ちょっと宣伝です。

U-NEXTでは簡単な登録で、「31日間無料」で映画やドラマ、アニメを視聴できる、お得なサービスがあります。

もし気に入らなければ、期間内に解約すれば無料で利用可能なので、興味があればどうぞ!


フリーターは就職を諦めた方がいいのか?その真相を教えましょう

フリーターは就職を諦めた方がいいのか?その真相を教えましょう
「フリーターは就職を諦めた方がいい?」
「就職を諦めた際はどうするべき?」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

一般的にフリーターは、「就職に不利」だと言われています。

YUU
ようは、まともな会社には就職できずに、「ブラック企業やブルーカラー系」にしか就職できない、という風潮ですね。

これを知ると、フリーターの多くは就職を諦めたり、働くこと自体を辞める傾向があります。

となると、「フリーターの人生はもう終わりなのか?」という疑問が浮かびますよね。

その為あなたは、「この風潮の真実」を知りたいでしょう。

よって当記事では、

「フリーターは就職を諦めた方がいい?」
「就職を諦めた際はどうするべき?」

この様な風潮の真相について、お話しします。

フリーターは就職を諦めた方がいいって本当?

フリーターは就職を諦めた方がいいって本当?

フリーターは就職を諦めた方がいいのか?

これは、「あなたが何を求めるのか」によって変わります。

単純に、フリーターを抜け出して「正社員」になりたいだけなら、就職を諦める必要は無いです。

YUU
選ばなければ、フリーターでも就職は簡単に出来ますからね。

しかし、「人並み程度~それ以上の人生」を望むのであれば、就職は諦めた方が良いです。

冒頭でお話しした通り、フリーターが就職できるのは、ほぼ「ブラック企業やブルーカラー系」のみです。

その理由は、まともな条件で働ける企業には、膨大な「新卒」が志望する為、フリーターにその枠は回って来ないから。

結果、まともな新卒は志望しない、「ブラック企業ブルーカラー系」にしか就職出来ないということ。

この様な会社に就職したら最後、一生安月給かつ、キツイ仕事でこき使われる運命が確定します。

YUU
よって、あなたが「人並み程度~それ以上の人生」を望むのであれば、就職は諦めた方が良いです。

就職を諦めたからといってフリーターの人生は終わりではない

就職を諦めたからといってフリーターの人生は終わりではない

人並みの人生を送りたいフリーターは、就職は諦めた方が良いです。

その理由は、就職で人並みの人生を送れるのは、「新卒」だけだから。

じゃあ、フリーターはもう、人並み以下の人生しか送れないのかというと、そうではありません。

YUU
たった1つだけ、「フリーターでも成り上がれる方法」が存在します。

それは、「自分の力で稼ぐ道」に進むことです。

フリーターの扱いが悪いのは、学歴や経歴で稼ぎや立場が決まる、「就職の世界」の仕組みによるもの。

当然、この世界にフリーターが進めば、どう考えてもゴミの様に扱われます。

しかし、「自分の力で稼ぐ道」では、学歴や経歴は関係なく、結果さえ出せば元フリーターでも、大卒以上に稼ぐことが出来るのです。

詳しくは後述しますが、僕自身「30歳頃まで高卒フリーター」をやっていましたが、就職はせず、この道に進んだことで成り上がりましたからね。

YUU
僕から言わせれば、フリーターが就職するというのは、わざわざ自分に不利な仕組みの世界に進む、「自殺行為」でしかありません。

よって、フリーターが就職で、人並みの人生を送るのは不可能なので、スパッと諦めた方がいいです。

この「自分の力で稼ぐ道」は、唯一フリーターでも成り上がれる世界ですから。ここに進むことをおすすめしますね。

僕は初めから就職する気は一切無かった

僕は初めから就職する気は一切無かった

僕は「30歳頃」まで、高卒フリーターをやっていました。

その理由は、メジャーデビューを目指していたからです。

簡単には諦められなかったので、ズルズルとフリーターを続けた結果、「30歳」を超えてしまったということ。

しかし、流石に現実を思い知り諦めたので、冷静に自分の現状と将来を考えた結果、残された道は、「自分の力で稼ぐ道」しかないと思いました。

YUU
自分のスペック的に就職した場合、「ブラック企業やブルーカラー系」で、こき使われる運命は明らかですからね。

よって、「自分の力で稼ぐ道」を選択したということ。

選んだ仕事が「ネット起業」なので、お金も掛からずリスクもなく、パソコン一台で自宅で出来るメリットがあった為、バイトしながら安全に行えました。

始めてすぐに稼げたと思ったら稼げなくなったりと、色々ありましたが、徐々にコツを掴んで稼ぎが安定し、晴れて「惨めなフリーター生活」を抜け出したという経緯です。

現在は、職種の特性上、「自宅」で誰にも命令されることなく、快適に働ける生活を送れています。

YUU
これは、就職していたら絶対にあり得ない生活なので、この道に進んだあの時の判断は、大正解ですね。

この様に、「自分の力で稼ぐ道」では、30歳頃までフリーターだった僕でも、努力のみで成り上がれる世界なのです。

学歴や経歴で全てが決まる就職の世界では、「フリーター期間」がある時点で、努力しようが挽回不可能ですからね。

よって、あなたが成り上がりたいん場合は、就職はスパッと諦めて、この道に進むことをおすすめします。

まとめ

まとめ

ここまで、

「フリーターは就職を諦めた方がいい?」
「就職を諦めた際はどうするべき?」

この様な風潮の真相について、お話ししました。

フリーターが就職を諦めた方がいいかどうかは、「あなたの目的次第」です。

単純に、フリーターの自分が恥ずかしく、今以上の安定が欲しいのであれば、「就職」すれば全て解決します。

YUU
仕事を選ばなければ、幾らでも就職出来ますし、「正社員」である以上は、どんな会社でもフリーターよりは安定性がありますからね。

しかし、「人並み~それ以上の人生」を望むなら、就職は諦めた方が良いです。

就職で人並みの人生を送れるのは、「新卒」だけなので、フリーターの場合は、一生安月給かつキツイ仕事でこき使われますから。

とは言え、別にこれで人生終了した訳ではありません。

その場合は、「自分の力で稼ぐ道」に進むことで解決出来るのです

学歴や経歴一切関係なく、「努力」のみで大卒以上に稼いで成り上がれる世界なので、唯一フリーターが挽回可能な方法ですからね。

その際のビジネスモデルは色々ありますが、仮に僕の様な自宅で快適に働ける環境を得たい場合は、「ネット起業」以外に方法は無いです。

YUU
「以下の記事」で詳細を解説しているので、興味があればご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA