ちょっと宣伝です。

U-NEXTでは簡単な登録で、「31日間無料」で映画やドラマ、アニメを視聴できる、お得なサービスがあります。

もし気に入らなければ、期間内に解約すれば無料で利用可能なので、興味があればどうぞ!


一生フリーターでも今の時代なら生きていける?←可能ですが・・・

一生フリーターでも今の時代なら生きていける?←可能ですが・・・
「一生フリーターでも生きていける?」
「今の時代なら生きていけるでしょ?」

あなたは、こんな疑問を抱えていませんか?

フリーターでも、当然働けばお金を稼げます。

その為、20代前半くらいまでは誰もが「一生フリーターでも生きていけるでしょ!」と、思いがちです。

YUU
今の時代は、特に東京なら仕事なんて幾らでもあるので、「稼ぐ手段が無くなる筈がない」と感じますよね。

しかし、それは若い体の今の自分の価値観に過ぎず、年を取った後の将来は、「絶望的」なものになります。

よって当記事では、

「一生フリーターでも生きていける?」
「今の時代なら生きていけるでしょ?」

この疑問の「真相」について、詳しく具体的に解説します。

今の時代は一生フリーターでも生きていけるのか?

今の時代は一生フリーターでも生きていけるのか?
「一生フリーターでも生きていける?」
「今の時代なら生きていけるでしょ?」

この疑問の答えは、「YES」です。

とは言え、それはあくまで「生きていける」という意味で、人並みの人生は送れません。

フリーターは、大した責任が無い代わりに、簡単に「クビ」を切られる立場なので、将来も同じ仕事が出来る可能性は極端に低いです。

若い時なら、単純に他のバイトを探せば解決するでしょう。

しかしこれが、「40歳」、「50歳」と年をとれば、徐々に採用されなくなって行きます。

YUU
会社側すれば、おっさんやおばさんより、「フレッシュな若者」を採用したいに決まっていますからね。

あなた自身が、「年を取っても自分は働ける!」と思っていても、雇用する側からしたらそうは思わない訳で、需要が無くなるのです。

フリーターの若者の大半が、この様に考えていますが、結局は「若い今の自分の状態」でしか理解出来ていないということ。

結果、最終的には稼ぐ手段を失い、真面目に働く国民の税金である「生活保護」の世話になります。

「今の時代は、一生フリーターでも生きていける」といいつつ、最終的には正社員が支払う税金で生活する運命が待っているのです。

これって、凄まじく正社員の人に失礼ですし、滑稽かつ惨めな人生だと思いませんか?

よって、今の時代は一生フリーターでも生きてはいけますが、その結末は「社会のお荷物」になるということ。

フリーターが今から就職すれば安心して生きていける?

フリーターが今から就職すれば安心して生きていける?

フリーターのままでも生きてはいけるものの、最終的には「生活保護」で生きる羽目になる。

こう聞くと、解決法でパッと思い付くのは、「就職すること」でしょう。

確かに、まともな会社であれば、就職することでフリーターよりも安定した人生を送れます。

しかし、フリーターを採用してくれる様な会社は、基本的に「ブラック企業やブルーカラー系」です。

まともな条件で働ける優良企業には、沢山の「新卒」が集まるので、フリーターを採用するメリットが無いですからね。

当然、ここに就職した場合、会社の安定性も稼ぎも低いですし、一生安月給かつ、キツイ仕事でこき使われる運命が確定します。

YUU
入る会社によっては、まだフリーターの方がメリットがある場合もあるので、一応生きてはいけるものの、ある意味で「人生終了」となりますね。

非常に厳しいですが、これがフリーターに対する社会での扱いなのです。

ようは、「フリーターが人並みの人生を送れると思うなよ!」ということですね。

よって、フリーターを抜け出す方法としての安易な就職は、おすすめしません。

今の時代は個人が容易に起業できます

今の時代は個人が容易に起業できます

フリーターが人並みの人生を得る方法は、1つしかありません。

それが、自分の力で稼ぐ「起業」です。

今の時代は、ネットが発達したことで、パソコン一台で「自宅」で気軽に起業できます。

YUU
必要な資金は「ネットのサーバー代」位で、ジャンルによってはノーリスクで始めることが可能ですからね。

就職の世界では、「学歴や経歴」で稼ぎや立場が決まる仕組みなので、フリーターの様な人間はゴミの様に扱われ、人並み以下の人生からは抜け出せません。

しかし、「起業」の世界では、そんなものは関係なく、結果さえ出せば平等に、大卒以上に稼ぐことが可能なのです。

フリーターやニートなど、今までの人生で何をやっていようが関係なく、努力すれば一年足らずで「月収100万円以上」も目指せる世界ですからね。

僕自身、30歳頃まで高卒フリーターをやっていた為、自分のスペック的に就職した場合、「ブラック企業やブルーカラー系」でこき使われるのは、目に見えています。

そんな人生は絶対嫌だったので、迷わずこの「起業」の道に進みました。

選択したジャンルが「ネット系」なので、パソコン一台で自宅で行えますから、バイトで生活費を稼ぎながら安全に実践出来る環境を得られました。

YUU
まずこの時点で、「成功」を確信しましたね。

低資金ノーリスクで出来るということは、諦めなければいつかは必ず成功できますから。

その後は、すぐに稼げたと思ったら稼げなくなったりと、紆余曲折あったものの、やがてコツを掴んで収入をが安定し、晴れて「安月給のフリーター生活」とサヨナラ出来ました。

ネット系の仕事なので、今では「自宅」で快適かつ、ノーストレスで働ける環境があります。

この様に、フリーターを抜け出して、ブラック企業やブルーカラー系で使われる人生を回避する為には、「自分の力で稼ぐ道」に進むしか解決法は無いのです。

あなたが今の環境を抜け出したい場合は、行動することをおすすめしますね。

まとめ

まとめ

ここまで、

「一生フリーターでも生きていける?」
「今の時代なら生きていけるでしょ?」

この疑問の「真相」について、お話ししました。

確かに、今は「一生フリーター」でも生きていける時代です。

しかしそれは、「生きていける」というだけであり、その生活は悲惨なものになります。

フリーターは簡単にクビを切られる立場なので、加齢と共に新たなバイトを探すのが困難になりますし、体力や思考力の低下で、戦力外になる可能性が高いです。

仮に、あなたが「自分は働ける!」と思っていても、雇用する側からすれば需要が無いのです。

その結果、最終的には「生活保護」の世話になる運命が待っています。

YUU
あなたは、こんな「惨めで悲惨な人生」を望んでいますか?

それを回避する為には、「自分の力で稼ぐ道」に進むしかありません。

就職は、フリーターの場合は「ブラック企業やブルーカラー系」にしか入れないので、おすすめしないです。

「自分の力で稼ぐ道」なら、純粋に努力のみで成り上がれますから、一年足らずで月収100万円以上も目指せる可能性を秘めていますからね。

何にしても、フリーターのままでは絶望的な人生が確定するので、行動しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA