来の為にも、早めに手を打っておくことをおすすめします。

詳しくは、「以下の記事」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA