フリーターはやばいって本当?←その絶望的な真相を教えます

フリーターはやばいって本当?←その絶望的な真相を教えます

「フリーターはやばいから就職しろ」
「フリーターの人生は死ぬ程やばい」

一般的に、「フリーター」はこの様に言われます。

あなたがフリーターであれば、これらを親や友達から言われた経験があるでしょうし、それによってケンカになってしまうこともよくある話。

特に、20代前半の頃は「フリーターでも生きていけるでしょ!」と思いがちなので、上記の様な自称アドバイスをして来る人間は、うざったいですからね。

YUU
僕自身も、「30歳頃まで高卒フリーター」をやっていた為、これらは全て経験済みです(笑)

しかし、フリーターの人生がやばいのは、「紛れもない事実」

確実に、あなたが想像しているより、遥かにやばい将来を送る羽目になるので、一刻も早くフリーターを抜け出さないと、後戻りできなくなります。

よって当記事では、

「フリーターはやばいから就職しろ」
「フリーターの人生は死ぬ程やばい」

この様に言われることの「真相」と、僕がフリーターを抜け出した、「成り上がる解決法」についてお話しします。

フリーターはどれくらいやばいのか?

フリーターはどれくらいやばいのか?

フリーターは、やばいやばいと言われますが、若い内は、いまいちピンと来ません。

YUU
僕自身も、20代前半の頃は周囲から「フリーターはやばい」と言われましたが、どうも実感が無くうざったくてシカトしていたので、これは若者のあるあるです。

結論から言えば、フリーターがこれから普通に働いて生きて行く場合、「絶望的な人生」を送ることになります。

では、1つずつ解説しますね。

フリーターが就職した場合のやばい人生とは?

フリーターが就職した場合のやばい人生とは?

仮に、今から就職したとしても、フリーター期間がある人間が入れるのは、「ブラック企業ブルーカラー系」のみです。

当然、これは「全てにおいてやばい会社」なので、就職してしまったら、一巻の終わりです。

勿論、あなたに「突出したスキル」があったり、「何かしらのコネ」を持って入れば、まともな会社に就職できるでしょうが、それが無い場合はまず、この運命からは逃れられません。

その理由は、まともな条件で働ける優良企業には、膨大な「新卒」が志望する為、フリーターが採用される筈が無いからです。

YUU
まあ、普通に考えれば「当たり前の話」ですよね。

それに比べ、「ブラック企業やブルーカラー系」であれば、まともな新卒は避けますし、劣悪な労働環境の為、常に退職者が出て万年人手不足なので、フリーターでも採用されるということ。

就職で人並みの人生を得られるのは、「新卒」だけである為、フリーターがそれを望むのは身分不相応なのです。

フリーターのままで生きる場合のやばい人生とは?

フリーターのままで生きる場合のやばい人生とは?

この様な会社で働く人生が嫌で、フリーターのまま生きる場合、最終的には稼ぐ手段を失って「生活保護」で生きる人生になります。

そもそもフリーターとは、簡単に「クビ」を切られる立場なので、同じ仕事を続けられる保証は、正社員に比べて極端に少ないです。

若い内なら他のバイトを探せば解決しますが、これが「40歳」「50歳」と年を取れば、確実に採用を見送られることが増えて来ます。

YUU
雇用側からすれば、おっさんやおばさんより、「若者」を採用したいに決まっていますからね。

また、「加齢」によって確実に体力は低下しますし、バイトの大半を占める20代前半の若者に比べると、思考も鈍ります。

その為、バイトの様なスピード重視の現場仕事には徐々に対応できなくなり、「戦力外扱いされる日」が必ず来るのです。

あなたが、「自分は年を取っても働ける!」と思っていても、雇用側はそうは思わないので、需要が無いということ。

結果、最終的には稼ぐ手段を失って、「生活保護」を頼らないと生きて行けなくなる人生になります。

フリーターがやばい人生から抜け出せるたった1つの方法

フリーターがやばい人生から抜け出せるたった1つの方法

たった1つだけ、フリーターが成り上がれる方法が存在します。

それは、「自分の力で稼ぐ道」に進むこと。

バイトは問題外だとして、就職の世界では、「学歴や経歴」で稼ぎや立場が決まる仕組みなので、フリーターがそこに進めばゴミの様に扱われます。

しかし「自分の力で稼ぐ道」では、そんなものは一切関係なく、結果さえ出せば大きく稼いで成り上がれるのです。

YUU
仮に「中卒40歳ニート」でも、この道で努力すれば、一年足らずで月収100万円以上も目指せる世界ですからね。

フリーターが人並み~それ以上の人生を送る為には、「この道」に進むしか解決法は無い、と断言できます。

僕自身、メジャーデビューを目指して上京するも芽が出ず、「30歳頃まで高卒フリーター」をやっていました。

流石に現実を思い知り、自分の現状と将来を考えた際、仮に就職すれば99%、「ブラック企業ブルーカラー系」にしか入れず、人並み以下の人生が確定します。

「30歳高卒フリーター」って、凄まじくやばいスペックですからね(笑)

そんな人生は絶対に嫌だったので、唯一フリーターでも成り上がれる、「自分の力で稼ぐ道」に進むことを決めたのです。

選択した仕事が「ネット起業」(ブログ運営)なので、パソコン一台で自宅で行える特性があり、バイトで生活費を稼ぎながら、安全に実践できる環境を得られました。

その後は、割とすぐに稼げたと思ったら稼げなくなったりと、色々ありましたが、徐々にコツを掴んで収入が安定し、晴れて「惨めなフリーター生活」を抜け出せたのです。

YUU
今では職種の特性上、「自宅」で快適かつノーストレスで働けますし、収入もフリーター時代とは雲泥の差があります。

この様に、フリーターがやばい人生を抜け出し、人並み~それ以上の人生を得る為には、「自分の力で稼ぐ道」に進むしか方法は無いです。

あなたが、フリーターの現状を抜け出して成り上がりたければ、就職ではなく、この道に進むことをおすすめします。

フリーターがやばい理由まとめ

フリーターがやばい理由まとめ

 

ここまで、

「フリーターはやばいから就職しろ」
「フリーターの人生は死ぬ程やばい」

この様に言われることの「真相」と、「その悩みの解決法」について、お話ししました。

フリーターは普通に生きる場合、どうあがいてもやばい人生からは抜け出せません。

この場合の普通に生きるとは、「就職」か、「フリーターを続ける」ということです。

フリーターが就職する場合、あなたが相当有能な人間か、何かしらのコネが無い限り、「ブラック企業やブルーカラー系」しか入れません。

YUU
まともな条件で働ける優良企業には、「新卒」が死ぬ程集まるので、フリーターが入れる訳が無いのは、普通に考えれば当たり前ですからね。

ここに就職したら最後、一生安月給かつキツイ仕事で使われる、「ど底辺のやばい人生」が確定します。

これを嫌がり、フリーターを続ければ、最終的には加齢によって働き口が無くなり、「生活保護」で生きる人生になります。

生活保護は、真面目に働く国民の税金であり、それ受ける理由が「フリーターを続けて働けなくなったから」という、クソみたいな理由。(本来は、やむを得ない事情で働けない人のものなので)

これは、やばいどころではなく、「クソ」ですよね。

あなたが、この様なフリーターの末路を回避し、成り上がりたければ、「自分の力で稼ぐ道」に進むしか方法はありません。

YUU
30歳頃まで高卒フリーターだった僕でも成り上がれたので、「努力」さえ出来れば、誰にでも可能なのです。

詳細は、「以下の記事」をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA