ちょっと宣伝です。

U-NEXTでは簡単な登録で、「31日間無料」で映画やドラマ、アニメを視聴できる、お得なサービスがあります。

もし気に入らなければ、期間内に解約すれば無料で利用可能なので、興味があればどうぞ!


高卒は恥なのか?その真相を徹底解説します

高卒は恥なのか?その真相を徹底解説します
「高卒は恥だから大学に行け!」
「高卒は社会では相手にされない」

一般的に高卒のイメージは、物凄く悪いです

その為、「大学に行かない旨」を伝えると、上記の様に言われることが多いですね。

YUU
まあ実際の所、恥は言い過ぎですが、高卒は社会において不利益を被ることが多々あるので、間違ってはいませんが。

とは言え、高卒でも「大卒以上に出世して成功する人」は、確実にいます。

なので、「高卒は恥って本当なの?」と、疑問を感じることもあるでしょう。

よって当記事では、

「高卒は恥だから大学に行け!」
「高卒は社会では相手にされない」

と言われる風潮の真相を、徹底解説します。

高卒が恥かどうかは環境によって変わる

高卒が恥かどうかは環境によって変わる

高卒が恥かどうかは、「自分が身を置く環境」で変わります。

例えば、「サラリーマンの世界」に進む場合は、明確に学歴で入れる会社や任される部署などが決まる傾向があります。

つまり、ほぼ「学歴」の段階で自分の稼ぎが決まってしまうということ。

当然、この世界に高卒で進めば、選べる仕事の選択肢が少なく条件も悪くなるので、「安月給でこき使われる人生」が確定します。

YUU
となると、「サラリーマンの世界」においては、高卒は恥と考える風潮になるのは自然なことですよね。

逆に、「起業やアスリート」、「芸能」の世界では、収入形態が違う為、学歴が無くても結果さえ出せば、サラリーマンの次元を超えて大きく稼げます。

よって、この世界においては高卒なんて一切恥にはならず、むしろ「成り上がり」的な意味で、逆にカッコよく映る場合もあります。

また、ありがちなのが「合コン」などで、大卒に比べて高卒の扱いが悪いという話。

合コンとは、「初対面の相手が自分の恋愛対象になるか否か」を、明確にする場です。

合コンに来る様な女性は、「男の見てくれスペック」を重要視する傾向がありますし、その環境的に、判断基準がスペック重視になるは当たり前のこと。

YUU
その為、合コンに高卒で挑むのは、「恥」以外の何物でもありません。

普通の出会いで知り合えば、そんなスペックではなく、「自分の他の魅力」で勝負できますが、合コンの様な環境に自ら参加しておいて学歴差別で怒るのは、大間違いなのです。

よって結論としては、「高卒が恥かどうかは環境で変わる」ということです。

高卒を恥だと思うなら身を置く環境を変えるしかない

高卒を恥だと思うなら身を置く環境を変えるしかない

結局の所、高卒が恥だと言われる理由の本質は、「高卒=定収入」というイメージです。

一般社会は「大卒」を優遇する仕組みなので、高卒がその環境に進めば、当然扱いが悪くなり安月給でこき使われます。

しかし、仮に「年収3億で高卒の経営者」「年収500万円の大卒サラリーマン」が居た場合、どちらが合コンでモテると思いますか?

YUU
どう考えても、「前者」ですよね?

結局、重要な要素は「稼ぎ」なのです。

たとえ高卒であっても、人並み以上に稼げれば学歴を恥だと感じることは無くなり、周囲からの評価も変わります。

そして、高卒が大きく稼いで成り上がれる方法は、「歩合の仕事を行う」ということ。

歩合の世界において、学歴は1円の得にもならないので、「出した結果のみ」で稼ぎが決まります。

そして、その結果が直接稼ぎに反映される為、「大卒以上に大きく稼げる可能性」を秘めています。

YUU
それこそ、「月収100万円以上」を稼ぐことも十分可能ですからね。

学歴で判断される固定給の世界で、高卒がどれだけ働き続けても、まず成り上がることは不可能に近いです。

よって、あなたが高卒を恥だと判断されたくない場合は、「歩合の世界」に進んで結果を出しましょう。

ネット系であれば自宅で安全に実践できます

ネット系であれば自宅で安全に実践できます

歩合の仕事というと、「営業職」「起業」がメジャーです。

補足
芸能やアスリートもそうですが、これはほぼ「才能の世界」なので、一般人が目指す道ではない為、スルーします。 

とは言え、営業職を始めたり起業する場合、仕事的に「それ一本」で専念しなければいけないので、全く生活出来なくなるリスクがあります。

YUU
初心者の状態で初めて、初月から結果を出すなんて、まず不可能である為、「初めの一定期間」は、ほぼ稼げない可能性が高いですからね。

このリスクを考えると、成り上がりたくても、中々手が出ないのは分かります。

しかし「ネット系歩合ビジネス」であれば、パソコン1台で自宅で出来るので、他の仕事と並行して、安全に成り上がりを目指すことが可能です。

つまり、固定給の仕事と並行して行えば、生活の心配をすることなく専念できるのです。

また、ネットを使うことで、リアル起業とは違って経費がほぼ掛からないので、「出した利益の9割が自分の稼ぎになるジャンル」もあります。

YUU
高卒でも成り上がれる歩合の仕事は幾つかあるものの、リスクなく安全に実践できるのは、この「ネット系歩合ビジネス」のみなので、おすすめします。

まとめ

まとめ

ここまで、

「高卒は恥だから大学に行け!」
「高卒は社会では相手にされない」

と言われる風潮の真相について、解説しました。

高卒が恥になるのは、あくまで「学歴で判断されやすい環境」に行く場合です。

「サラリーマンの世界」「合コン」の場合は、学歴が優位になる環境なので、普通の高卒がそこに突っ込めば当然、ボロクソに扱われます。

しかし、学歴差別の本質は、結局の所「収入」です。

一部の専門職を除けば、「大学」というのは少しでも高い給料を貰って、豊かな人生を送る為に行く所です。

YUU
つまり、「人並み以上」に稼げれば、高卒だろうが中卒だろうが評価される世界なのです。

勿論、相手の収入関係なしに学歴を重視する人間は一部居ますが、それは只の「嫉妬などでこじらせてるアホ」なので、スルーでOK。

よって、あなたが高卒を恥だと思うのであれば、「人並み以上」に稼げば良いだけの話です。

そして、高卒がそれを実現できるのは、「歩合の世界」のみなので、周囲の評価を得て成り上がりたい場合は、即実践しましょう。

あなたの人生が、自分を恥だと感じて安月給でこき使われるのか、学歴差別を吹っ飛ばして成り上がるのかは、「この選択次第」で明確に変わることを断言します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA