ちょっと宣伝です。

U-NEXTでは簡単な登録で、「31日間無料」で映画やドラマ、アニメを視聴できる、お得なサービスがあります。

もし気に入らなければ、期間内に解約すれば無料で利用可能なので、興味があればどうぞ!


高卒での就職は論外なのか?その真相を徹底解説します

高卒での就職は論外なのか?その真相を徹底解説します
「高卒での就職は論外だよ」
「大卒じゃないと話にならない」

「高卒で就職」というと、この様に言われる風潮があります。

確かに、大卒の方が圧倒的に有利であり、彼らと同じ土俵で戦うとなると、流石に論外でしょう。

しかし、高卒でも「優良企業」に入っている人が居るのも事実。

YUU
その為、「高卒の就職が論外は言い過ぎでしょ!」と、疑問に感じているかもしれませんね。

よって当記事では、

「高卒での就職が論外」

と言われる風潮の真相を、徹底解説します。

高卒での就職が論外なのは大卒と同じ条件で就職する場合の話

高卒での就職が論外なのは大卒と同じ条件で就職する場合の話

結論としては、高卒での就職が論外は「言い過ぎ」です。

YUU
高卒(新卒の場合)でも優秀であれば、「大企業」に入ることも出来ますからね。

しかし、それはあくまで「高卒採用枠」としての就職です。

同じ会社に入るにしても、高卒と大卒は全く違うルートの人生を歩むので、任される仕事や給料、保証などの待遇には「雲泥の差」があります。

たとえ大企業にはいっても、高卒の場合は大卒がやらない現場作業がメインになり、給料も安く待遇も質が下がります。

その為、「大卒と同じ条件で就職するのは不可能」だということ。

YUU
そういった意味で言えば、「高卒は論外」ですね。

また、大企業に就職できる高卒は一部の優秀な人だけであり、残りの9割は、「中小や零細企業」がメインになります。

当然、そこでは更に給料や待遇の質が下がる上に、同じく大卒の社員とはまた「雲泥の差」が生まれます。

よって、「中小や零細企業に就職した高卒」は、かなりの安月給でこき使われる人生になるでしょう。

前述の通り、あくまで高卒でも就職は可能なので、そういった意味では論外ではありません。

しかし、大卒と同じ条件で就職したいと思っている場合は、「論外」だということ。

YUU
この様に就職の世界では、大卒と高卒には「埋められない差」があるのです。

焦って適当な大学に行くと論外扱いになる場合もある

焦って適当な大学に行くと論外扱いになる場合もある

大卒と同じ条件で就職する為には、「大学」に行く必要があります。

しかし、焦って「レベルの低い大学」に行った場合、高卒(新卒の)より扱いが悪くなり、同じく論外扱いされてしまいます。

大卒としての社会的評価を得られるのは、平均レベル以上の大学だけなので、それ以下の大学を出た場合は、「フリーターの上位互換的な扱い」をされてしまうのです。

就職の世界では、「経歴」が重要視されるので、いかに無駄なく行動できて、計画性がある人間かをアピールしなければいけません。

そう考えると、平均以下の大学に行って4年間を過ごすというのは、「無駄な時間」でしかないということ。

YUU
それに比べたら、まだ「新卒の高卒」で就活した方が、良い条件で就職できますからね。

客観的に考えれば分かると思いますが、

「平均以下の大学に進学する」
        ↓
「ただ大卒資格を得る為だけの浅い行動」

この様な印象を、相手に感じさせてしまいますからね。

はっきり言って、これは浅い考えで行動する、「思考停止状態」です。

上記の様な行動は、簡単に相手に見透かされるので、必然的に論外扱いされます。

そうではなく、「必死に勉強してようやく受かるレベルの大学」に入って卒業するという結果が、最も重要なのです。

YUU
よって、大学に行くのであれば、「平均以上の所」に進まなければ無意味です。

それが無理なのであれば、「新卒ブランド」が使えるうちに、高卒のままで就職するべきですね。

高卒が論外扱いされるのは固定給の世界の話

高卒が論外扱いされるのは固定給の世界の話

高卒が大卒と対等に戦えないのは、あくまで「固定給の世界」(就職)の話です。

ここでは、「学歴」で明確に稼ぎや立場が決まる為、そりゃあ大卒と同じ土俵で高卒が戦えば、論外扱いされますよ。

しかし、「歩合の世界」では、学歴は関係なく、出した結果のみで稼ぎが決まります。

自分が出した結果が、そのまま収入に反映される収入形態なので、高卒であっても「大卒以上の稼ぎ」を得られるのです。

YUU
それこそ、「月収100万円以上」を稼ぐことも可能ですからね。

よって、高卒が大卒以上の稼ぎを得たい場合は、この「歩合制の仕事」を行うしか無いということ。

また、歩合の仕事でメジャーな「営業職」などを始める場合、副業としては難しいので、それ一本で覚悟を決めてチャレンジしなければいけません。

その場合、歩合制のデメリットである「結果が出なければ稼ぎが減る」という状況になれば、生活に支障が出る危険があります。

なので、「大きく稼ぎたいけどリスクが怖い」と恐れて、実践出来ないのが本音でしょう。

しかし、「ネット系歩合ビジネス」なら、パソコン1台で自宅で出来るので、副業という形で他の仕事と並行して行えます。

YUU
この特性により、一切生活の心配をすることなく、「安全」に実践して収入を増やせるのです。

あとは、本業以上の稼ぎを安定させて「専業」になれば、完全在宅でストレスフリーで自由に働ける様になります。

これは、高卒が安全に大卒以上に稼げる唯一の方法なので、あなたが安月給でこき使われる運命を回避したい場合は、実践をおすすめします。

まとめ

まとめ

ここまで、

「高卒での就職が論外」

と言われる風潮の真相を、お話ししました、

「高卒での就職は論外」というのは、流石に言い過ぎです。

それはあくまで、「大卒と同じ条件での就職を狙う場合」の話です。

高卒で就職すると、まず間違いなく、あなたが求める条件の会社には入れません。(そのレベルでは高卒は論外なので)

それが出来るのは、「大卒だけ」なのです。

一部の優秀者を除いた、「残りの9割の高卒」が入れるのは、安月給でこき使われて待遇も悪く、安定性の無い会社です。

この様な会社に就職すれば、定年まで安月給でこき使われて、大卒がやらないキツイ現場作業をやらされるでしょう。

YUU
「条件」を下げれば、高卒でも就職は余裕ですが、勿論こんな人生は嫌ですよね?

この人生を回避したい場合は、「歩合の世界」に進むしかありません。

前述の「ネット系歩合ビジネス」なら、自宅で安全に出来るので、バイトで生活費を稼ぎながら行えば、リスクなく大卒以上の稼ぎを得て、やがて専業になれます。

その域に達すれば、「起業」と同様なので、もう高卒を恥じる必要も、論外だと言われることも無くなります。

自宅で自由に大卒以上の稼ぎを得られるので、気楽な人生を送れるのです。

YUU
僕自身も、「30歳頃まで高卒フリーター」でしたが、この方法で、ど底辺人生を回避出来ましたからね。

あなたが「この環境」を実現したい場合は、早い内に手を打っておくことを勧めます。

詳しくは、「以下の記事」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA