ちょっと宣伝です。

U-NEXTでは簡単な登録で、「31日間無料」で映画やドラマ、アニメを視聴できる、お得なサービスがあります。

もし気に入らなければ、期間内に解約すれば無料で利用可能なので、興味があればどうぞ!


高卒で苦労する3つの場面を教えます

高卒で苦労する3つの場面を教えます
「高卒は苦労するから大学に行け」
「高卒だと就職の時に苦労する」

「高卒」というと、この様に言われることが多いです。

そしてそれは「事実」であり、高卒で社会に出ると、様々な場面で苦労することになります。

YUU
でも、若い内は中々この重要性に気付かず、「学歴なんか関係ない!」と、謎の自信で突っ走る傾向があるんですよね。

そして一定の年齢になると、「高卒」というスペックにより様々な面で苦労し、それを選択したことを後悔するのです。

よって当記事では、

「高卒で苦労する場面」

について、詳しく具体的に解説します。

高卒で苦労する3つの場面

高卒で苦労することになる3つの場面

「高卒で苦労すること」は、主に以下の3つです。

高卒で苦労すること
仕事の選択肢が少ない
経済的に不自由になる
とにかく見下される
YUU
では、1つずつ解説しますね。

仕事の選択肢が少ない

仕事の選択肢が少ない

「高卒で苦労する1つ目の要素」は、

「仕事の選択肢が少ない」

というもの。

日本は学歴社会なので、多くの会社が「大卒」を優遇します。

「給料が高く安定性のある会社」は、需要がある為に多くの大卒の志望者が集まるので、当然高卒は弾かれます。

YUU
その為、高卒が入れるのは、「中小や零細企業」など、安月給かつ不安定な会社になります。

そしてそこでも、「他の会社の選考から漏れた大卒」が集まって来るので、また採用枠は奪われ易くなります。

結果、「高卒は中々就職できない」という、最悪の状況になるのです。

勿論、更に希望の条件を低くすれば就職は可能ですが、そこではより人並み以下の給料と待遇」で、苦労する人生を送ることになります。

よって、「大卒」というだけで簡単に高卒を蹴散らし、採用枠を奪い取れるということ。

就職の世界では、「学歴」で明確に差別される為、そりゃあ高卒でそこに進めば苦労しますよ。

YUU
「日本社会の仕組み」を考えれば、当たり前の話ですね。

これにいち早く気付く人間は、苦労したくない為、必死に勉強して「大学」に行くのです。

経済的に不自由になる

経済的に不自由になる

「高卒で苦労する2つ目の要素」は、

「経済的に不自由になる」

というもの。

高卒が入れるのは、「中小や零細企業」などがメインです。

この規模の会社は、当然「安月給」しか支払えないので、どれだけ仕事を頑張っても大して稼ぎは増えません。

また、「大卒と高卒が共存する会社」の場合、ここでもまた差別され、苦労することになります。

同じ会社に居ながら、大卒と高卒では全く違うルートの人生を歩む場合が多く、当然「給料」にも違いがあるのです。

YUU
元々が給料の低い中小や零細企業でも、仕組み上は「大卒以下」になる為、高卒の給料は更に下がるのです。

結果、「経済的に不自由」になる為、結婚して子供を作る場合は、共働きでやっとのカツカツ生活になるでしょう。

当然余裕が無いので、定年後は若者に交じって「バイト」をしなければ、生きて行けない可能性が非常に高いです。

その為、「高卒は経済的にも苦労する」ということ。

よって、そんな苦労をするのは当然嫌なので、将来を見据える人間は「大学」に行くのです。

とにかく見下される

とにかく見下される

「高卒で苦労する3つ目の要素」は、

「とにかく見下される」

ということ。

そもそも日本は、「大卒」に支配されている国です。

YUU
国の法律を決めて運営する国会議員の9割は、「大卒」ですからね。

この意識は、当然国民にも浸透しているので、「高卒は見下される」ということ。

因みに、「中卒」はもっと下ですが、大卒からすれば目くそ鼻くそなので、不毛な議論です。

日本では、この価値観が浸透しているので、そりゃあ高卒では苦労しますよ。

就職の際は当然として、「結婚の場」でも気にする人は一定数居ますからね。

よって、日本社会で苦労することなく快適に生きる為には、「大学」に行くべきです。

高卒でも苦労することなく成り上がれる方法

高卒でも苦労することなく成り上がれる方法

高卒が苦労するのは、あくまで「固定給の世界」の話です。

ここでは、「学歴」で明確に稼ぎや人生が決まる仕組みなので、高卒がそこに進めば当然苦労します。

しかし、「歩合制の世界」では学歴は一切関係なく、出した結果のみで稼ぎが決まります。

自分が出した結果が、そのまま稼ぎに反映される収入形態なので、「大卒以上」に大きく稼ぐことが出来ます。

YUU
たとえ高卒や中卒であっても、「月収100万円以上」を稼ぐことが可能なのです。

ただ、歩合ビジネスでメジャーな「営業職」などは、副業としての実践は難しい為、それ一本で覚悟を決めてチャレンジしなければいけません。

その場合、歩合制のデメリットである、「結果が出なくて稼げない」という状況になれば、生活ができなくなるリスクがありますよね。

となると成り上がりたくても、「リスクが怖くて実践出来ない」というのが本音だと思います。

しかし「ネット系歩合ビジネス」であれば、パソコン1台で自宅で行えるので、副業として他の仕事と並行して実践可能です。

YUU
これにより、一切生活の心配をすることなく、「安全」に収入を増やして成り上がれるのです。

あとは、本業以上の稼ぎが安定する様になれば、「専業」として行うことで、完全在宅でストレスフリーな環境と、大卒以上の収入を得る自由な人生を手に入れられます。

「高卒がリスクなく安全に成り上がれる方法」は、これしか無いので、学歴で苦労する人生を回避したい場合は、実践をおすすめします。

高卒で苦労する要素まとめ

まとめ

ここまで、

「高卒で苦労する場面」

について、お話ししました。

主な要点は、以下の通りです。

高卒で苦労すること
仕事の選択肢が少ない
経済的に不自由になる
とにかく見下される

社会に出ると、高卒は圧倒的に苦労します。

多くの高卒は就職して、学歴で稼ぎや待遇が決まる固定給の世界に進むので、当然の様に苦労し、奴隷の様に扱われます。

YUU
その場合、ほぼ間違いなく安月給かつ、大卒がやらないキツい下っ端の現場作業でこき使われ、定年後は、「バイト」しなければ生きて行けないでしょうね。

あなたが「就職の道」に進みたいのであれば、高卒では苦労するので、大学には行った方が良いです。

逆に、大学に行く気が無く、それでも大卒以上に大きく稼ぎたい場合は、「歩合制の仕事」を行うしか方法はありません。

前述の「ネット系歩合ビジネス」なら、自宅で安全に出来るので、おすすめします。

因みに、僕自身も「高卒」ですが、このネット系歩合ビジネスでスキルを身に付けたことで、一切高卒で苦労した経験はありません。

YUU
人並み以上に稼げば学歴は関係ないですし、そもそも「自宅」で働けるので、馬鹿にされる様なコミュニケーション自体が皆無ですからね。

詳しくは、「以下の記事」をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA