フリーターの自分に罪悪感がある。←その解決法を教えましょう

フリーターの自分に罪悪感がある。←その解決法を教えましょう

「フリーターの自分に罪悪感を感じる」
「何とか今の現状から一発逆転したい」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

「フリーター」は、何かと見下される存在です。

YUU
何の保証もない為、簡単に「クビ」を切られる立場ですし、稼ぎも低く給料が上がる見込みもないので、当然ですね。

その為、社会的には「ゴミの様な目」で見られる傾向があります。

高校卒業後からフリーター、大学に行ったのにフリーターなど、バックグラウンドは様々ですが、社会的には、ほぼ「無職扱い」される存在なのです。

とは言え、フリーターを抜け出したくても、有効な手が見つからないというのが、あなたの悩みでしょう。

しかし、たった1つだけ「その悩みの解決法」が存在します。

YUU
因みに僕自身、「30歳頃まで高卒フリーター」をやっていたもの、現在ではそれを抜け出すことが出来ましたからね。

よって当記事では、

「フリーターの自分に罪悪感を感じる」
「何とか今の現状から一発逆転したい」

この様な悩みを抱えるあなたに、その解決法を紹介します。

就職すればフリーターの罪悪感を解消できるのか?

就職すればフリーターの罪悪感を解消できるのか?

フリーターでまともな感覚を持つ人なら、誰もが「罪悪感」を感じます。

YUU
圧倒的に見下される存在なので、どちらかというと罪悪感より、「羞恥心」の方が強いとは思いますがね。

そのフリーターを抜け出す方法で誰もが考えるのが、「就職」です。

確かに、就職すればフリーターでは無くなりますし、それなりの安定は得られるでしょう。

よって、就職すれば「フリーターの罪悪感自体」は解消できます。

ただし、フリーターが就職できるのは、ほぼ「ブラック企業やブルーカラー系」のみです。

その理由は、まともな条件で就職できる企業は、膨大な「新卒」が志望するので、フリーターを採用する必要もメリットも無いから。

YUU
それに比べ、「ブラック企業やブルーカラー系」には、まともな新卒は来ない為、フリーターでも就職できるのです。

当然、そこに就職したら最後、一生安月給かつ、キツイ仕事でこき使われる運命が確定します。

この様に、確かに就職すればフリーターの罪悪感は解消できますが、結局「ど底辺の人生」を歩むことになるのです。

あなたが、単純にフリーターを抜け出したいだけなら、ブラック企業やブルーカラー系に就職すれば、その悩みは解決できます。

しかし、人並み~それ以上の生活を送りたいのなら、「就職は絶対NG」だということ。

YUU
就職で人並みの生活を送れるのは、「新卒」だけの特権ですからね。

フリーターの罪悪感を解消して豊かな人生を送る方法

フリーターの罪悪感を解消して豊かな人生を送る方法

フリーターを抜け出しつつ、豊かな人生を送る為には、雇われでは不可能です。

前述の通り、雇われで人並みの生活を送れるのは、「新卒」だけなので。

社会的な扱いが悪いフリーターの場合は、「自分の力で稼ぐ道」に進む以外、人並みの人生は送れません。

就職の世界では、「学歴や経歴」によって稼ぎや扱いが決まる為、フリーターがそこに進めば、ゴミの様に扱われます。

しかし、「自分の力で稼ぐ道」に進めば、純粋に結果を出すことで、大卒以上に稼ぐことが可能です。

世の中は結局「お金」であり、人並み以上に稼ぐことで低学歴だろうが、元フリーターだろうが関係なく、罪悪感や劣等感の大半を解消できるのです。

YUU
あなたを「フリーター」や、「低学歴」などと蔑む人間も、人並み以上に稼げばたちまち称賛し、すり寄って来るものです。

これは、フリーターの場合は就職では絶対に得られない環境なので、あなたが本気で罪悪感を解消したいなら、「自分の力で稼ぐ道」に進むことをおすすめします。

僕もフリーター生活に罪悪感を感じていました

僕もフリーター生活に罪悪感を感じていました

冒頭でお話しした通り、僕は「30歳頃」まで、高卒フリーターをやっていました。

YUU
その理由は、「メジャーデビュー」を目指していたいからです。

しかし、全くかすりもせずに気付けばフリーターのまま、「30歳」を超えていたのです。

流石に現実を思い知り、冷静に自分の将来をイメージした際、仮に就職すれば、ブラック企業や、ブルーカラー系でこき使われる運命が目に見えています。

そんな人生は絶対に嫌だったので、「自分の力で稼ぐ道」に進む決意をしました。

選択した仕事が「ネット系起業」だったので、パソコン一台で自宅で行えるというメリットがあり、バイトで生計を立てながら安全に実践できる環境を得られました。

その後は、割とすぐに稼げたと思ったら稼げなくなったりと、紆余曲折あったものの、徐々にコツを掴んで稼ぎが安定し、晴れて「安月給でこき使われる運命」を抜け出すことが出来たのです。

今では、職種の特性上、自宅でノーストレスで快適に働く生活を実現できました。

もし、安易に「就職」の道を選んでいたら、絶対にこの様な生活はありません。

YUU
フリーターは抜け出せていても、「死ぬまで安月給かつキツイ仕事」で、こき使われていたでしょうね。

よって、フリーターが罪悪感や劣等感を解消する為には、「自分の力で稼ぐ道」に進むことが、唯一の解決法なのです。

詳しいネット起業の流れは、「以下の記事」をご覧ください。

まとめ

まとめ

ここまで、

「フリーターの自分に罪悪感を感じる」
「何とか今の現状から一発逆転したい」

この様な悩みの解決法を紹介しました。

フリーターであることに罪悪感を感じるのは、「人間性がまともな証拠」です。

YUU
本当のクズは、フリーターのまま気楽に生きて、最終的には「生活保護」の世話になりますからね。

「今の生活を抜け出したい」と思う意思があるなら、正しい道を知って努力すれば、その悩みは解消できるのです。

ただし、罪悪感を解消する為に「就職」を選択するのは、辞めた方が良いです。

就職すれば、フリーターの罪悪感は解消できるものの、「ブラック企業やブルーカラー系」でこき使われ、人並み以下の人生を送ることになります。

結果、「強烈な劣等感」を感じながら生きる人生になるのです。

それを回避する為には、「自分の力で稼ぐ道」に進むしかありません。

その際の手段は、「リアルビジネスでの起業」「株」「FX」など、方法は幾らでも存在します。

YUU
あくまで個人的には、自宅で安全に稼げる「ネット起業」をおすすめします。

詳細は、「以下の記事」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA