25歳フリーターの将来は完全終了?その真相を経験者が暴露します

25歳フリーターの将来は完全終了?その真相を経験者が暴露します

「25歳フリーターの将来は終わり?」
「今から挽回することは出来るのか?」

あなたは、こんな疑問を抱えていませんか?

フリーターは、社会的に「無職同然」の扱いを受けます。

当然、就職の際は苦労する為、「新卒」と比べると、圧倒的に悪い条件でしか採用されないです。

とは言え、「25歳フリーター」なら、まだギリギリやり直せるというイメージがあるかもしれませんね。

YUU
因みに僕自身、30歳頃まで高卒フリーターをやっていたので、「その経験」「今の生活」についても、お話しします。

よって当記事では、

「25歳フリーターの将来は終わり?」
「今から挽回することは出来るのか?」

この様な疑問の「真相」と「解決方法」について、詳しく具体的に解説します。

25歳フリーターの将来は終わりなのか?

25歳フリーターの将来は終わりなのか?

結論から言えば、25歳フリーターの将来は「かなりヤバい」です。

早急に何かしらの行動をしないと、「絶望的な将来」を送ることになります。

仮に、今から就職するにしても、相当に「条件」を下げないと、まず採用されることは無いのが現実です。

恐らく、あなたが就職の際に求める条件は、「以下」のものでしょう。

●人並み程度の給料
●安定した会社
●●ホワイト企業
●デスクワーク系の室内勤務
●肉体的にキツイ重労働は不可

これらの条件は、フリーターの身の丈に合っていないものなので、まず叶いません。

YUU
何故なら、これらは誰もが求める条件である為、当然多くの大卒や高卒の「新卒」が志望する為、フリーターが採用される訳が無いのです。

その為、フリーターが就職できる企業は、上記のものとは真逆の、「ブラック企業やブルーカラー系」となります。

この様な企業は、まともな新卒は志望しないので、フリーターでも就職出来るのです。

そしてそこに就職したら最後、一生「安月給かつキツい肉体労働」で、こき使われる運命が確定します。

この様に、25歳フリーターはまだ若い為、「就職自体」は問題なく出来ます。

ただし、そのスペックで就職できるのは「ブラック企業やブルーカラー系」であり、人並み以下の人生になってしまうということ。

YUU
よって、就職すれば「一定の保証」はあるので、フリーターよりはマシな将来は送れますが、正社員の中ではど底辺の人生を送る覚悟をした方がいいですね。

25歳フリーターがそのまま生きた場合の将来とは?

25歳フリーターがそのまま生きた場合の将来とは?
「25歳フリーターが就職すれば、
 ブラック企業やブルーカラー系で
 一生安月給でこき使われる」

こう聞くと、あなたは就職したくなくなると思います。

YUU
じゃあ、もし就職せずに「フリーターのまま」で生きた場合、将来はどうなると思いますか?

結論から言えば、最終的には職を失い「生活保護」の世話になります。

そもそも「フリーター」というのは、大した責任が無い代わりに、簡単にクビを切られる存在です。

自身のミスや会社の経営状況によっては、容易に「クビ」を切られてしまうので、将来も同じ仕事を続けられる保証がありません。

現在「25歳」であれば、クビになっても新たなバイトを探せば、簡単に解決できるでしょう。

しかし、それが「40代」「50代」と年を取るにつれて、徐々に受からなくなってきます。

YUU
その理由は、会社側としてもおっさんバイトより、「若者」を採用したいからです。

年を取れば体力も落ち思考も鈍る為、確実に仕事のパフォーマンスが下がります。

バイトの仕事は基本「現場仕事」なので、フットワークの軽い20代の若者には、付いて行けなくなるでしょう。

結果、「クビを切られる可能性」も高まるのです。

そして最終的には稼ぐ手段を失い、真面目に働く国民の税金を使った、「生活保護」の世話になるということ。

YUU
同世代の正社員は、貯金や退職金、年金で気楽な老後を送れるのに対し、「生活保護生活」ですから、絶望的な将来ですね。

よって、25歳フリーターは、就職すれば「ブラック企業やブルーカラー系」でこき使われ、フリーターを続ければ、最終的に生活保護の世話になるということ。

どうあがいても、「人並み以下の将来」が待っていますが、これがフリーター期間がある人間の現実なのです。

25歳フリーターが豊かな将来を送るたった1つの方法

25歳フリーターが豊かな将来を送るたった1つの方法

たった1つだけ、25歳フリーターでも豊かな将来を送る方法があります。

それが、「自分の力で稼ぐ道」に進むということ。

フリーターの扱いが悪いのは、学歴や今までの経歴で稼ぎや立場、職種が決まってしまう「就職の世界」の仕組みによるものです。

ここにフリーターが進めば、そりゃあゴミの様に扱われて当然です。

YUU
「フリーターに不利な世界」に、自ら飛び込む様なものですからね。

しかし、「自分の力で稼ぐ道」では、学歴や経歴は一切関係なく、結果さえ出せばいつ始めようが、元フリーターでも大卒以上に稼ぐことが出来ます。

僕自身、「メジャーデビュー」を目指して30歳頃まで高卒フリーターをやっていました。

流石に現実を知り、冷静に自分の将来を見つめた時、このスペックで就職した場合は「ブラック企業や、ブルーカラー系でこき使われる運命」が目に見えています。

そんな人生は絶対に嫌だったので、結果さえ出せば大きく稼げる、「自分の力で稼ぐ道」に進む決意をしました。

選択した仕事が「ネット系」である為、パソコン一台で自宅で行えるメリットがあり、バイトで生活費を稼ぎながら安全に実践できる環境を得られました。

その後は、すぐに稼げたと思ったら稼げなくなったりと、紆余曲折あったものの、次第にコツを掴んで稼ぎが安定してきた為、晴れて「安月給でこき使われる運命」を抜け出せたという流れです。

YUU
現在は職種の特性上、「自宅で快適かつノーストレスで働く生活」を送れています。

もしあの時、安易に「就職」を選んでいたら、心身ともにボロボロになり、安月給でこき使われていたでしょう。

この様に、フリーターが人並み程度~それ以上の将来を送る為には、「自分の力で稼ぐ道」に進むしかありません。

あなたが、僕の様な自宅で快適に働ける環境を得たい場合は、詳細を解説しているので、「以下の記事」をご覧ください。

25歳フリーターの将来まとめ

25歳フリーターの将来まとめ

ここまで、

「25歳フリーターの将来は終わり?」
「今から挽回することは出来るのか?」

この様な疑問の「真相」と「解決方法」について、お話ししました。

フリーターに対する社会からの評価は最悪なので、ほぼ「絶望的な将来」が待っています。

いくら若い25歳と言えど、選べる就職先はまともな新卒が来ない、「ブラック企業やブルーカラー系」しかありません。

YUU
ここでは「若さ」は、一切関係無いですからね。

当然、そこに進めば一生安月給かつ、キツイ仕事でこき使われる運命が確定します。

それを嫌がり、フリーターのまま生きる場合は、立場上、簡単にクビを切られる存在なので、加齢と共に徐々に職を失い、最終的な将来は「生活保護」です。

よって、フリーターは就職してもフリーターを続けても、全てにおいて人並み以下の人生が確定するということ。

これを回避する為には、「自分の力で稼ぐ道」に進むしか、方法はありません。

YUU
選ぶ仕事はあなたの自由ですが、個人的には自宅で気楽に働く環境を得られる「ネット系」の仕事をおすすめしますね。

詳しくは、「以下の記事」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA