30代フリーター女の「起死回生法」を教えましょう

30代フリーター女の「起死回生法」を教えましょう

「30代フリーター女性」というスペックは、相当やばいです。

YUU
勿論、これは「男女」共に言えることですけどね。

20代であれば、まだ「結婚して専業主婦になる」という裏技を使える可能性はありますが、30代女性では厳しいです。

その為、あなたが豊かな人生を送るには、「自分の力」で稼いで成り上がるしか方法は無いということ。

とは言え、フリーターが今から就職しても、まともな会社には入れず、「人並み以下の安月給」でこき使われる運命からは逃れられません。

しかしたった1つだけ、「30代フリーター女性」でも大卒以上に稼いで、成り上がれる方法があるのです。

YUU
僕自身も、30歳頃まで高卒フリーターをやっていたもの、「とある道」に進んで努力した結果、成り上がれましたからね。

よって当記事では、

「30代フリーター女の起死回生法」

について、詳しく具体的に解説します。

30代フリーター女性が就職したらどうなる?

30代フリーター女性が就職したらどうなる?

まずは、あなたが「就職の道」に進んだ場合の現実について、お話しします。

「30代フリーター女性」であれば、まずまともな会社には就職できません。

その理由は、まともな条件で働ける優良企業には、沢山の「新卒」が志望する為、30代フリーターを採用するメリットが無いから。

よって、30代フリーターが就職できるのは、まともな新卒は避ける、「ブラック企業ブルーカラー系」のみとなるのです。

YUU
まあ女性なので、ゴリゴリの肉体労働は避けられるかもしれませんが、「一生安月給で使われる運命」が確定するのは間違い無いですね。

日本社会は学歴は当然として、「今までの経歴」も重要視される為、フリーターは最も悪い扱いを受けます。

この様に、就職で人並みの人生を送れるのは、「新卒」だけの特権だということ。

30代フリーター女性がそのまま生きる場合はどうなる?

30代フリーター女性がそのまま生きる場合はどうなる?

次に、労働環境の悪い会社への就職を避けて、フリーターのままで生きる場合の末路を、お話しします。

30代フリーター女性が、そのまま生きる場合は、最終的に「生活保護」で生きて行く羽目になります。

フリーターは「バイト」であり、バイトというのは簡単にクビになってしまう立場です。

その為、同じ仕事をいつまでも続けられる保証が、極端に少ないのです。

若い内なら他のバイトを探せば解決しますが、これが「40歳」「50歳」と年を重ねると、確実に採用を見送られることが増えて来ます。

YUU
雇用側からすれば、おばさんより「若者」を雇いたいですからね。

年を取れば体力も落ち、思考も鈍る為、バイトの様なスピード重視の現場仕事には、中々対応できなくなっていきます。

結果、最終的には稼ぐ手段を失い、「生活保護」で生きる人生になるのです。

生活保護は国民の税金であり、それを受ける理由が「フリーターを続けて働けなくなったから」という、クソみたいなもの。

あなたが、今の環境のままで生きる場合は、こんなクソみたいな人間になってしまう為、フリーターを続けるのはおすすめしません。

30代フリーター女性が成り上がる唯一の方法とは?

30代フリーター女性が成り上がる唯一の方法とは?

たった1つだけ、30代フリーター女性が成り上がれる方法があります。

それは、「自分の力で稼ぐ道」に進むこと。

前述の通り、就職の世界は「学歴や経歴」で稼ぎや立場が決まる仕組みなので、30代フリーターがそこに進めば、ゴミの様な扱いを受けます。

しかし、「自分の力で稼ぐ道」なら、そんなものは一切関係なく、結果さえ出せば問答無用で、大卒以上に稼ぐことが出来るのです。

元フリーターだろうがニートだろうが関係なく、全員平等になり上がれます。

YUU
それこそ、「中卒40歳ニート」であっても、努力すれば一年足らずで、月収100万円以上も目指せる世界ですからね。

僕自身も、メジャーデビューを目指していた為、30歳頃までズルズルと、「高卒フリーター」をやっていた過去があります。

流石に現実を思い知り、冷静に自分の現状を見つめた際、就職すれば99%、「ブラック企業ブルーカラー系」にしか入れないでしょう。

そんな人生は絶対に嫌だったので、「自分の力で稼ぐ道」に進む決意をしました。

選択した仕事が「ネット起業」なので、パソコン一台で自宅で行える特性があり、バイトで生活費を稼ぎながら、安全に実践できる環境を得られました。

補足
正確には、「ブログ運営」という仕事であり、ブログで特定のジャンルに特化した発信を行って、関連した広告を貼ったり商品紹介をして収益化する仕組みです。

その後は、初めてすぐに稼げたと思ったら稼げなくなったりと、紆余曲折あったものの、徐々にコツを掴んで収入が安定し、晴れて「惨めなフリーター生活」を抜け出せたのです。

今では、自宅で快適かつノーストレスで働けますし、収入もフリーター時代とは雲泥の差があります。

YUU
もし、安易に就職を選んでいたら今の生活は無いですから、あの時の選択は「大正解」でしたね。

この様に、30代フリーターが成り上がる為には、就職ではなく、「自分の力で稼ぐ道」に進むしかないのです。

あなたが、今のフリーター生活を抜け出して成り上がりたい場合は、この道に進むことをおすすめします。

まとめ

まとめ

ここまで、

「30代フリーター女の起死回生法」

について、お話ししました。

「30代フリーター」というスペックは、男女関係なく、社会的に終わってます。

就職の道に進む場合は、ほぼ間違いなく「ブラック企業ブルーカラー系」にしか入れず、一生安月給で使われます。

それを嫌がり、フリーターのまま生きる場合は、最終的に「生活保護」を受けなければ生きていけないでしょう。

どちらの道を選んだとしても、30代フリーターであれば、「ど底辺」の人生を送ることになるのです。

これが、フリーターに対する社会からの扱いだということ。

ただし、これはあくまで「雇われるなら」の話。

「自分の力で稼ぐ道」では、フリーターだろうがニートだろうが関係なく、結果さえ出せば大卒以上に稼ぐことが出来ます。

YUU
僕自身も、この道に進むことで、「30歳高卒フリーター」から抜け出せましたからね。

その中でも、「ネット起業」なら自宅で出来ますから、バイトで生活費を稼ぎながら安全に実践可能です。

そして専業になれば、自宅で快適かつノーストレスで働ける環境を得られるのです。

僕は「極度のインドア人間」なので、このメリットに最も惹かれて、その生活を夢見て努力しました。

詳細は「以下の記事」で解説しているので、興味があればご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA