フリーターがダメ人間と馬鹿にされる理由とは?その真相を暴露します

フリーターがダメ人間と馬鹿にされる理由とは?その真相を暴露します

「フリーター=ダメ人間」

一般的にフリーターは、この様に言われることが多いです。

フリーターは、とにかく馬鹿にされて見下される立場なので、散々な思いをして日々過ごしています。

しかし、現役でフリーターをやっている場合、特にあなたがまだ「20代前半」であれば、この風潮が気に入らないと思います。

その際のあなたの反論としては、「フリーターでも稼げるじゃん!」「フリーターの仕事も世の中の役に立ってる!」などでしょう。

YUU
はっきり言えば、「フリーター=ダメ人間」と言われる理由は、そんな次元の話ではありません。

フリーターが増えることで、将来的に「正社員」が被害を被ることが、本質的な理由なのです。

よって当記事では、

「フリーター=ダメ人間」

この様に言われる理由の「真相」について、解説します。

フリーターがダメ人間と馬鹿にされる理由とは?

フリーターがダメ人間と馬鹿にされる理由とは?

何故、「フリーター=ダメ人間」と言われるのか?

結論から言えば、フリーターの末路は「生活保護」で生きる運命になるからです。

この生活保護費用の大半は、それなりに長く働き続けられる保証がある為、「正社員」が支払う訳ですから、そりゃあフリーターを嫌いますよ。

そもそもフリーターとは、簡単に「クビ」を切られる立場なので、今後も同じ仕事を続けられる保証はありません。

若者であれば、他のバイトを探せば解決しますが、これが「50歳」とかになると、確実に採用されにくくなってます。

YUU
雇用側としては、「若者」を優先的に雇いたいに決まっていますからね。

また、加齢によって体力の低下や思考が鈍る為、バイトの様なスピード重視の現場仕事には、対応できなくなっていきます。

結果、戦力外としてクビになる可能性が高まり、最終的には稼ぐ手段を失って、「生活保護」を頼りにしなければ生きていけません。

あなたが、「自分は年を取っても働ける!」と思っていても、、雇用側はそう思わないので、需要がないということ。

つまり、フリーターのままで生きる場合、最終的には国の税金である「生活保護」で生きることになる為、ダメ人間と見下されるのです。

本来「生活保護」とは、病む得ない事情で働けない人の為にあるもので、

「フリーターで生きて来た為、
 年を取って働けなくなった」

という、「自業自得」な理由は、馬鹿にされて当然ですよね。

よってこれが、「フリーター=ダメ人間」と馬鹿にされる、本質的な理由です。

フリーターのダメ人間が成り上がる為の唯一の方法とは?

フリーターのダメ人間が成り上がる為の唯一の方法とは?

フリーターのダメ人間から抜け出し、成り上がれる方法が、1つだけあります。

それは、「自分の力で稼ぐ道」に進むこと。

就職の世界では、「学歴や経歴」で稼ぎや立場が決まる仕組みなので、フリーターがそこに進んだ場合、一生安月給かつキツイ仕事で使われて終わります。

YUU
ほぼ、「ブラック企業やブルーカラー系」にしか入れませんからね。

しかし、「自分の力で稼ぐ道」(起業)であれば、純粋に結果さえ出せば、大卒以上に稼ぐことが出来るのです。

学歴がどうであろうが、今までの人生で何をやっていようが、「結果」さえ出せば元フリーターでもニートでも関係なく、平等に成り上がれます。

それこそ、「中卒40歳ニート」であっても、努力すれば一年足らずで月収100万円以上も目指せる世界です。

因みに、「起業」といっても、別に会社を構えたり人を雇う必要も、膨大な資金を用意する必要もありません。

現代は、「ネット」を使えばパソコン一台で自宅で起業できる時代なので、誰でも容易に参入することが可能です。

YUU
因みに僕の場合は、「ブログ運営」という仕事で収入を得ています。

これは、特定のジャンルに特化した発信を行い、関連した広告を貼ったり商品紹介することで、収益を上げる仕組みです。

パソコン一台で自宅で出来る為、「自宅」で快適に働ける環境がありますから、仕事の特性上、インドア人間に向いていますね。(僕がそうですが)

努力次第で、専業レベルは当然として、「月収100万円以上」も目指せるので、ブラック企業ブルーカラー系で使われたくない場合は、実践をおすすめします。

僕は30歳頃まで高卒フリーターの超絶ダメ人間でした

僕は30歳頃まで高卒フリーターの超絶ダメ人間でした

僕は、「30歳頃」まで高卒フリーターをやっていました。

つまり、「ゴリゴリのダメ人間」だったということ。

その理由は、メジャーデビューを目指していた為、諦めきれずにズルズルとフリーターを続けたからです。

とは言え、30歳を超えたあたりで流石に現実を思い知り、冷静に「自分の現状と将来」を考えました。

仮に就職する場合、確実に「ブラック企業やブルーカラー系」にしか入れないので、一生安月給かつ、キツイ仕事で使われて終わります。

YUU
ある意味、これも「一種のダメ人間」ですよね。

そんな人生は絶対に嫌だったので、唯一フリーターでも成り上がれる、「起業」の道に進む決意をしました。

お金が無くリスクも怖かったので、自宅で安全に出来る「ネット起業」(ブログ運営)に興味を持ち、バイトで生活費を稼ぎながら実践する日々が始まりました。

すぐに稼げたと思ったら稼げなくなったりと、紆余曲折あったものの、徐々にコツを掴んで収入が安定し、晴れて「ど底辺のフリーター生活」を抜け出せたのです。

今では、自宅で快適かつノーストレスで働けますし、収入もフリーター時代とは雲泥の差があります。

もし安易に就職していれば、絶対に今の環境は無いので、それを想像するとゾッとしますね。

YUU
この様に、フリーターが成りがる為には、就職は絶対NGであり、「自分の力で稼ぐ道」に進むしか、方法は無いのです。

まとめ

まとめ

ここまで、

「フリーター=ダメ人間」

この様に言われる理由の「真相」について、お話ししました。

フリーターがダメ人間だと言われる理由は、最終的に「生活保護」で生きる人生になるから。

あなたが、現在20代前半でフリーターの場合、「自分は年を取っても働ける!」と思っているでしょう。

しかし、あなたがそう思っていても、雇用側はそうは思わないので、いずれは需要が無くなり稼ぐ手段を失うのです。

それ以外にも、加齢によって体力の低下や思考が鈍る為、バイトの仕事は一番忙しい現場仕事なのもあり、どうあがいても若者には負けます。

とは言え、フリーターを抜け出す為に「就職」するのは、おすすめしません。

YUU
99%「ブラック企業やブルーカラー系」にしか入れず、一生安月給かつ、キツイ仕事で使われて終わりますからね。

それを回避して、フリーターが成り上がる為には、「自分の力で稼ぐ道」に進むしか方法は無いです。

勿論、簡単に成功出来る訳ではありませんが、あなたが努力できる人間なら、必ず成り上がれます。

詳しくは、「以下の記事」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA