高卒浪人の無職が起死回生できるたった1つの方法!

高卒浪人の無職が起死回生できるたった1つの方法!

「高卒浪人は無職扱いされるのが嫌」
「大卒以上に稼げる様になりたい」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

どんな事情があるにしろ、「高卒浪人」というスペックは、ほぼ無職です。

志望する大学に受かれば良いですが、落ちた場合は「高卒かつ職歴なし」になり、就活の際には相当困るでしょう。

また、大学も只行けば良い訳では無く、平均以上レベル以上じゃないと、まともな大卒としては扱っては貰えません。

YUU
その為、あなたが志望する大学のレベルが低ければ、まだ「今の高卒で若い内」に就活した方が、メリットは大きいですね。

ただし、高卒の扱い自体はかなり悪いので、あなたが求める条件の会社には、まず入れないと思って下さい。

ほぼ確実に、「人並み以下の安月給」でこき使われるでしょう。

この様に、普通に就職の道を選べば、「高卒浪人の無職」というスペック的に、どうあがいてもど底辺の人生を歩む羽目になります。

しかし、「戦う場所」を変えることで、たとえ高卒浪人の無職であっても、大卒以上の稼ぎを得ることが出来るのです。

YUU
僕自身も、「30歳頃まで高卒フリーター」をやっていましたが、その方法によって起死回生できましたからね。

よって当記事では、

「高卒浪人無職が起死回生できる
 たった1つの現実的な方法」

について、詳しく具体的に解説します。

高卒浪人無職がどうあがいても人並み以下の人生になる理由

高卒浪人無職がどうあがいても人並み以下の人生になる理由

高卒浪人は、いわば「無職」です。

あなたが就職して人並み以上の人生を送る為には、平均以上の大学に合格して浪人せずに卒業し、新卒で就活するしかありません。

逆に、平均以下の大学に進んだ場合、卒業する頃には、名前だけ大卒のおっさんになっています。

その状態で、あなたが望む条件の会社を志望しても、周りには新卒で平均以下の大学を出た新卒が、ゴロゴロいる筈です。

YUU
彼らをさしおいて、「そのスペックのあなた」が採用されるとは、到底思えませんね。

結果、相当条件を下げないと採用してくれる会社は無く、その時点での経歴的に、安月給かつ不安定な会社が、主な就職先になるでしょう。

よって、「高卒浪人の無職」は、平均上の大学に進んでスムーズに卒業しなければ、人並み以下の人生を送る羽目になるということ。

中途半端な大学に進んで、そこを卒業する頃のスペックより、若い今のうちに「高卒」として就活した方が、メリットが大きいのは間違いありません。

とは言え、社会においては高卒と大卒には圧倒的な格差があるので、「人並み以下の人生」になることは確かです。

まとめると、以下の通り。

「高卒浪人の無職は、
 平均以上の大学に進まないと、
 人並み以下の人生が確定する」

「進む大学のレベルによっては、
 高卒で就活した方がメリットがある」

高卒浪人無職が起死回生できるたった1つの方法

高卒浪人無職が起死回生できるたった1つの方法

別に、レベルの高い大学に進まなくても、高卒浪人の無職が大卒以上に稼ぐ方法はあります。

それは、「歩合制の仕事」を行うことです。

高卒浪人無職の扱いが悪いのは、学歴で稼ぎや立場が決まってしまう、「固定給の世界」の仕組みによるものです。

YUU
その環境に進めば、そりゃあ「高卒浪人の無職」なんて、ゴミの様に扱われますよね。

しかし、歩合の世界に学歴は不要で、「結果」さえ出せば大きく稼げます。

自分が出した結果が、そのまま収入に反映される仕組みなので、たとえ高卒浪人の無職だろうが、大企業で働く大卒を上回る稼ぎを得られるのです。

それこそ、「月収100万円以上」を稼ぐことも可能です。

また、固定給の世界(就職)では、「経歴」が重要視されるので、一度でもレールを外れると途端に扱いが悪くなります。

YUU
その価値観で言えば、「高卒浪人の無職」なんて経歴が最悪なので、安月給でこき使われるのは自然なことですよね。

しかし「歩合の世界」では、今までの人生で何をやっていようが、結果さえ出せば短期間で成り上がれます。

仮に、「中卒40代ニート」であっても、本気で努力して結果を出せば、実践の数か月後には月収100万円以上を稼ぐことも可能なのです。

よって、これが平均レベル以上の大学に進む以外で、高卒浪人の無職が大卒以上に稼ぐ方法です。

あなたが志望する大学のレベルが「平均以下」なのであれば、この道に進むことをおすすめします。

高卒浪人の無職がリスクなく成り上がれる方法

高卒浪人無職がリスクなく成り上がれる方法

歩合制の仕事には幾つかありますが、メジャーなのは「営業職」ですね。

確かに、営業職で結果を出せば、大きな収入を得ることは出来ます。

ただし、この仕事を始める場合、副業としては不可能なので、「それ一本」で覚悟を決めて挑まなければいけません。

その場合、歩合のデメリットである「結果が出なければ稼ぎも減る」という状況になったら、生活に支障が出るリスクがあります。

YUU
よって、「歩合の仕事で成り上がりたいけどリスクが怖い」と、中々行動できないのが本音でしょう。

しかし、「ネット系歩合ビジネス」なら、パソコン1台で自宅で出来るので、副業という形で行えます。

この特性により、一切生活の心配をすることなく、「安全」に収入を増やして行けるのです。

その後は、努力し本業以上の稼ぎを安定させて「専業」になれば、完全在宅でストレスフリーで自由に働ける環境を実現できます。

結果、高卒浪人の無職というスペックが帳消しになり、大卒以上に稼いで成り上がれるということ。

歩合の仕事は他にもありますが、「これ以上に安全に大きな稼ぎを得られる方法」は、他に存在しません。

YUU
「高卒浪人の無職」というスペック的に、安月給でこき使われる人生はほぼ確定しているので、それを回避したい場合は、早急に実践するべきですね。

まとめ

まとめ

ここまで、

「高卒浪人無職が起死回生できる
 たった1つの現実的な方法」

について、お話ししました。

高卒浪人は、社会的には「無職扱い」です。

あなたが、そのスペックで人並み以上の人生を歩む為には、「平均レベル以上の大学」に進むか、「歩合の世界」に行くかのどちらかしかありません。

進学する際は、あなたの現在の年齢にもよりますが、19~20歳位までなら、次の試験で合格し浪人せずに卒業すれば、ギリギリセーフで良い条件で就職できるでしょう。

それに当てはまらない場合は、断然「歩合の世界」に進んだ方が、明るい未来が手に入ります。

前述の「ネット系歩合ビジネス」なら、自宅で安全に行えるので、実践のハードルは低いです。

YUU
何なら、在の「浪人生活中」に実践したり、保険として大学に行きながら行うことも出来ます。

在学中に、大きな稼ぎが安定する状態になったら、「副業」として続けて就職するか、覚悟を決めて「専業」になるかを選択すれば良いだけですからね。

何にしても、やるなら早い方が良いので、早めに手を打っておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA