23歳フリーターの将来は地獄確定?経験者が暴露します

22歳フリーターの将来は絶望的?その真相を徹底解説します

「23歳フリーター」というのは、人によって感じ方が変わります。

「まだ若いからいいじゃん」や、「将来ヤバくない?」など、余裕があったり危機感を感じて不安になる場合もあるでしょう。

その為、フリーターのままで生きる場合の将来や、就職した際の労働環境などが、最も知りたい情報ですよね。

YUU
僕自身、30歳頃まで高卒フリーターをやっていた為、その経験もしていますし、「今の現状」も参考になる筈なので、その辺もお話ししますね。

よって当記事では、

「23歳フリーターの将来はどうなる?」
「将来が不安な現状を解決する方法は?」

この様な疑問の「真相」と「解決法」について、徹底解説します。

23歳フリーターの将来は地獄確定なのか?

23歳フリーターの将来は地獄確定なのか?

結論から言えば、「何と比べるのか」で、この答えは変わって来ます。

同じフリーターの世界で、「おっさんフリーター」と比べるなら、勿論23歳フリーターは、まだやり直しが効きます。

早めに行動すれば、フリーターの世界の中では、まだマシな将来を送れるでしょう。

しかし、「新卒の正社員」と比べると、全てにおいて圧倒的に人並み以下の人生になります。

YUU
こればっかりは、しょうがないですよね。

日本は「学歴&経歴社会」なので、学歴は当然として、今までの経歴も評価の対象になり、稼ぎや立場、職種が変わります。

その仕組み上、大卒高卒同様に「新卒」が重要視される為、新卒は自分が選択できるレベルの企業の中から、最もいい条件で働けるのです。

当然、たとえ23歳で若かろうがフリーターは無職同然であり、「空白期間」がある為、新卒と同じ条件で働ける筈がありません。

よって、「新卒」と比べると給料、立場、職種、会社の安定性など、全てが劣った条件で生きて行かなければいけないということ。

YUU
因みに、若さにかまけてフリーターのままで生きると、最終的には「生活保護」の世話になります。

フリーターとは、「簡単にクビを切られる存在」なので、会社側からすれば、ちょっとした理由でいつでもクビに出来ます。

23歳なら、他のバイトを見つければ解決しますが、これが「40歳」「50歳」になると、採用されなくなる場合が多いです。

その理由は、「若いバイト」を採用した方がメリットがあるから。

結果、年を取れば次第に稼ぐ手段が少なくなり、生活保護に頼らなければ生きていけないということ。

YUU
よって、あなたがフリーターのまま生きる場合は、ほぼ「地獄確定」となります。

23歳フリーターが就職した場合の将来とは?

23歳フリーターが就職した場合の将来とは?

フリーターを抜け出したい場合は、「就職」すれば解決します。

就職してしまえば、フリーターよりは安定した将来を送れますからね。

しかし先程もお話した様に、新卒と比べると「圧倒的に悪い条件」でしか、フリーターは採用されません。

安定した会社で人並みの給料、肉体的にキツくない仕事、ホワイトカラーなどは、「新卒」のみに許された特権なので、フリーターでは身の丈に合っていないのです。

YUU
普通に考えて、これらの条件で働ける企業には沢山の「新卒」が集まりますから、あえてフリーターを採用する理由が無いですからね。

その為、フリーターが就職できるのは、それとは真逆の「ブラック企業やブルーカラー系」となります。

当然、給料は安い上に仕事もキツく、労働環境も悪い中で、働き続ける運命が確定します。

あなたが、単にフリーターの不安定な将来を抜け出したいのであれば、就職しさえすれば、フリーターよりは安定した将来を送れるでしょう。

しかし、全てにおいて「人並み以下」の人生が確定するので、それが嫌な場合は、安易に就職はしない方がいいですね。

フリーターが豊かな将来を送れる方法は1つだけ

フリーターが豊かな将来を送れる方法は1つだけ

フリーターが豊かな将来を送れる方法は、1つしかありません。

それは、「自分の力で稼ぐ道」に進むこと。

就職の世界では、学歴や経歴で稼ぎや立場が決まりますから、そこにフリーターが進めば、ゴミの様に使われて終わります。

YUU
いわゆる、「安月給かつキツイ仕事」ですね。

しかし、「自分の力で稼ぐ道」の場合、純粋に結果さえ出せば、元フリーターであっても大卒以上に稼げるのです。

僕は、メジャーデビュー」を目指して、30歳頃まで高卒フリーターをやっていましたが、流石に現実を知って、自分の将来を冷静に見つめなおしました。

もし、自分のスペックで就職すれば、一生ブラック企業や、ブルーカラー系でこき使わる運命が決まってしまいます。

そんな人生は絶対に嫌なので、大卒以上に稼いで成り上がる為に、「自分の力で稼ぐ道」に進む決意をしました。

その際、興味を持った仕事が「ネット系の仕事」だったので、パソコン一台で自宅で出来る特性があり、バイトしながら生活の心配をすることなく、実践できました。

YUU
僕は極度の「インドア派」なので、家で働きたかったんですよね。

それからは、すぐに稼げたと思ったら稼げなくなったりと、紆余曲折ありました。

とは言え、人間は学ぶ生き物なので徐々にコツを掴み、稼ぎが安定して来た為、晴れて「安月給でこき使われる運命」を抜け出しました。

現在は、誰にも命令されず、自宅で快適に働くことが出来ています。

もし、あの時に血迷って就職していれば、バイトレベルの安月給」でこき使われる人生を送っていたでしょう。

よって、フリーターが人並み程度~それ以上の稼ぎを得て、豊かな将来を得る為には、「自分の力で稼ぐ道」に進むしかないのです。

フリーターが成り上がれる方法は、「リアルビジネスの起業」や「株」、「FX」など、選択肢は幾らでもあります。

YUU
もし、あなたが僕の様に、自宅で快適に働く環境を得たい場合は、「ネット系」の仕事をおすすめします。

詳しくは、「以下の記事」をご覧ください。

23歳フリーターの将来まとめ

23歳フリーターの将来まとめ

ここまで、

「23歳フリーターの将来はどうなる?」
「将来が不安な現状を解決する方法は?」

この様な疑問の「真相」と「解決法」について、解説しました。

23歳フリーターというスペックは、あくまで「フリーター界隈の中」ではマシな方です。

しかし、「新卒の正社員」と比べると、圧倒的に地獄の様な人生が待っています。

そのままフリーターで生きると、加齢でバイトに受からなくなり、稼ぐ手段を無くして「生活保護」を受けることになります。

就職したとしても、フリーターを採用するのはブラック企業やブルーカラー系くらいなので、「全てが人並み以下の人生」が確定すると思って下さい。

YUU
僕はそれが嫌だったので、唯一フリーターでも成り上がれる、「自分の力で稼ぐ道」に進みました。

極度のインドア人間である為、自宅で働ける「ネット系」の仕事を選択し、結果的に家で快適に稼げる環境を手に入れることが出来ました。

あなたが、ブラック企業やブルーカラー系で使われる人生を回避したい場合は、「自分の力で稼ぐ道」に進みましょう。

もし、僕の様に自宅で働ける生活に興味がある場合は、「以下の記事」で詳細を解説しているので、ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA