高卒が底辺だと言われる3つの理由を教えましょう

高卒が底辺だと言われる3つの理由を教えましょう

「高卒は負け組の底辺」
「高卒は底辺の人生が確定」
YUU
一般的に「高卒」は、この様なイメージを持たれていますよね。

そしてこれは、ほぼ「事実」です。

まれに、高卒でも大出世して大卒以上に稼ぐ人も居ますが、それは「全体の1割」の人間。

残りの9割は、「人並み以下の底辺生活」を送ることになるのです。

とは言え、実は高卒でも特別な才能が不要で、努力次第で誰でも大卒以上に稼ぐ方法が存在します。

よって当記事では、

「高卒が底辺だと言われる理由」
「高卒が大卒以上に稼ぐ方法」

について、詳しく具体的に解説します。

高卒が底辺だと言われる3つの理由とは?

高卒が底辺だと言われる3つの理由とは?

高卒が底辺だと言われるのは、「明確な根拠」があります。

ただ無意味に馬鹿にしている訳ではなく、「それなりの理由」があっての正当な評価なのです。

それが、以下の3つ。

高卒が底辺だと言われる理由
社会の仕組みを理解していないから
高卒で得られる給料は少ないから
少数派の考えだから

では、1つずつ解説しますね。

社会の仕組みを理解していないから

社会の仕組みを理解していないから

「高卒が底辺だと言われる理由」の1つ目は、

「社会の仕組みを理解していないから」

というもの。

就職の世界では、圧倒的に「大卒」が優遇されます。

大企業など、高い給料を得られたり安定性がある魅力的な会社は、大卒をメインで採用します。

「高卒採用枠」があったとしても、大卒とは別のルートの人生を歩むことになり、大抵は永遠に下っ端の現場作業などに回されるのです。

YUU
当然、得られる給料や保証などは少ないので、大卒とは「埋められない差」を感じる瞬間が、必ず訪れます。

この社会の仕組みを理解して、自分の将来を見据える人は大学に行きますから、それを考えていない高卒は、そりゃあ底辺扱いされるということ。

若い内は「学歴なんか関係ない」と思っていても、一定の年齢になるとそれを感じる瞬間が訪れて、高卒を後悔するのです。

よって、「それを考えて行動した大卒」からすれば、底辺だと思われてもしかたないということ。

高卒で得られる給料は少ないから

高卒で得られる給料は少ないから

「高卒が底辺だと言われる理由」の2つ目は、

「高卒で得られる給料は少ないから」

というもの。

一般的な収入形態である固定給の世界では、明確に「学歴」で稼ぎが決まります。

前述の通り、大企業などに入って高い給料を貰う立場になれるのは大卒のみなので、高卒は安月給しか得られません。

どれだけ働いても給料はほぼ上がらず、高卒は昇進に制限がある場合が多いので、「安月給でこき使われる人生」が確定するのです。

YUU
生涯独身ならともかく、「結婚」して子供を作る場合は、共働きをしてやっとのカツカツな生活になるでしょう。

その結果、高確率で定年後は若者に交じって「バイト」しなければ、まともに生きて行けない人生を送ることになります。

当然、それを分かって大学に進んだ人間からすれば、「底辺扱い」されて当然です。

高卒では安月給しか得られないことは、中学生くらいには誰でも分かることなので、それを選択しなかった高卒は、やはり見下されます。

少数派の考えだから

少数派の考えだから

「高卒が底辺だと言われる理由」の3つ目は、

「少数派の考えだから」

というもの。

人間が生きて行く為には、「お金」が必要です。

余裕を持って豊かに生きる為には、できるだけ大きく稼ぎたいと考えるのが自然なので、必然的に「大企業に就職したい!」と思う人の方が多数派です。

YUU
その場合は当然、「大学に行くべきだ」というのが、多数派の考えになりますよね?。

結果、高卒を選択する考えは「少数派」の意見となります。

そして、その考えが少数派な上に稼ぎも少なければ、そりゃあ明確な「底辺扱い」をされて当然だということ。

高卒が底辺から成り上がれる現実的な方法

高卒が底辺から成り上がれる現実的な方法

高卒が安月給しか得られないのは、「固定給の世界」の話です。

前述の通り、この世界では「学歴」で明確に稼ぎが決まるので、そりゃあ高卒は安月給でこき使われますよ。

しかし、「歩合制の仕事」を実践すれば、学歴関係なく結果さえ出せば、大きく稼げます。

自分が出した結果が、そのまま稼ぎに反映される為、高卒だろうが中卒だろうが「大卒以上の収入」を得られるのです。

YUU
それこそ、「月収100万円以上」を稼ぐことも可能ですからね。

因みに、歩合制の仕事には、「結果を出し続ける自信が怖い」といったイメージがあるかもしれませんが、それは大きな勘違いです。

固定給の仕事で毎月給料を貰えている人なら、確実に「それに見合った利益」を生み出している筈です。

普通に考えて、会社に利益を出さない従業員に、毎月毎月数十万円も給料を払わないですよね?

利益を上げない従業員は、普通に「クビ」になるので、安定して給料を得られているのであれば、常に結果を出している証拠だということ。

結局は、「決まった給料を確実に貰える」という保証を、捨てれるか捨てれないかだけの違いです。

YUU
つまり、これさえ捨てて「結果」を出すことに全精力を注げば、大卒以上に稼げるのです。

「高卒が底辺から抜け出せる方法」はこれ以外に無いので、あなたが本気で成り上がりたければ、実践をおすすめします。

まとめ

まとめ

ここまで、

「高卒が底辺だと言われる理由」
「高卒が大卒以上に稼ぐ方法」

について、お話ししました。

主な要点は、以下の通り。

高卒が底辺だと言われる理由
社会の仕組みを理解していないから
高卒で得られる給料は少ないから
少数派の考えだから

高卒は、「ほぼ全員」が底辺側の存在です。

YUU
多くの人は学歴で稼ぎが決まる、「固定給の世界」に進みますから、そりゃあ安月給でこき使われますよ。

ここから抜け出す為には、「歩合の世界」に進むしかありません。

因みに、「ネット系歩合ビジネス」であれば、パソコン1台で自宅で出来るので、本業の仕事と並行して行えます。

その為、一切生活の心配をすることなく、「安全」に収入を増やして成り上がれるので、最も現実的に底辺から抜け出せる方法だと断言できます。

詳しくは、「以下の記事」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA