ちょっと宣伝です。

U-NEXTでは簡単な登録で、「31日間無料」で映画やドラマ、アニメを視聴できる、お得なサービスがあります。

もし気に入らなければ、期間内に解約すれば無料で利用可能なので、興味があればどうぞ!


高卒フリーターの人生はなぜヤバいのか?その真相を暴露します

高卒フリーターの人生はなぜヤバいのか?その真相を暴露します
「なぜ高卒フリーターは差別されるの?」
「大卒の学歴がなぜそんなに重要なの?」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

高卒フリーターは、一般的に「ゴミの様な扱い」を受けます。

YUU
まともな会社には入れず、大半の人に見下される人生になるのです。

その為、「なぜ学歴で判断するのか?」「なぜ能力などで採用しないのか?」など、色々な疑問を抱えているかもしれませんね。

よって当記事では、

「なぜ高卒フリーターは差別されるの?」
「大卒の学歴がなぜそんなに重要なの?」

という、高卒フリーターの扱いが悪い理由の真相を、徹底解説します。

なぜ高卒フリーターはまともな会社に就職できないのか?

なぜ高卒フリーターはまともな 会社に就職できないのか?

なぜ「高卒フリーター」は、まともな会社に就職できないのか?

その答えは、以下のもの。

高卒フリーターが就職で苦労する理由
「まともな会社は需要がある為、
 多くの人が応募して来るので、
 大卒を優先的に採用するから」

つまり、まともな会社とは沢山の人が集まる「選べる立場」なので、その中からあえて高卒を採用するメリットが無いということ。

結果的に、採用枠を「大卒」に奪われる為、高卒には回って来ません。

YUU
新卒の高卒でもそのレベルなので、「高卒フリーター」であれば、99%あり得ないに決まっていますね。

なぜ、「大卒」という学歴で判断するのかと言うと、普通に考えて面接などで、初対面の人間の全てを見極めることは不可能です。

応募する側も、自分を良く見せようと「嘘」を付きますから、その時点での人間性や能力の判断は難しくなります。

しかし、「大学に進んで卒業する人間」は、勤勉かつ努力や継続が出来て、社会では大卒を優遇される仕組みを理解して、それを選択する適応能力を、ある程度は証明できます。

それに比べて、新卒の高卒や高卒フリーターの場合、それを証明するのが難しいですよね?

YUU
だからこそ、「大卒」を優先的に採用するのです。

これは、「村社会ルール」と同じで、後からその環境に入る新人が、その村のルールに従った上で入るのか、自分の我を通して入るのと同様。

どう考えても、「その村のルールに適応する人間」を優先的に受け入れますよね。

高卒フリーターであれば、「更にそのルールを守らない人間」と判断されるので、当然の様に、まともな会社には入れないのです

なぜ高卒フリーターは見下されるのか?

なぜ高卒フリーターは見下されるのか?

なぜ「高卒フリーター」は、見下されるのか?

その答えは、以下のもの。

高卒フリーターが見下される理由
「人並み以下の稼ぎで、
 保証も無く少数派だから」

高卒フリーターというのは、「バイト」です。

バイトは、シフトを増やせば「月収30万円近く」にはなる為、20代前半までは、大卒の大企業のサラリーマン以上に稼げます。

しかし、バイトの昇給なんて「数十円~100円程度」ですし、ボーナスも保証もないので、仮に何十年働いたとしても稼ぎはほぼ増えません。

それに比べ、サラリーマンであれば年々「昇給」しますし、ボーナスや保証&補助制度、退職金なども充実しています。

YUU
その為、大体30歳前後には、フリーターとの間に「埋められない差」が出始めるのです。

結果、高卒フリーターは稼ぎも安定性も「人並み以下」である為、見下されるということ。

また、高卒フリーターは「使い捨てのバイト」なので、サラリーマンとは違って簡単にクビに出来ます。

バイト先の経営がヤバくなれば、即切られますし、仕事でミスを繰り返してもクビになります。

年齢によっては、「応募しても落とされるジャンル」や、「若者が多くて働きづらいジャンル」もあるでしょう。

そうなると、「辛くキツイ肉体労働や工場位しか居場所が無くなり、ブルーカラーの使い捨て要因として、更に見下されるのです。

これを避ける為、将来を見据える賢い人間は、「大学」に行くのです。

YUU
あとは、「高卒フリーターが圧倒的少数派だから」というのも、1つの理由ですね。

多くの人は、高校や大学を卒業すれば「就職」しますから、ただでさえ少数派なのに稼ぎも低く保証も無ければ、見下されて仕方ありません。

高卒フリーターが成り上がれるたった1つの方法

高卒フリーターが成り上がれるたった1つの方法

これまで、「高卒フリーターがなぜヤバいのか?」をお話ししました。

とは言え、高卒フリーターの扱いが悪く人並み以下の人生になるのは、あくまで「固定給の世界の話」です。

固定給の世界は、なぜか「学歴」で明確に稼ぎが決まる不思議な収入形態なので、必然的に高卒フリーターがそこに進めば、ゴミの様に扱われます。

しかし「歩合の世界」では、出した結果のみで稼ぎが決まります。

学歴は一切関係なく、「結果」さえ出せば大企業のサラリーマン以上に大きく稼げる為、唯一高卒フリーターが成り上がれる方法なのです。

YUU
努力次第では、「月収100万円以上」を稼ぐことも可能ですからね。

この世界の良い所は、「もう遅い」という概念は無く、いつ始めようが結果さえ出せば、たとえ「中卒40代ニート」でも数か月後には、月収100万円以上を稼げるということ。

それに比べて固定給の世界では、一旦レールを外れたらアウトなので、「高卒フリーターを後悔しても、もう遅い」と、諦めるしかありません。

よってこれが、「高卒フリーターが短期間で成り上がれる、唯一の方法」だということ。

高卒フリーターが固定給の世界に進めば、「一生安月給でこき使われる人生」が確定するので、それが嫌な場合は実践をおすすめします。

まとめ

まとめ

ここまで、

「なぜ高卒フリーターは差別されるの?」
「大卒の学歴がなぜそんなに重要なの?」

という、「高卒フリーターの扱いが悪い理由の真相」を、お話ししました。

主な要点は、以下の通り。

高卒フリーターが就職で苦労する理由
「まともな会社は需要がある為、
 多くの人が応募して来るので、
 大卒を優先的に採用するから」
高卒フリーターが見下される理由
「人並み以下の稼ぎで、
 保証も無く少数派だから」

まあ、普通に考えれば「当たり前の話」です。

高卒フリーターの多くは就職の際、身の程を知らずに、「条件の良い会社でキツくない仕事」を求めます。

しかし、この様な会社は当たり前の様に需要があるので、「多くの大卒」も応募して来ます。

YUU
「選べる立場の会社側」からしたら、高卒フリーターをあえて採用するメリットが無いので、大卒に枠を奪われて当然ですよね。

結果、高卒フリーターが就職出来るのは、「安月給かつキツイ現場仕事」くらいしか無いのです。

あなたが「固定給の世界」に進む場合は、ほぼこの人生が確定します。

それが嫌なのであれば、「歩合の世界」に進むしか成り上がる道はありません。

因みに、僕も実践する「ネット系歩合ビジネス」であれば、パソコン1台で自宅で出来るので、現在の仕事と並行して気軽に実践可能です。

YUU
生活の心配をすることなく、「安全」に収入を増やして成り上がれるので、おすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA