フリーターで将来が不安なあなたへ!←その解決法を教えましょう

フリーターで将来が不安なあなたへ!←その解決法を教えましょう

「フリーターだから将来が不安」
「どうすればいいか分からない」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

若い頃はフリーターは楽しいですが、「一定の年齢」になると急に不安になり、焦り始めます。

YUU
僕自身も、「30歳頃まで高卒フリーター」をやっていたので、既にこの不安な気持ちは経験済みです。

その為、あなたはまさに今、「フリーターの自分の将来」が凄まじく不安で、焦りを感じているのでしょう。

よって当記事では、

「フリーターの自分の将来が不安」

という悩みを抱えるあなたに、その解決法をお話しします。

不安とはいいつつ、フリーターのまま生きると将来はどうなる?

不安とはいいつつ、フリーターのまま生きると将来はどうなる?

まずは、現在の「フリーターのまま」生きると、将来どうなるのかをお話しします。

僕の経験上、20代前半までのフリーター生活は、楽しいです。

YUU
大した責任はなく、割と自由にシフトを組んで働き遊べるので、毎日楽しかったですね。

同世代のバイト仲間も、フリーターだったり大学生だったりで、特に格差は無く、気楽なものですから。

しかし、「20代後半」になると、まともな人間は就職しているので、ここでフリーターの自分の将来が不安になります。

バイト仲間に同世代は少なくなり、僕の場合は「若者が少ないバイト」を選ぶ様になりましたからね。

現実として、フリーターはいわば「バイト」なので、バイト先の会社の経営が傾けば、簡単にクビを切られます。

そうなると、「40代、50代」になれば、年齢的に新たなバイト探しに苦労する様になります。

結果、工場作業やブルーカラー系しかあてはなくなり、月収20万円前後のキツイ仕事で、死を待つしか無くなるのです。

YUU
年を取れば「病気」に掛かり易くなりますが、フリーターなのでお金がなく、悲惨なことになるでしょうね。

どんどん体力は落ちる為、徐々に仕事のパフォーマンスが落ちて、「クビ」を切られるかもしれません。

しかし、新たな仕事が見つからず、最終的には真面目に働く人間の税金を使った、「生活保護」の世話になるということ。

これが、フリーターのまま生きる場合の、あなたの「将来」です。

あなたが、自分の現状を不安に感じたのであれば、それはいいことなので、今「行動」すれば、まだ解決できます。

YUU
成功への詳細は順に解説するので、「次の項」をお読みください。

フリーターは、単に就職すれば将来の不安は解消されるのか?

フリーターは、単に就職すれば将来の不安は解消されるのか?

フリーターである自分の将来が不安な場合、「就職」という選択肢が一番に来るでしょう。

YUU
簡単にクビを切られるフリーターではなく、「正社員」になれば、ある程度は安定した人生を送れますからね。

しかし、「フリーター期間」がある人間に対する、社会からの評価は冷たいです。

基本的に「無職」と同様に扱われる為、まず、まともな企業には就職できないと思った方がいいです。

ここで言うまともな企業とは、人並み程度の給料を得られて安定性がある会社、いわゆる「ホワイトカラー」のこと。

YUU
この様な優良企業には、まず「フリーター」では就職できません。

何故なら、この様な条件は誰もが求める為、必然的に多くの「大卒や高卒の新卒」が志望するから。

新卒ブランドがある彼らに、フリーター期間がある人間が勝てる筈がないので、まず採用はされないのです。

フリーターが就職できる会社は、基本的には「工場作業や肉体労働」くらいしかありません。

ここでは、バイトレベルの安月給かつ、夏は暑く冬は寒い環境かつキツイ仕事で、こき使われることになります。

YUU
安定性で言えば、フリーターよりはマシですが、「労働環境」的には最悪ですよね。

フリーターであれば、バイトなので安定性は無いものの、「コンビニバイト」でもした方が、快適かつ気楽に稼げますから。

この様に、将来の不安を解消する為に、安定して稼ぐ為には、就職はした方がいいです。

しかし、フリーターが就職できる会社は、上記の「ブルーカラー系」のみ。

あなたは、こんな将来を望んでいますか?

嫌なのであれば、「次の項」で、その解決法を紹介します。

フリーターが人並み以上に稼ぐたった1つの方法

フリーターが人並み以上に稼ぐ為のたった1つの方法

フリーターが就職したところで、将来的にも「人並み以下の稼ぎ」しか得られません。

その悲惨な運命から逃れる為には、「自分の力で稼ぐ道」に進むしかないです。

フリーターが安く使われるのは、学歴や今までの経歴で稼ぎや立場、職種が決まる「就職の世界」の話。

しかし、自分の力で稼ぐ道では、学歴や経歴は関係なく、「結果」さえ出せば元フリーターだろうがニートだろうが、問題なく大きく稼げます。

僕自身、メジャーデビューを目指して、「30歳頃まで高卒フリーター」をやっていたものの、とある時期から、ようやく現実を考える様になりました。

YUU
あの瞬間の、「現状フリーターである自分の将来」は、不安でたまらなかったですね。

自分のスペック的に、就職した場合は先程の「ブルーカラー系」しか、あてはありません。

となると、永遠にバイトレベルの安月給で、キツイ仕事で使われる運命が確定します。

そんな人生は絶対に嫌だったので、「自分の力で稼ぐ道」に進む決意をしました。

その際に選んだ仕事が、「ネット系ジャンル」なので、パソコン一台で自宅で出来るというメリットがあり、バイトで生活費を稼ぎながら安全に始められた点が、のちの成功に繋がる理由だと思いますね。

リアルビジネスで普通に起業する場合、莫大な資金やリスクの覚悟が必須なので、現実的ではないですから。

そして、徐々にコツを掴んで稼ぎが安定する様になり、ようやく「安月給で使われる運命」から抜け出せた、という経緯です。

YUU
今では、「自宅でノーストレスで快適に働ける環境」が手に入りました。

もし、あの時に就職の道を選んでいたら、こんな生活はありえませんし、一生安月給でこき使われる運命が確定していたでしょう。

よって、あなたがフリーターで、自分の将来が不安なのであれば、安く使われるだけの就職ではなく、「自分の力で稼ぐ道」に進むべきなのです。

詳しくは、「以下の記事」で解説しているので、ご覧下さい。

まとめ

まとめ

ここまで、

「フリーターの自分の将来が不安」

という悩みの解決法をお話ししました。

フリーターの自分の将来が不安というのは、「正しい判断」です。

YUU
中には、それすら感じずに生き続け、「行き当たりばったりな人生」を送る人が居ますからね。

フリーターが、将来の不安を解消する方法で代表的なのは、「就職」です。

大抵の人は、「就職すれば安定した人生を送れるだろう」と考えますから。

確かにそれは間違ってはいませんが、その際の職種や給料、労働環境などの待遇には、学歴や経歴によって「差」があります。

就職してまともな人生を送れるのは、あくまで「新卒だけ」であり、フリーター期間がある人間は、全てにおいて人並み以下の人生が待っているのです。

フリーターを「社員」として採用する様なレベルの会社は、そもそも安定性は低いですし、給料も少なく仕事はキツイの肉体労働ばかり。

バイトに比べれば安定して稼げますが、「全てが人並み以下」のその人生は、悲惨極まりないです。

YUU
僕は、こんな人生は嫌だったので、「自分の力で稼ぐ道」に進み、努力した結果、ネット系ジャンルの特性上、自宅で快適に稼げる環境を手に入れることが出来ました。

よって、フリーターが人並み程度~それ以上に稼いで豊かに生きる人生は、就職では得られません。

「自分の力で稼ぐ道」に進み、努力して「スキル」を身に付けることで、安定して大卒以上に稼ぐ環境を実現できるのです。

詳細は、「以下の記事」で全てお話ししているので、ご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA