フリーターで生きていく方法はある?その真相を暴露します

フリーターで生きていく方法はある?その真相を暴露します

「フリーター」は、社会的に終わってる存在です。

収入や安定性など、全てにおいて「人並み以下」ですし、フリーター期間がある人間が就職できる会社は、まともな労働環境ではありません。

とは言え、フリーターでも働けばお金は稼げるので、一応生きていくことは可能ですし、「恥とプライド」を捨てれば、それなりに安定して生きて行く方法もあります。

YUU
また、フリーターでも、大きく稼いで成り上がれる方法が1つだけ存在するので、それも紹介しますね。

よって当記事では、

「フリーターで生きていく方法」
「フリーターが成り上がる方法」

について、詳しく具体的に解説します。

フリーターで生きていく方法とは?

フリーターで生きていく方法とは?

フリーターでもお金は稼げるので、生きていくこと自体は出来ます。

ただし、フリーターは簡単に「クビ」を切られてしまう立場である為、同じ仕事を続けられる可能性は、極端に低いです。

若い内なら、他のバイトを探せば解決しますが、年を取るにつれて次第に採用されなくなる為、いつかは稼ぐ手段を失うのです。

YUU
雇用する側も、おっさんやおばさんより、「若者」を雇いたいですからね。

よって、フリーターで生きていくには、自分一人では難しく、「何かしらの力」を借りる必要があります。

その「フリーターで生きていく方法」が、以下の2つです。

①永遠に実家で暮らす
②生活保護を受ける

では、1つずつ解説しますね。

永遠に実家で暮らす

永遠に実家で暮らす

フリーターで生きていく方法の1つ目は、

「永遠に実家で暮らす」

というもの。

永遠に「実家」で暮らせば、親が生きている間は、家賃や生活費は掛かりません。

親が死んだ後に実家を相続すれば、同じく家賃は掛からず、「生活費」さえ稼げば生きて行けます。

一応、固定資産税は掛かりますが、仮に働けなくなっても、②で解説する「生活保護」を受ければ、ギリギリ生きていくことは可能です。

YUU
勿論、いい年した大人が親のすねをかじっていれば、周囲から「ゴミの様な目」で見られますが、それと生きていく方法とは、全く関係無いですからね。

恥や外聞を捨てれば、フリーターで生きていくことは出来るのです。

生活保護を受ける

生活保護を受ける

フリーターで生きていく方法の2つ目は、

「生活保護を受ける」

というもの。

高齢になり、バイトで採用されなくなっても、「生活保護」を受ければ生きていくことは可能です。

生活保護を受ける際の審査にさえ通れば、働くことなく、その辺のフリーターより良い生活が出来る場合もあるので、節約すれば余裕で生きていけます。

ただし、生活保護を申請する際は、親や兄弟などに連絡が行く為、同じく「ゴミの様な目」で見られます。

YUU
生活保護の審査が下りたということは、あなたの親や兄弟が、「あなたを養うつもりはない」と判断した証明である為、最悪の場合は縁を切られるでしょうね。

とは言え、この様な恥や外聞を捨てれば、働かずに生きていける人生を送ます。

よって、ある意味「最強のフリーターで生きていく方法」です。

このフリーターで生きていく方法は、クソ人間にしか使えない

このフリーターで生きていく方法は、クソ人間にしか使えない

ここまで解説した、「2つ」のフリーターで生きて行く方法。

これらは全て、「クソ人間」にしか出来ないことです。

特に「男」の場合、まともな神経をしていたら、成人後に実家で親に養われる人生を送るのは、耐えられません。

YUU
自分のプライドもそうですし、「羞恥心」が凄まじいですからね。

生活保護も、そもそもは国民の税金であり、本来は「やむを得ない事情で働けない人」の為にある制度です。

それを、「フリーターで生きていく為」「フリーターを続けて働けなくなったから」という理由で受けるのは、クソ人間です。

まともな人間であれば、その様な考えにはなりません。

よって、ここまでお話しした「フリーターで生きていく方法」は、クソ人間にしか使えない方法だということ。

フリーターが大卒以上に稼いで成り上がれる方法

フリーターが大卒以上に稼いで成り上がれる方法

たった1つだけ、フリーターでも成り上がれる方法があります。

それは、「自分の力で稼ぐ道」に進むこと。

フリーターが就職した所で、ほぼ「ブラック企業やブルーカラー系」にしか入れず、一生安月給かつ、キツイ仕事で使われる運命が確定します。

それは、就職の世界が、「学歴」「今までの経歴」で稼ぎや立場が決まる仕組みだから。

しかし、「自分の力で稼ぐ道」であれば、そんなものは一切関係なく、結果さえ出せば問答無用で、大卒以上に稼ぐことが出来ます。

元フリーターだろうが、ニートだろうが関係なく、努力すれば一年足らずで「月収100万円以上」も目指せる世界なのです。

YUU
特に、今の時代は「ネット」を使うことで、パソコン一台で自宅で気軽に起業できる為、より成り上がり易くなりました。

僕自身も、30歳頃まで高卒フリーターをやっていたので、就職した場合は99%、「ブラック企業ブルーカラー系」にしか入れないでしょう。

そんな人生は絶対に嫌でしたから、唯一フリーターでも成り上がれる、「自分の力で稼ぐ道」に進むことを決めました。

そして、この「ネット起業」を選択したおかげで、自宅で行えるメリットがあり、バイトで生活費を稼ぎながら安全に実践できる環境を得られました。

その後は色々苦労しましたが、徐々にコツを掴んで収入が安定し、晴れて「惨めなフリーター生活」を抜け出せたのです。

YUU
今では「自宅」で快適かつノーストレスで働ける上に、収入もフリーター時代とは雲泥の差があります。

よって、フリーターが人並み~それ以上の人生を送って成り上がる為には、この「自分の力で稼ぐ道」に進むしか方法は無いです。

ぜひ、あなたにも実践をおすすめしますね。

フリーターで生きていく方法まとめ

一生フリーター女の現実と成功方法まとめ

ここまで、

「フリーターで生きていく方法」
「フリーターが成り上がる方法」

について、お話ししました。

フリーターで生きていく方法は、「実家暮らし&生活保護」を受けること。

恥と外聞を捨てれば、この方法で働くことなく、安定して生きて行くことが出来ます。

とは言え、この選択が出来る人は相当ヤバい、「全てを他人のせいにして生きていく人間」です。

例えば、「以下の様な考え方」ですね。

「頼んでないのに産んだんだから、
 親が一生自分の面倒を見るべき」

「自分がフリーターを
 やってるのは国のせいだ」

「金持ちは税金を
 沢山払って自分を養え」

あなたが、この様な考えに共感できない場合は、「まともな人間である証拠」なので、上記の選択はしないでしょう。

その場合は、「自分の力で稼ぐ道」に進むしか、解決方法はありません。

YUU
前述の「ネット起業」なら、パソコン一台で自宅で行えるので、僕の経験上、最も安全かつ現実的な成り上がり方だと断言できますね。

詳細は、「以下の記事」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA