高卒は負け組なのか?その真実を徹底解説します

高卒は負け組なのか?その真実を徹底解説します

「高卒は負け組なので人生が終わる」
「高卒は負け組だから大学に行け!」

一般的な風潮として、この様に高卒のイメージは悪いです。

「高卒で就職する」と周囲に言えば、ほぼ否定されますし、「高卒」という肩書は大卒からすれば、完全な負け組にしか見えないでしょう。

とは言え、高卒でも昇進して「役員」になったり、「社長」に上り詰める人は確実にいます。

YUU
そう考えると、「高卒=負け組」という世間の風潮に、疑問を感じますよね?

よって当記事では、

「高卒=負け組」

という風潮の真実を、徹底解説します。

基本的に高卒は負け組です

基本的に高卒は負け組です

基本的に、世の中の9割の高卒は「負け組」です。

何故なら、日本社会が「大卒優遇」の仕組みになっているから。

高い給料を得られる大企業は、ほぼ「大卒」をメインで採用しています。

YUU
稀に高卒採用枠があるにしても、そこに入れるのは「優秀な一部の人だけ」なので、大半の高卒には無理です。

仮に、大企業に入れたとしても、高卒と大卒ではルートが違い、高卒は「末端の現場作業」に配属される為、給料も安く、保証、補助、退職金も、大卒とは雲泥の差があります。

その為、一応大企業なので仕事の安定はしますが、「安月給でこき使われる人生」が確定するのです。

とは言え、大半の高卒は「中小企業」「零細企業」がメインの進路になるので、当然さらに待遇は悪くなります。

同じ会社に大卒が居る場合、高卒は昇進に制限があるので、多少は昇進するにしても自分だけ永遠に下っ端で、「凄まじい負け組感」を感じることになります。

中小企業や零細企業の場合、一人暮らしならともかく、結婚して子供を作れば、共働きをしないとやっていけないでしょう。

経済的に余裕が無いので、定年後は若者に交じってバイトしなければ、生きて行けない可能性が高いです。

YUU
定年後なので、自分の子供くらいの大学生や高校生が先輩になる場合もある為、これは「惨めな負け組の人生」だと思いませんか?

大卒であれば、確実に「選べる仕事の選択肢」が広くなり、「高卒より昇進できる可能性」も高いですからね。

よって、大卒と高卒には埋められない差があり、社会は「高卒に不利な仕組み」になっているということです。

因みに、高卒でも昇進して大成功する人は、「大卒優遇の仕組みすら吹っ飛ばせるレベルの天才」なので、全く参考にはなりません。

なので、「高卒でも頑張れば役員や社長になれるんだ!」という勘違いは、しないことをおすすめします。

高卒が負け組なのは固定給の世界だけ

高卒が負け組なのは固定給の世界だけ

先程は、世の中の9割の高卒は「負け組」だとお話ししました。

それは、世の中の大半の仕事が「固定給」だからです。

前述の通り、日本社会は大卒優遇になっているので、「高卒には不利な仕組み」になっています。

YUU
だからこそ、多くの人は自然とその収入形態になり、高卒であれば当然、負け組の人生になるという理屈です。

しかし、「歩合制の仕事」の場合、学歴は一切関係なく、結果さえ出せば大きく稼げます。

この収入形態では、学歴なんて1円の得にもならず、「出した結果のみ」で稼ぎが決まります。

当然、高卒だろうが中卒だろうが大きく稼げる為、この世界では「高卒=負け組」とはならないのです。

それこそ、学歴関係なく「月収100万円以上」を稼ぐことも可能ですからね。

固定給の世界では、そもそもが高卒に不利な仕組みになっているので、そこに進んだ場合、負け組人生が確定します。

YUU
リアルに、定年後にバイトしなければ生きていけなくなるので、文字通り「安月給でこき使われる人生」を送る羽目になりますから。

その為、「歩合の世界」に行くことが、唯一高卒が大きく稼いで成り上がる方法です。

おすすめはネット副業です

おすすめはネット副業です

歩合制の仕事では、「営業職や起業」などがメジャーです。

確かにこれらを実践して結果を出せば、月収100万円以上なんて余裕で稼げます。

YUU
しかし、どんな仕事も慣れてスキルを身に付けるまでの一定期間は、大した結果は出せないですよね?

その為、歩合制の収入形態で、いきなり一本で始める場合、「生活が出来なくなる可能性」があります。

なので、中々ハードルが高いのが現実です。

しかし「ネット副業」であれば、パソコン1台で自宅で出来るので、固定給の仕事で生活費を稼ぎながら、安全にスキルを身に付けて成り上がりを目指せます。

当然、歩合制なので、「月収100万円以上」を稼ぐことも十分可能です。

補足
ネット副業の「副業」というのは、あくまでその特性上、副業としても出来ることを表現する為の言い回しです。

その後、本業以上の稼ぎが安定する様になったら、「専業」になることで、高卒に不利な条件で安月給で使われる、負け組人生を抜け出せますし、あえて副業として続けるのも1つの手ですね。

YUU
よってこれが、「最も安全に高卒が負け組から成り上がれる方法」です。

まとめ

まとめ

ここまで、

「高卒=負け組」

という風潮の真実について、お話ししました。

「固定給の世界」において、高卒はゴリゴリの負け組です。

圧倒的に不利な条件で安く使われるだけなので、高卒がこの世界に進むのは、おすすめしません。

YUU
因みに、僕自身も「高卒」ですが、初めから歩合の世界を目指して行動して来たので、これまで一度も高卒を恥じたり後悔したり、学歴で苦労した経験は無いです。

そもそも、勝ち組と負け組の定義は、結局の所「稼ぎ」です。

「大学に行く理由の9割」が、人並み以上の給料を得たい(稼ぎが欲しい)という欲からの行動なので、結局は収入なのです。

その為、「人並み以上」に稼ぎさえすれば、学歴を馬鹿にされることはありません。(嫉妬からの高卒煽りは別)

しかし、固定給の世界で高卒は安く使われる存在なので、そこに進んだ場合は「負け組」になるということ。

YUU
高卒が大きく稼ぐ為には、「歩合の世界」で勝負するしかないので、あなたが高卒で負け組になりたくないのであれば、今すぐ行動するべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA