ちょっと宣伝です。

U-NEXTでは簡単な登録で、「31日間無料」で映画やドラマ、アニメを視聴できる、お得なサービスがあります。

もし気に入らなければ、期間内に解約すれば無料で利用可能なので、興味があればどうぞ!


高卒で生きる意味はある?←その悩みにお答えしましょう

高卒で生きる意味はある?←その悩みにお答えしましょう
「高卒で生きる意味はあるのか?」
「永遠に安月給の人生が虚しくなる」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

一般的に「高卒」は、見下される立場です。

日常生活においては、あからさまに口には出さないかもしれませんが、大卒の大半は、心の中で「高卒」を下に見ています。

サラリーマンの世界ではそれが顕著で、高卒が就職できる所は大抵、安月給しか支払えない会社なので、必然的に「安月給の人生」が確定します。

YUU
その為、「高卒の自分の生きる意味」が分からなくなり、恥ずかしく不安な毎日を送っているかもしれませんね。

よって当記事では、

「高卒で生きる意味はあるのか?」

というあなたの疑問にお答えします。

高卒で生きる意味に悩む原因とは?

高卒で生きる意味に悩む原因とは?
「高卒で生きる意味」

この悩みの本質は、ほぼ「お金」の問題です。

YUU
生きる為には、お金が必要なので、「人並み以上の給料を得たい!」と、多くの人は考えますからね。

人並み以上の給料を払える会社は、基本的には大企業だけであり、そこに入る為には、「大学」を出る必要があります。

だからこそ、多くの人は「大学」に行くのです。

それに比べて高卒が入れる会社は、「安月給しか支払えない中小企業」だけ。

どれだけ働いても大して給料は上がらず、そもそも「10年後に生き残ってる確率」も低い為、カツカツの生活と不安な人生を送ることになります。

YUU
一人暮らしならともかく、結婚していれば相当悲惨な生活になるのは明らかですね。

その為、

「働いても給料は大して上がらない」
「いつ会社が倒産するか分からない」
「それでもただ時間だけが過ぎて行く」

この様に感じるようになり、「高卒の自分が生きる意味」について、悩む様になるのです。

労働環境と収入形態を変えれば、高卒でも生きる意味に悩むことは無くなる

労働環境と収入形態を変えれば、高卒でも生きる意味に悩むことは無くなる

前述の通り、「高卒で生きる意味とは?」という悩みの本質は、ほぼ「お金」です。

つまり、それさえ解決すれば、あなたの悩みは、ほぼ無くなるということ。

高卒でも、「大卒以上に稼いで成り上がる方法」が、1つだけあります。

それが、「歩合制の仕事を行う」ということ。

学歴が稼ぎに影響するのは、あくまで「固定給の雇われの世界」での話です。

YUU
「出した結果」がそのまま稼ぎに反映される歩合の世界では、学歴なんて何の得にもなりませんからね。

よって、あなたが大きな結果を出せば、「固定給の大卒以上」に稼ぐことは十分可能なのです。

因みに、もしあなたが、

「安定した給料の保証が無い歩合は、
 結果を出さないと稼げないから怖い」

この様に考える場合は、もう成り上がる方法は無いので、「一生安月給の人生」を送って下さい。

固定給で高収入というのは、「大卒限定の特権」です。

高卒にその選択肢は無いので、何かしらのリスクを負わなければ、「人並み程度~人並み以上」に稼ぐことは出来ません。

YUU
「高卒だけど固定給で高収入が良い!」なんて、考えが甘すぎますからね。

「高卒で生きる意味はあるのか?」という、あなたの悩みの本質は、「お金」である筈。

本気でそれを解決したいのであれば、行動するしかありません。

人間が生きる意味に高卒も大卒も関係無い

人間が生きる意味に高卒も大卒も関係無い

はっきり言って、今の時代は「大卒」であっても、安心は出来ません。

大企業も倒産はしますし、「終身雇用」なんて概念はもう無いので、リストラもされます。

「大卒」という肩書が有効なのは就活の時だけで、結局は「実力」がなければ生きていけないのです。

YUU
「再就職が難しい年齢」で会社が倒産したり、リストラされても、以前と変わらない稼ぎを得られる大卒は、どれくらい居ると思いますか?

せいぜい「全体の1割程度」です。

残りの9割は、「大卒」という肩書で就職出来ただけで、上記の様な状況でその肩書が使えなくなれば、一巻の終わりなのです。

逆に「高卒」でも、歩合の世界では学歴は関係ない為、結果さえ出せば大卒以上に稼げます。

大企業のサラリーマンでも、所詮は「固定給の雇われ」なので、歩合の稼ぎは勝てませんから。

YUU
何なら、学歴というふわっとした名刺を武器に稼ぐ、固定給の雇われとは違い、「完全に実力でお金を稼ぐ収入形態」なので、より生き残れる可能性が高いですよね。

雇われの営業職で言えば、実力がある人間は他の会社にも転職出来ます。

起業やネット副業の場合は、「完全に自分の力で稼ぐビジネス」なので、雇われる必要すらありません。

よって、長い目で見れば、「人間が生きる意味」に、高卒も大卒も関係無いのです。

「高卒の自分の生きる意味」に悩むなら行動するべき

「高卒の自分の生きる意味」に悩むなら行動するべき

安月給や不安な人生、高卒を馬鹿にされるなど、「あなたの今の環境」が不満なのであれば、行動しましょう。

「歩合の世界」に行けば、大きく稼げる夢がありますし、学歴なんて1円にもならないので、その悩みは消えます。

「ネット副業」などであれば、パソコン1台で自宅で出来るので、今の仕事を続けながら実践することも可能です。

YUU
本業以上に安定して稼げる様になれば、「専業」として自宅で働き、ストレスのない自由な生活を送れるメリットもありますしね。

しかし、行動を恐れて行動しなければ、永遠に「高卒の自分の生きる意味」に悩み続けるでしょう。

「幾ら働いても安月給のままの給料」「高卒」であることの恥ずかしさ、「将来の不安」など、どう考えてもつまらない人生が待っています。

それを変える為には、「今この瞬間の行動」が必須なのです。

まとめ

まとめ

ここまで、

「高卒で生きる意味はあるのか?」

という、あなたの疑問にお答えしました。

確かに、「高卒」というのはバカにされますし、大卒に比べて様々な要素が劣っています。

ほぼ「安月給の人生」が確定しますし、高卒が入れる会社が10年後に生き残っている可能性は、非常に低いです。

YUU
その為、「安月給」しか稼げないのに、毎日仕事で一日が終わる人生の不安が、その悩みの根源でしょう。

しかし、「歩合制の仕事」であれば、その悩みの全てを吹き飛せます。

当然、「自分の出した結果」がモロに稼ぎに影響するので、固定給とは違って、サボれば稼ぎは減ります。

まあ、「ネット副業」であれば本業の稼ぎがあるので、生活の心配は無いですが。

何にしても、「歩合」という大きく稼げる収入形態には、それと同じ位のデメリットはあるということ。

YUU
結果を出せば大きく稼げて、出せなければ稼げないという、「至極まっとうな仕組み」ですね。

これを、「高卒が逆転できる最高の稼ぎ方」と捉えるか、「危険な仕事」と捉えるかは、あなた次第です。

何にしても、「人間が生きる意味」に、高卒も大卒も関係ありません。

その本質は「お金」であり、高卒だろうが大卒だろうが、実力があれば生き残れます。

高卒であっても、「歩合の世界」に行けば、学歴に縛られることなく、実力のみで成り上がれるのです。

YUU
あなたが、「高卒の自分の生きる意味」に悩むのであれば、これが唯一の解決法なので、即行動することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA