フリーターが就職するのはもう遅い?その真相を教えましょう

フリーターが就職するのはもう遅い?その真相を教えましょう

「フリーターが就職するのはもう遅い?」
「もう就職が遅いならどうすればいい?」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

フリーターは「気楽な立場」なので、ついズルズルと続けてしまうものです。

その結果、年を重ねればフリーターの自分の将来が不安になり、就職を考えます。

しかし、当然フリーターという要素は、就職では不利になるので、「今更就職しても遅い!」という考えになる筈です。

とは言え、フリーターでも就職している人は沢山いる訳で、「これは本当なのか?」という疑問があるかと思います

YUU
僕自身、「30歳頃まで高卒フリーター」をやっていましたが、現在はそこから抜け出していますからね。

よって当記事では、

「フリーターが就職するのはもう遅い?」
「もう就職が遅いならどうすればいい?」

という悩みの「真相」と、「僕の経験上の解決法」について、お話しします。

フリーターが就職するのはもう遅いのか?

フリーターが就職するのはもう遅いのか?

フリーターが就職するのはもう遅いのかどうかは、「あなたが求めるもの」によって変わります。

そもそも就職するにあたって、「フリーター」という肩書は最悪な要素です。

YUU
まず、まともな条件では就職できないと思った方が良いですね。

その為、あくまで「フリーターを抜け出して就職したい」というのが目的なら、今から就職しても遅くはありません

仕事を選ばなければ、幾らでも就職は出来ますから。

しかし、「まともな条件の優良企業」に就職し、「人並みの生活」を送りたい場合は、フリーターを選んだ時点で、もう遅いです。

この様な条件は、「新卒」のみに許された特権である為、あなたがフリーターになった時点で、今更求めてももう遅いのです。

YUU
自ら、一生に一度だけ全員が平等に持つ、「新卒」という貴重な権利を放棄したので、今更後悔しても、もう遅いんですよ。

フリーターが就職出来るのは、まともな新卒は避ける「ブラック企業やブルーカラー系」のみなので、就職したとしても、人並みの生活はもう送れません。

よってまとめると、仕事を選ばずに、ただ就職したいだけなら、それは叶います。

しかし、就職でホワイト企業に勤めて、人並みの生活を送りたい場合は、もう遅いです。

もう遅いというのはあくまで就職する場合の話

もう遅いというのはあくまで就職する場合の話

フリーターが、就職で人並みの人生を送るのは、もう遅いです。

しかし、これはあくまで「就職」する場合の話であり、お金を稼ぐ手段は他にもあります。

それは、「自分の力で稼ぐ道」に進むこと。

フリーターが就職して扱いが悪くなるのは、この世界が、「学歴や経歴」で稼ぎや立場が決まる仕組みになっているからです。

YUU
当然、「フリーターの様な社会的に終わってる人間」がそこに進めば、安月給で使われるに決まっていますよね。

それに比べて、「自分の力で稼ぐ道」は、純粋に結果さえ出せば元フリーターでも問題なく、大卒以上に稼ぐことが可能です。

いつ始めようが、今までの人生で何をやっていようが関係なく、「努力のみ」で成り上がれるのです。

それこそ、「中卒40歳ニート」であっても、努力して結果を出せば、一年足らずで月収100万円以上も目指せる世界ですから。

よって、フリーターが人並み~それ以上の人生を送る為には、この「自分の力で稼ぐ道」に進むしか方法は無いのです。

僕は30歳頃まで高卒フリーターで、就職はもう遅いどころか終わってました

僕は30歳頃まで高卒フリーターで、就職はもう遅いどころか終わってました

僕は「30歳頃」まで、高卒フリーターをやっていました。

元々は、メジャーデビューを目指して上京したものの、全く芽が出ずにフリーターのまま「30歳」を超えていたのです。

YUU
この時点で、就職はもう遅いどころの話では無いですよね。

99%、「ブラック企業やブルーカラー系」にしか入れないので、あまりにも夢が無さ過ぎる為、就職は全く考えませんでした。

必然的に、唯一フリーターでも成り上がれる「自分の力で稼ぐ道」に進む決意をしたのです。

興味を持った仕事が「ネット系起業」なので、パソコン一台で自宅で出来るメリットがあり、バイトしながら安全に行えた点が、その後の成功の一因だと思います。

普通にリアルビジネスで起業する場合、「膨大な初期費用やリスク」を受け入れて、それ一本で挑む必要があるので、そんなの無理でしたからね。

よって、「ジャンル選び」の時点で、成功を確信していました。

その後は、稼げたり稼げなくなったりを繰り返したものの、徐々にコツを掴んで収入が安定し、ようやくフリーターを抜け出せたという流れです。

YUU
今では、「自宅で快適に働ける環境」がありますし、収入もフリーター時代とは雲泥の差があります。(当たり前ですが)

もし、あの時に就職を選んでいたら、絶対にこんな生活は送れていない為、この道に進んだのは「大正解」でした。

この様に、「自分の力で稼ぐ道」に進めば、30歳頃まで高卒フリーターだった僕でも、努力のみで成り上がれるのです。

就職の世界では、その仕組み上、「レールを外れたフリーターの様な人間」は、絶対に人並みの人生は送れませんからね。

よって、あなたが「人並み~それ以上の人生」を送りたい場合は、この道に進むことをおすすめします。

まとめ

まとめ

ここまで、

「フリーターが就職するのはもう遅い?」
「もう就職が遅いならどうすればいい?」

という悩みの「真相」と、「僕の経験上の解決法」について、お話ししました。

あなたが就職する場合、何を求めますか?

それが「ただフリーターを抜け出したい」だけなら、全然遅くはないので、それは叶います。

しかし、「ホワイトカラーで人並みの人生」を送りたい場合は、新卒を捨ててフリーターを選んだ時点でもう遅いので、諦めた方が良いです。

とは言え、これはあくまで「就職するなら」の話で、フリーターが人並みの生活を送る方法は、他にあります。

それが「自分の力で稼ぐ道」に進むことです。

フリーターが成り上がれる方法は、主に「リアルビジネスでの起業」「株やFX」などが、メジャーな方法です。

この中に、あなたが興味があるジャンルがあるなら、それを選択して下さい。

YUU
あくまで個人的には、自宅で気軽に始めて成り上がれる、「ネット系起業」をおすすめしますがね。

詳細は、「以下の記事」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA