フリーターは良くない!←こう言われる理由を教えましょう

フリーターは良くない!←こう言われる理由を教えましょう

「フリーターは良くない!」
「早く就職した方がいい!」

一般的にフリーターは、この様に言われます。

そもそもフリーターは、「社会的に最底辺の位置」に居る為、正社員から馬鹿にされたり、見下されます。

その為、フリーターからしたら上記の様な「自称アドバイス」は、馬鹿にしてる様に感じるのですよね。

YUU
僕自身、「20代前半の頃」は上記の様なアドバイスには、全く耳を貸しませんでした。

しかし、実は正社員からの上記のアドバイスは、至極「まっとう」なもの。

この現実は、自分がフリーターのまま年を取ってから、思い知ることになるのです。

よって当記事では、

「フリーターは良くない!」
「早く就職した方がいい!」

この様に言われる理由の真相について、お話ししました。

フリーターは良くない!←それは絶望的な結末が待っているから

フリーターは良くない!←それは絶望的な結末が待っているから
「フリーターは良くない!」

こう言われるのは、フリーターには「絶望的な結末」が待っているからです。

そもそもフリーターは「バイト」であり、簡単にクビを切られる立場です。

その為、何の保証も無いまま、ある日突然収入源を失う危険があります。

若い時なら、他のバイトを探せば解決しますが、これが「50歳」とかになると、確実に採用されにくくなります。

また、加齢によって確実に退職の低下や思考力が鈍る為、若者の足手まといになる日は必ず来ます。

特にバイトなんて、スピード重視の現場仕事なので、より対応出来なくなっていくのです。

YUU
当然、「戦力外」としてクビになる可能性が、より高まります。

そして最終的には稼ぐ手段を失い、「生活保護」で生きる結末を迎えるということ。

因みにこの生活保護は、「国民の税金」であり、本来はやむを得ない事情で働けない人の為の保証。

それを、「フリーターを続けて、歳を取って働けなくなったから」という理由で受ける訳ですから、クソですよね?

だからこそ、フリーターの危険を教えたり、税金の無駄遣いに怒って、「フリーターは良くない!」と説教されるのです。

フリーターは良くない!←かといって安易な就職はNG

フリーターは良くない!←かといって安易な就職はNG
「フリーターは良くない!」

こう言われるなら、「じゃあ就職すればいいの?」と思うでしょう。

しかし、それはNG行動であり、僕から言わせれば「自殺行為」です。

何故なら、フリーター期間がある人間が就職できるのは、ほぼ「ブラック企業やブルーカラー系」だから。

就職の世界は、「学歴や今までの経歴」で稼ぎや立場が決まる仕組みなので、フリーターは最底辺の扱いを受けます。

普通に考えれば当たり前ですが、まともな労働環境の優良企業には、沢山の「新卒」が集まる為、フリーターを採用する訳がありません。

その為、まともな新卒は避ける、「ブラック企業やブルーカラー系」しか、フリーターを受け入れる会社は無いということ。

YUU
まあ、「劣悪な労働環境」の為に常に退職者が出て、万年人手不足なので誰でも採用する、という意味もありますがね。

この様な会社に入ったら最後、一生安月給かつ、キツイ仕事で使われる運命が確定します。

あなたが、この様な人生を避けたい場合は、安易に就職するべきではないです。

現実として、就職で人並みの人生を送れるのは、「新卒」だけであり、フリーター期間がある時点で、それは不可能なのです。

幾ら、「フリーターは良くない!」と説教されても、安易に就職を選べばこの様な結末を迎えるので、おすすめしません。

フリーターは良くない!←自分の力で稼ぐ道に進むべき

フリーターは良くない!←自分の力で稼ぐ道に進むべき

フリーターが人並み~それ以上の人生を送る方法は、1つしかありません。

それは、「自分の力で稼ぐ道」に進むこと。

この世界では就職とは違い、学歴や経歴は一切関係なく、「結果」さえ出せば大卒以上に稼ぐことが出来ます。

元フリーターだろうがニートだろうが関係なく、結果を出すことで誰でも平等に成り上がれるのです。

YUU
それこそ仮に今から始めても、努力すれば一年足らずで、「月収100万円以上」も目指せる世界ですからね。

特に、今の時代は「ネット」を使うことで、パソコン一台で、自宅で容易に起業できる環境があります。

その為、誰でも簡単に成り上がりのステージの、スタート地点に立てるということ。

因みに、僕自身も30歳頃まで高卒フリーターをやっていて、一時は自分の将来に絶望しました。

就職する場合は、99%「ブラック企業やブルーカラー系」にしか入れない為、それを回避して成り上がる為に、このネット起業を選択しました。

その後は、稼げたり稼げなくなったりを繰り返したものの、徐々にコツを掴んで収入が安定し、晴れて「惨めなフリーター生活」を抜け出せたのです。

YUU
今では職種の特性上、「自宅で快適かつノーストレスで働ける環境」を得られていますし、収入もフリーター時代とは雲泥の差があります。

この様に、フリーターが人並み~それ以上の人生を送る為には、「自分の力で稼ぐ道」に進むしかないということ。

ぜひ、あなたにも実践をおすすめしますね。

まとめ

まとめ

ここまで、

「フリーターは良くない!」
「早く就職した方がいい!」

この様に言われる理由の「真相」について、お話ししました。

「フリーターは良くない!」的な説教って、ウザいですよね。

親や友達からこの様に言われても、まず真面目に話を聞こうとは思わないので、スルーしてフリーターを続ける人が全体の9割だと思います。

しかしその真相は、自分がフリーターのまま年を取って、「再起不能」になってから気付くのです。

YUU
僕の場合は、それが「30歳ごろ」でした。

まあ、僕の場合はメジャーデビューを目指してフリーターを続けていたのですが、他人から見れば同じ「無計画な人生」にしか見えないでしょうね。

もし、そのままフリーターで過ごせば、最終的な結末は「生活保護」です。

今から就職した所で、「ブラック企業やブルーカラー系」にしか入れず、結局はフリーターと変わらない、全てが人並み以下の人生が確定します。

だからこそ、僕は「自分の力で稼ぐ道」に進む決意をしました。

あなたも、この道に進んで成り上がりを目指してみてはいかがですか?

YUU
詳細は、「以下の記事」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA