フリーターだけど何をしたいかわからない←解決法を教えましょう

フリーターの人生は絶望的です

「フリーターでズルズル生きている」
「自分が何をしたいかわからない」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

フリーターは、「大した責任がない気楽な立場」なので、ついズルズル続けてしまうものです。

YUU
その結果、どんどん年を取って行き、ある日急に「自分の将来」が不安になるんですよね。

しかし、フリーターを続ける人の多くは、「自分が何をしたいかわからない」という悩みを持っています。

あなたも、その一人でしょう。

自分が何をしたいかわからないのに、安易に就職した所で、すぐに辞めるのがオチですから、あなたは「そのどうしようもない現状」に悩んでいる筈。

その際は、僕流の「効果的な解決法」があるので、参考になるかと思います。

よって当記事では、

「フリーターでズルズル生きている」
「自分が何をしたいかわからない」

この様な悩みを抱えるあなたに、その解決法を紹介します。

フリーターだけど何をしたいかわからない←あなたが興味があるものをやるべき

あなたが興味があるものをやるべき

「フリーターの現状」に悩むもの、何をしたいかわからない。

それは、あなたが「興味」があること、「絶対に譲れないもの」を基準に考えれば、解決します。

例えば、パソコンを使うのが好き、インドア人間で家から出たくない場合は、「パソコンを使った仕事」が向いている筈です。

YUU
因みに僕自身も、その方法で「今の仕事」を選択しました。

僕の仕事は、「ブログ運営」というものを行っています。

ざっくり言えば、特定のジャンルに特化した発信を行って、関連した広告を貼ったり商品紹介をして収益化する仕組みです。

この仕事を始めたいきさつは、元々僕はバンドでメジャーデビューを目指して、高校卒業後に上京しました。

しかし全くかすりもせずに、気付けば30歳頃までフリーターをやっていたのです。

流石に現実を思い知り、冷静に自分の現状と将来を考えた結果、仮に就職すれば99%「ブラックや企業ブルーカラー系」にしか入れず、一生安月給かつ、キツイ仕事で使われる運命が確定します。

そんな人生は絶対に嫌だったので、唯一低スペックの人間でも成り上がれる、「自分の力で稼ぐ道」に進む決意をしました。

初めはそれこそ、「何をしたいかわからない状態」でしたが、そんな余裕は無い年齢なので、必死に考えました。

YUU
僕自身、極度のインドア人間なので、「自宅で働ける仕事」という条件が譲れず、それでいて専業レベルで稼げるものを探しました。

そこで出会ったのが、「このブログ運営」という仕事です。

いわゆる「ネット起業」なので、パソコン一台で自宅で出来ますし、大したお金は掛からずリスクは皆無レベルで、収入形態が歩合なので、月収100万円以上も目指せる。

これが、この仕事に惹かれた理由ですね。

よってあなたも、自分が興味があったり、譲れないものを中心に選んでいけば、やりたい仕事に出会えるでしょう。

何をしたいかわからないのは、あなたが考えようとしていないだけ

何をしたいかわからないのは、あなたが考えようとしていないだけ
「自分が何をしたいかわからない」

これは僕から言わせれば、「本気で考えようとしていないだけ」です。

恐らくあなたは現状、「危機感」をあまり感じていないのでしょう。

前述の通り、僕の場合は30歳頃まで高卒フリーターをやっていました。

このスペックは、社会的に完全に終了していますから、この様な人間が就職の世界に進むのは、「自殺行為」です。

YUU
就職の世界では、学歴や経歴で稼ぎや立場が決まる仕組みなので、高卒に「フリーター」という要素が加わると、ゴミの様に扱われますからね。

この決断を誤ると一生を棒に振る為、「危機感が凄まじい状況」だからこそ、必死に考えました。

元々は、メジャーデビューを目指していた位なので、それ以外の人生は殆ど考えていませんでしたから、当初はリアルに「何をしたいかわからない状態」だったのは事実です。

しかし、そんなこと言ってる余裕は無い為、必死に考えた結論が、「ネット起業」なのです。

よって、あなたも危機感を感じれば、「何をしたいかわからない」なんて言っている余裕は無くなりますよ。

フリーターの人生は絶望的です

フリーターの人生は絶望的です

あなたは、現在それほど危機感を感じていないと思います。

しかし、フリーターをやっている時点で、かなり「将来が絶望的」であることを知った方がいいです。

基本的に、フリーターをやっている人間が就職できるのは、「ブラック企業ブルーカラー系」のみです。

YUU
僕の場合は、「30歳頃まで高卒フリーター」でしたが、あなたがもっと若かろうが関係なく、フリーターはぼぼ、そこにしか就職できません。

何故なら、まともな条件で働ける優良企業には、膨大な「大卒」が集まる為、フリーターにその枠が回って来ることは無いからです。

逆に、「ブラック企業ブルーカラー系」なら、まともな大卒は来ませんし、劣悪な労働環境の為、常に退職者が出て万年人手不足なので、フリーターでも採用されるということ。

そして、ここに就職したら最後、一生安月給かつ、キツイ仕事で使われる人生が確定します。

あなたはこれでも、「自分が何をしたいかわからない」と言っている余裕はありますか?

そうなのであれば、早急に危機感を持たないと、年を取って働けなくなった時に、詰みますよ。

YUU
あなたが興味を持つ仕事が、何なのかは分かりませんが、もし僕の様に自宅で快適に働けて、月収100万円以上を得られる仕事がしたい場合は、「ネット起業」をおすすめしますね。

まとめ

まとめ

ここまで、

「フリーターでズルズル生きている」
「自分が何をしたいかわからない」

この様な悩みの解決法を、お話ししました。

フリーターは「気楽な立場」なので、ズルズル続ける気持ちは分かります。

しかし、「自分が何をしたいかわからない」というのは、危機感が無さ過ぎです。

YUU
本当に「自分の現状と将来」を考えていれば、そんな発想にはなりませんからね。

現実として、フリーターが就職する場合は、「ブラック企業やブルーカラー系」にしか入れません。

フリーターのままで生きる場合は、最終的には稼ぐ手段を失って「生活保護」で生きる人生になります。

よって、フリーターがこれを回避する為には、「自分の力で稼ぐ道」に進むしか無いのです。

あなたが興味を持つ仕事が何であれ、雇われではなく「自分の力で稼ぐ仕事」をしない限り、成り上がる以前に、人並みの人生を送ることすら出来ません。

これが、「フリーターの絶望的な現実」なのです。

現代において起業する場合は、「ネット起業」が最も安全かつ、利益率が高く大きく稼げる方法なので、おすすめします。

YUU
詳細は、「以下の記事」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA