フリーター男はみっともない!←こう言われる理由と解決法を教えます

フリーター男はみっともない!←こう言われる理由と解決法を教えます

「フリーター男はみっともない」

同じフリーターでも、「男」の場合はより、風当たりが強いです。

こう言われると、「何で男だけ?」と感じますよね。

また、フリーターから抜け出そうにも、「就職に興味が無い」「自分のスペックでは難しい」など、そう簡単に行動できない事情もあるでしょう。

YUU
因みに僕自身も、「30歳頃まで高卒フリーター」をやっていたので、その風当たりの強さも、就職したくない事情も経験しています。

よって当記事では、

「フリーター男が一般的に、
 みっともないと言われる理由」
「フリーターを抜け出す解決法」

について、詳しく具体的に解説します。

フリーター男はみっともないと言われる理由とは?

フリーター男はみっともないと言われる理由とは?
「フリーター男はみっともない」

こう言われる理由は、たとえ同じフリーターでも、「男」の方が苦労するからです。

YUU
女性なら、「結婚して専業主婦になる」という裏技が使えますが、男の場合は難しいですよね?

だからこそ、責任が無い立場かつ、人並み以下の生活から抜け出す手段が少ない為、「男でフリーターはみっともない」と言われるということ。

因みにこう言われると、「別にフリーターのままでも、生きていけるだろ!」と思うでしょう。

確かに、フリーターでも生きてはいけますが、ほぼ間違いなく悲惨な人生になります。

そもそも、正社員とフリーターでは、「生涯年収が2億ほど違う」と言われているので、圧倒的にフリーターの方が経済的に苦しくなります。

YUU
まずこの時点で、「貯金が難しく退職金も無い」ので、老後の貯えがほぼ皆無です。

また、フリーターは簡単に「クビ」を切られる存在なので、いつまでも同じ仕事が出来る保証がありません。

その為、自身のミスや会社の経営状況によって、「突然職を失う危険」があるのです。

若い内なら他のバイトを探せば解決できますが、これが「40代」「50代」と年齢を重ねると、どんどん採用されにくくなり、徐々に稼ぐ手段を失います。

結果、最終的には「生活保護」の世話になるという、最低の人生を送るのです。

補足
生活保護は真面目に働く国民の税金であり、働けなくなる理由が「フリーターを続けたから」なので、 まさに最低な理由だということ。
YUU
同世代の正社員は、貯金や退職金、年金で穏やかな老後を送るのに対し、生活保護ですから、「みっともない」と言われて当然ですよね。

親世代などは、長い人生経験で「その結末」を初めから分かっているので、「男でフリーターはみっともない!」と、全力で止めようとするのです。

フリーター男は就職すれば、みっともない人生を抜け出せるのか?

フリーター男は就職すれば、みっともない人生を抜け出せるのか?

「フリーター男はみっともない」と言われたくない場合は、就職すれば解決します。

しかし、フリーターが就職する為には、「圧倒的に悪い条件」でも受け入れないと、まず採用されません。

恐らく、仮にあなたが就職する際は、「以下の条件」を求めるでしょう。

就職する際に求めるであろう条件
●人並みの給料
●安定した会社
●重労働は不可
●ホワイトカラー

しかし、これはフリーター男には「身分不相応」な条件です。

普通に考えて、これらは誰もが求める条件であり、多くの「新卒」の大卒や高卒が、これに該当する企業を志望します。

当然、新卒を蹴ってまでフリーターが採用される筈が無いので、この条件では就職できないということ。

YUU
まあ、「当たり前の話」ですよね。

その為、フリーターが就職出来るのは、多くの新卒が避ける「ブラック企業かブルーカラー系のみ」となります。

「フリーター男はみっともない」という風潮に焦って、この様な企業に就職してしまえば最後、一生安月給かつキツイ仕事でこき使われる運命が、確定するのです。

女性であれば、重労働は回避出来ますが、「男」の場合はやらざるを得ませんからね。

よって、あなたが単純に「フリーター」という肩書を抜け出したいだけなら、単に就職すれば解決できます。

しかし、「人並みの人生」を送りたい場合は、安易に就職するのは辞めましょう。

YUU
就職で人並みの人生を送れるのは、「新卒」のみの特権ですからね。

フリーター男がみっともない人生を抜け出して豊かに生きる方法

フリーター男がみっともない人生を抜け出して豊かに生きる方法

男の場合、フリーターのままでは最終的に、「生活保護」で生きる人生になります。

これに焦って就職しても、フリーター男では「ブラック企業かブルーカラー系」にしか受からず、人並み以下の人生が確定します。

それを解決して、フリーターが豊かな人生を得る為には、「自分の力で稼ぐ道」に進むしか、方法は無いです。

フリーターが悲惨な扱いを受けるのは、学歴や今までの経歴で稼ぎや立場が決まる、「就職の世界」の仕組みによるもの。

YUU
よって、フリーター就職するのは、あえて自分に不利な世界に進む、「自殺行為」となります。

しかし「自分の力で稼ぐ道」では、学歴や経歴は一切関係なく、結果さえ出せばいつでも、全員平等に成り上がることが可能です。

就職の世界では、学歴は当然として「今までの経歴」も評価の対象になるので、一度でもレールを踏み外せば、二度と上がることは出来ません。

それに比べ「自分の力で稼ぐ道」では、たとえ中卒40歳ニートであっても、努力して結果さえ出せば、一年足らずで月収100万円以上を稼ぐことも、可能な世界なのです。

この日本社会の仕組み上、フリーターが人並みの人生を送る為には、就職は絶対NGです。

YUU
ブラック企業やブルーカラー系は、一般的に「みっともない仕事」と認識されているので、就職してもそれは解決しませんしね。

よって、「自分の力で稼ぐ道」に進む以外に、フリーターが成り上がる道は無いのです。

僕は30歳高卒フリーターという、超絶みっともないスペックでした

僕は30歳高卒フリーターという、超絶みっともないスペックでした

冒頭でもお話ししましたが、僕は「30歳頃」まで、高卒フリーターをやっていました。

YUU
これは、「誰が見ても超絶みっともないスペック」ですよね。

元々は「メジャーデビュー」を目指して上京し、バイトで生計を立てながらバンド活動という日々を送っていました。

しかし、全くかすりもせずに、気付けばフリーターのまま「30歳」を超えていたのです。

流石に現実を思い知り、冷静に自分の将来を考えた時、仮に就職した場合はブラック企業や、ブルーカラーでこき使われる運命が、目に見えています。

そんな人生は絶対に嫌だったので、「自分の力で稼ぐ道」に進む決意をしました。

興味を持った仕事が「ネット系」だったので、パソコン一台で自宅で行えるというメリットがあり、バイトで生活費を稼ぎながら、安全に実践することが出来ました。

YUU
その後は、稼げたり稼げなくなったりと、紆余曲折ありましたね。

しかし、人間は学ぶ生き物なので、徐々にコツを掴み、どんどん稼ぎが安定して来た為、晴れて「安月給でこき使われる運命」を抜け出したという経緯です。

今では職種の特性上、自宅で快適かつノーストレスで働く生活を手に入れて、「みっともないフリーター男」という肩書を捨てることが出来ました。

この様に、フリーターが人並み~それ以上の人生を送る為には、この「自分の力で稼ぐ道」に進むしか方法はありません。

あなたも、みっともないフリーター人生を抜け出し、豊かな生活を抜け出したいのであれば、「自分の力で稼ぐ道」に進むことをおすめします。

YUU
詳しい流れとその方法は、「以下の記事」で解説しているので、ご覧下さい。

まとめ

まとめ

ここまで、

「フリーター男が一般的に、
みっともないと言われる理由」
「フリーターを抜け出す解決法」

について、お話ししました。

女性に比べて「フリーター男」は、よりみっともない存在に扱われます。

YUU
その理由は、「結婚して専業主婦になる」という裏技が使えないからです。

男でフリーターのまま生きると、立場上、簡単にクビになりますし、加齢によって最終的には稼ぐ手段が無くなり、最終的には「生活保護」の世話になります。

これに焦って就職したとしても、フリーターを採用するのは「ブラック企業」「ブルーカラー系」のみです。

よって結局、世間的にはみっともない評価を受けることになり、安月給かつキツイ仕事でこき使われる運命が確定するのです。

この運命を回避する為には、「自分の力で稼ぐ道」に進むしか、方法はありません。

フリーターが成り上がれる方法は、「リアルビジネスでの起業」「株」「FX」など幾らでも存在するので、あなたが興味があるものを選択して下さい。

あくまで僕の場合は、自宅でバイトしながら安全に出来る、「ネット系起業」に魅力を感じて選択したというだけです。

YUU
僕は極度のインドア人間なので、「自宅で働ける」という条件は、最高のメリットでしたからね。

もし、あなたがこの環境を得たい場合は、「以下の記事」で詳細を解説しているので、ご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA