ちょっと宣伝です。

U-NEXTでは簡単な登録で、「31日間無料」で映画やドラマ、アニメを視聴できる、お得なサービスがあります。

もし気に入らなければ、期間内に解約すれば無料で利用可能なので、興味があればどうぞ!


高卒が大卒に勝てない理由!←答えは超簡単です

高卒が大卒に勝てない理由!←答えは超簡単です
「高卒が大卒に勝てない理由は何?」
「高卒は大卒には絶対に勝てないの?」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

「高卒は大卒に勝てない!」というのは、誰もが分かっていることでしょう。

YUU
高卒と大卒では、得られる給料に「雲泥の差」がありますからね。

当然、それには「明確な理由」があり、その仕組み上、どうあがいても勝てないのです。

よって当記事では、

「高卒が大卒に勝てない理由!」

の真相について、詳しく具体的に解説します。

高卒が大卒に勝てない理由とは?

高卒が大卒に勝てない理由とは?

「高卒が大卒に勝てない理由」は、以下の通りです。

高卒が大卒に勝てない理由
日本は学歴社会だから
高い給料を支払える会社の経営者は、
 ほぼ「大卒」だから

では、1つずつ解説しますね。

日本は学歴社会だから

日本は学歴社会だから

高卒が大卒に勝てない理由の1つ目は、

「日本は学歴社会だから」

というもの。

この日本は、ほぼ完全な「学歴社会」です。

YUU
良いか悪いかは置いておいて、多くの人は、「学歴」で相手の第一印象を決めますからね。

当然、就職の世界でも、この「第一印象」が超重要です。

心を読める訳が無いので、「面接に来る志望者の本性」を、その場だけで知ることは不可能に近いです。

誰もが、面接の場では本当の自分を隠して、「嘘」を付き大きく盛ってアピールするので、余程アレじゃない限り本性を見分けることは出来ません。

だからこそ、最も相手の努力や忍耐力をイメージしやすい「学歴」で、判断するしかないのです。

「一般的な高卒と大卒のイメージ」は、主に以下の様になると思います。

高卒のイメージ
 学生時代をひたすら遊び呆けて、
 努力せず忍耐力も無いであろう人間
大卒のイメージ
 様々な誘惑があっても我慢して、
 忍耐強く努力し勉強したであろう人間

中には「例外」もいますが、あくまで割合的には、ほぼこの通りでしょう。

YUU
そう考えると、わざわざ高卒を採用するより、「大卒」を取った方がリスクは少ないのは、誰にでも分かることですよね。

上記の理由から、高い給料を支払える会社は、まず高卒を採用しません。

これが、「高卒が大卒に勝てない1つ目の理由」です。

高い給料を支払える会社の経営者は、ほぼ「大卒」だから

高い給料を支払える会社の経営者は、ほぼ「大卒」だから

高卒が大卒に勝てない理由の2つ目は、

「高い給料を支払える会社の経営者は、
 ほぼ「大卒」だから」

というもの。

高い給料を支払える会社の経営者は、その大半が「大卒」です。

YUU
そもそも、「大卒の人から見る高卒のイメージ」は、かなり悪いのは分かりますよね?

その為、感情論的にも、「大卒の自分の会社に高卒を入れたくない!」という考えになるのは、自然なことでしょう。

100歩譲って、「プライベートな関係や知り合い程度」であれば、そんな差別意識は無いと思います。

しかし、経営者にとって最も削減した経費は、「人件費」です。

高い給料を支払うからには、「会社の利益に貢献してくれる人材」じゃなければ、損します。

YUU
そう考えると、学生時代に対した努力することなく遊び呆けて、頭も良くなく忍耐力も無い可能性が高い高卒を、雇う筈がありませんね。

よって、高い給料を支払える会社には、高卒は入れないということ。

勿論、例外はありますが、この様なイメージを持たれてしまうのは仕方が無いです。

これが、「高卒が大卒に勝てない2つ目の理由」となります。

普通に就職した場合、絶対に高卒は大卒に勝てない

普通に就職した場合、絶対に高卒は大卒に勝てない

この様に、「サラリーマンの世界」において、まず高卒は大卒に勝てないです。

そもそもの仕組み上、高卒は「圧倒的に不利な立場」になりますからね。

必然的に、高卒が入れる会社は「安月給しか支払えない会社」なので、どれだけ頑張って働こうが、永遠に大卒には勝てません。

YUU
仮に、大卒と同じ会社に入れたとしても、「昇給や出世」には雲泥の差があり、入社した時点で差がある場合もザラです。

たまに、

「大卒だけズルい!」
「社会の仕組みはクソだ!」

などとわめく人が居ますが、これは「的外れな意見」です。

そもそも「中学生位の時点」で、社会がこの様な仕組みなのは分かっていた筈ですし、親や教師にも言われた筈。

あなたが遊んでいた間、今の大卒は誘惑に負けずに「将来」を見据えて、必死に勉強していたのですから。

その為、上記の言い分は只の「言い訳」だということ。

YUU
お金が無い家庭だったとしても、「奨学金を借りる」という選択肢もありますからね。

よって、100歩譲ってどうしようもない事情があったにしても、「自業自得」なのです。

高卒が大卒に勝つたった1つの方法

高卒が大卒に勝つたった1つの方法

ここまで、「高卒が大卒に勝てない理由」を解説しましたが、実は勝つ方法が1つだけあります。

それが、「歩合制の仕事を行う」ということ。

上記で挙げた、「高卒が大卒に勝てない理由」は、あくまで固定給の雇われの世界での話です。

しかし、歩合制の収入形態においては、学歴年齢性別関係なく、「出した結果のみ」で稼ぎが決まります。

とは言え、歩合制の仕事でも、雇われの世界ではなく、「自分の力で稼ぐ道」を選んだ方が、当然稼ぎは大きくなります。

YUU
例えば、「歩合制の営業職」の場合、会社によっては高卒でも入れるでしょうが、雇われている以上は、確実に自分の取り分が減るので、大きく稼ぐ夢は見れませんからね。

それに比べ、自分の力で稼げば、経費を除いた利益の全てが自分の稼ぎになるので、「月収100~数百万円以上」を得ることも可能です。

因みに、「ネット系の仕事」であれば、その特性上、膨大な市場で勝負出来る上に、利益率の高い収入形態のものが多く、より大きく稼ぎやすいので、おすすめします。

高卒が大卒に勝てない理由まとめ

高卒が大卒に勝てない理由まとめ

ここまで、

「高卒が大卒に勝てない理由」

について、お話ししました。

主な要点は、以下の通り。

高卒が大卒に勝てない理由
日本は学歴社会だから
高い給料を支払える会社の経営者は、
 ほぼ「大卒」だから
高卒が大卒に勝つ方法
「歩合制の仕事を行うこと」

高卒が大卒に勝てない理由は、日本が「学歴社会」だからです。

高い給料を貰える会社には、ほぼ「大卒」しか入れません。

高卒の場合、必然的に「安月給しか支払えない会社」しか選択肢が無いので、どれだけ頑張ろうが大卒には勝てないということ。

YUU
しかしこれは、「固定給の雇われ」の話です。

「自分の力で稼ぐ歩合制の仕事」であれば、出した結果のみで稼ぎが決まり、大企業の固定給の雇われなんて目じゃない位、大きな収入を得ることが出来ます。

また、ネット系なら、パソコン1台で自宅で出来るので、「副業」として生活の心配がない状態で始められます。

本業以上の稼ぎが安定してから「専業」になれば、自宅で気楽に大卒を大きく超える金額を稼ぐことが可能です。

その間、大卒は「大きくは稼げない固定給」で雇われ、人間関係のストレスや残業で命を削りながら働いています。

YUU
これは、「勝った!」と言っても過言では無い稼ぎ&生活ではないでしょうか?

あなたが本気で大卒に勝ちたいのであれば、今行動することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA