フリーターの何が悪いの?←超シンプルな理由です

フリーターの何が悪いの?←超シンプルな理由です

「フリーターの何が悪いの?」
「何でフリーターが悪い風潮なの?」

あなたは、こんな疑問を抱えていませんか?

「フリーター」に対する世間のイメージは、凄まじく悪いです。

若い頃ならまだマシですが、年を取るにつれて徐々に扱いが悪くなりますね。

YUU
僕自身、「30歳頃」まで高卒フリーターをやっていたので、それは痛い程に感じました。

「フリーターが悪いと言われる理由」には、様々なものがありますが、恐らくその全てに対して、あなたは反論があるでしょう。

だからこそ、納得がいかない筈です。

よって当記事では、

「フリーターの何が悪いの?」
「何でそんなに悪い風潮なの?」

この様な疑問を抱えるあなたに、「その真相」をお話しします。

フリーターの何が悪いの?←年を取った後に困るから

フリーターの何が悪いの?←年を取った後に困るから
フリーターの何が悪いの?」
「何でそんなに悪い風潮なの?」

この疑問の答えは、「年を取った後で困るから」です。

フリーターとは、簡単に「クビ」を切られる立場なので、今後も同じ仕事が出来る保証が、極端に低いです。

若いうちなら、新しいバイトを探せば解決しますが、これが「50代」とかになると、徐々に採用されなくなってきます。

YUU
会社側からすれば、おっさんやおばさんより「若者」を雇いたいですからね。

また、バイトとは最も体力やスピードが重視される現場仕事なので、年を取って体力が落ち思考も鈍った場合、確実に足手まといになります。

その結果、クビになる可能性も高まる為、「年を取っても自分は働ける」と主張しても、雇う側からすれば需要が無いので、戦力外扱いされます。

そして、最終的には稼ぐ手段を失って、「生活保護」で生きる運命になるのです。

補足
因みにこの「生活保護の費用」は、その大半が、真面目に働き続ける正社員が支払う税金であり、それを受ける理由が「フリーターで生きてきて働けなくなったから」という、クソみたいな言い分です。 

そりゃあ正社員からすれば、「自業自得かつ税金の無駄遣いだ!」と、怒りますよね。

だからこそ、フリーターに悪いイメージを持っているということ。

フリーターと正社員では、生涯年収が「2憶」ほど違うと言われていますから、フリーターが貯金できる金額なんてたかが知れています。

よって、「将来の為に貯金すればいいでしょ!」と考えている場合、それは考えが甘すぎるのです。

YUU
この様に、あなたがフリーターのまま生きる場合、最終的には「生活保護」で生きる運命になるので、今すぐ何らかの行動をした方がいいですね。

フリーターが今就職すれば将来は安泰なのか?

フリーターが今就職すれば将来は安泰なのか?

フリーターのまま生きると、将来は生活保護生活になる。

となると、解決法として思い付くのは「就職」ですよね。

確かに、就職すればフリーターよりは、安定した人生を送れます。

しかし、フリーターが就職できるのは、基本的に「ブラック企業やブルーカラー系」くらいです。

YUU
まともな条件の優良企業には、膨大な「新卒」が志望する為、当然フリーターを採用する筈がありませんからね。

そこに就職したら最後、一生安月給かつ、キツイ仕事でこき使われる運命が確定します。

あなたが、「単純に就職出来ればいい」と考えるなら、それで全てが解決するでしょう。

でも、就職して人並みの人生を望む場合は、フリーター期間がある人間にそれは絶対叶わないことなので、就職はおすすめしません。

就職で人並みの人生を送れるのは、「新卒」だけの特権ですから。

フリーターが唯一大卒以上に稼げる方法

フリーターが唯一大卒以上に稼げる方法

フリーターが人並みの人生を送れないのは、「就職」する場合の話です。

ここでは、「学歴や今までの経歴」で稼ぎや立場が決まる仕組みなので、フリーター期間がある人間は、ボロクソに扱われますからね。

しかし、「自分の力で稼ぐ道」に進めば、そんなものは関係なく、結果さえ出せば大卒以上に稼ぐことが出来ます。

今までの人生で何をやっていようが、努力して「結果」を出すことで、元フリーターだろうがニートだろうが関係なく、一年足らずで月収100万円以上も目指せる世界なのです。

YUU
僕自身、メジャーデビューを目指して、「30歳頃まで高卒フリーター」をやっていました。

流石に現実を思い知り、自分の現状と将来を考えた結果、仮に就職した場合は、「ブラック企業やブルーカラー系」でこき使われる運命は、目に見えています。

そんな人生は絶対に嫌だったので、唯一フリーターでも成り上がれる、「自分の力で稼ぐ道」に進む決意をしました。

選択した仕事が「ネット系」だったので、パソコン一台で自宅で行える環境があり、バイトで生活費を稼ぎながら安全に実践できた点が、のちの成功の一因だったと思います。

リアルビジネスでの起業の場合、「初期投資とリスク」が高すぎて、無理ですからね。

その後は、割とすぐ稼げたと思ったら稼げなくなったりと、紆余曲折あったものの、徐々に収入が安定して来てようやく、「安月給のフリーター生活」を抜け出せたという経緯です。

YUU
今では職種の特性上、「自宅」で快適に働けますし、当然ですがフリーター時代とは、収入にも雲泥の差があります。

もし、安易に就職していれば、一生安月給かつキツイ仕事で終っていた訳ですから、就職の道はフリーターが進むべき世界ではないのです。

圧倒的にフリーターに不利な条件の仕組みなので、ただの「自殺行為」ですから。

よって、あなたがフリーターを抜け出し、人並み以上の人生を得たい場合は、「自分の力で稼ぐ道」に進むことをおすすめします。

フリーターの何が悪いの?まとめ

フリーターの何が悪いの?まとめ

ここまで、

「フリーターの何が悪いの?」
「何でそんなに悪い風潮なの?」

この様な疑問の「真相」を、お話ししました。

フリーターの何が悪いかと言えば、将来的に「生活保護」で生きることになるから。

そしてその費用の大半は、正社員で働く国民の税金であり、それを受ける理由が、「フリーターを続けて働けなくなったから」である為、いい気はしなくて当然でしょう。

この事実を知っても尚、あなたは正社員の人間に、「フリーターの何が悪いの?」と言えますか?

YUU
僕があなたなら、申し訳なくて言えないですね。

そして、その将来を変える為に行動しますし、実際にしました。

学歴や経歴が重要視される仕組み上、フリーターが就職すればゴミの様に扱われる為、そこには行かず、「自分の力で稼ぐ道」に進みました。

その結果、努力の甲斐あって今の「自宅」で気楽に働ける、自由な生活が手に入ったのです。(仕事がネット系なので)

あなたが、生活保護で生きる運命を回避し、人並みの人生を送りたい場合は、この道に進むしか解決法はありません。

自分の将来の為にも、行動することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA