Fラン大学か専門学校に行くかで悩む←進むジャンル次第で変わります

Fラン大学か専門学校に行くかで悩む←進むジャンル次第で変わります

「Fラン大学と専門学校どちらが良い?」
「Fランと専門学校どっちが現実的?」

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

「Fラン大学」と「専門学校」というのは、究極の選択ですよね。

YUU
正直、社会的に見れば、どちらも微妙な進路なのですが、本人からしたら重大な悩みでしょう。

この答えは、「専門学校のジャンル」によって変わります。

要は、就職できる可能性が高いものなのか否かで、答えが変わるのです。

よって当記事では、

「Fラン大学と専門学校どちらが良い?」
「Fランと専門学校どっちが現実的?」

この悩みにお答えします。

Fラン大学と専門学校どっちが良い?←ジャンル次第です

 Fラン大学と専門学校どっちが良い?←ジャンル次第です
「Fラン大学と専門学校どっちが良い?」

この答えは、「専門学校のジャンル」によって変わります。

Fラン大学は、どこに行っても大して変わらないので、気にしなくていいです。

そしてこれは、「就職できる可能性が高いジャンルなのか?」がポイントとなります。

専門学校のジャンルによっては、「一時的な夢」を売るだけで、ほぼ就職できる可能性が低いジャンルがあるる為、その卒業生の大半は、全く関係のない別の仕事に就く運命なのです。

あなたがまだ高校生であれば、専門学校は夢溢れる楽しそうな環境に映るでしょう。

しかし現実は、需要あるジャンル以外、その仕事に就ける人はほぼ居ません。

YUU
まあ、あなたの実家が資産家など、「人生何とかなる環境」があるなら、全然専門学校に進んでも良いと思いますがね。

Fランではなく専門学校に進んでもOKなジャンルとは?

Fランではなく専門学校に進んでもOKなジャンルとは?

Fランではなく、専門学校に進んでもOKなジャンルは、「就職」に強い所です。

それが、以下のもの。

就職に強い専門学校のジャンル
  • 工業系(自動車整備、情報処理、、土木、建築)
  • 農業系(農業、畜産)
  • 医療系(看護、理学、歯科衛生士)
  • 衛星系(美容、理容、栄養)
  • 教育、福祉系(介護福祉、保育)
  • 商業実務系(経理、簿記、秘書)
  • 服飾系(ファッションデザイン)
YUU
これらは、就職できる可能性が非常に高いので、下手に目的なくFランに進むより、よっぽど良い進路です。

逆に、専門は絶対NGで、「Fラン」に進むべきジャンルは、以下のもの。

就職がアウトな専門学校のジャンル
  • デザイン、アート
  • 音楽、俳優、声優

これらは、学校を卒業したからといって、就職やお金を稼げる環境が約束される訳ではありません。

「働く為の資格」なんて無い世界ですかね。

これ系の専門学校の卒業生の9割は、全く関係ない仕事に就く運命にあるので、「時間とお金の無駄」と言えるでしょう。

YUU
よって、これ系の専門学校に進む位なら、Fランに進んで「大卒」という肩書を得て、新卒で就職した方がマシです。

Fランも就職では苦労します

Fランも就職では苦労します

冒頭で、社会的にはFランも専門学校も、微妙な進路と言いました。(需要あるジャンル以外は)

よって、Fランを卒業した所で、まず優良企業には就職できないと思った方が良いです。

YUU
勿論、仕事を選ばなければ就職は余裕ですが、大抵は、「高卒と一緒に働く環境」の会社で、「高卒レベルの仕事」をやらされる可能性が高いですね。

そもそも、Fランは社会的に「まともな大学」とは認識されていません。

優良企業には当然、「有名大学の志望者」がゴロゴロ集まる為、彼らに勝てる筈が無く、まずまともな優良企業には就職できないのです。

たまにネットで見かける、「Fランから大企業に入った」という投稿は、一部の例外なので、真に受けてはいけません。

もし、それが良くある話だったら、「有名大学の存在意義」が無くなりますからね。

普通に考えておかしいことは、「一部の例外」「嘘」と思った方が、人生上手く行くのです。

YUU
よって、Fランを卒業した所で、まず優良企業には就職できないという現実を、知っておいて下さい。

Fランや専門学校で詰んでも成り上がれる方法はあります

Fランや専門学校で詰んでも成り上がれる方法はあります

現実として、一部の「需要あるジャンルの専門学校」以外、Fランや専門学校の卒業生の大半は、人並み以下の人生になります。

大半のFランや専門卒の人生の末路
  • Fランを卒業したものの、就活で受からずにフリーターになる人
  • 就職はできても、高卒レベルの環境で安月給でこき使われる人
  • 専門学校を卒業しても、就職や活動が出来ず、フリーターになる人

これが、学歴社会である日本における、「低学歴の末路」です。

とは言え、そうなったとしても、有名大卒以上の稼ぎを得て成り上がれる方法が、1つだけあります。

それは、「自分の力で稼ぐ道」(起業)に進むこと。

就職の世界は、ほぼ学歴で稼ぎや扱いが決まる仕組みなので、Fランや専門学校などの低学歴は、安月給でこき使われる運命になります。

しかし起業の世界では、そんなものは一切関係なく、努力して「結果」を出せば、問答無用で大きな稼ぎを得られます。

収入形態が「歩合」である為、低学歴でも月収100万円以上を目指せる世界なのです。

YUU
僕自身、30歳頃まで高卒フリーターだった底辺ですが、この「起業」の道に進み努力した結果、この収入を得られる様になりましたからね。

また、今は「ネット」を使うことで、パソコン一台で自宅で、容易に起業できる時代です。

メジャーな「広告収入系」など、低資金ノーリスクで行えるジャンルも多い為、安全かつ現実的に起業し、低学歴でも成り上がれる環境を得られます。

ただし、これはあくまで「起業自体が簡単」という話。

この世に、簡単に稼げる方法なんて存在しない為、収入を得る為には「一定の努力」が必須です。

まあ、「当たり前」の話ですね。

YUU
とは言え逆に言えば、お金やリスクの心配をする必要が無いので、ただ「努力」のみで成り上がれる、容易な方法だと僕は思いますが。

まとめ

まとめ

ここまで、

「Fラン大学と専門学校どちらが良い?」
「Fランと専門学校どっちが現実的?」

この様な悩みにお答えしました。

「Fラン大学」と「専門学校」どちらが良いか?

それは、「進む専門学校のジャンル」次第で変わります。

現実的に就職できるジャンルであれば、下手にFランに進むより、好きな仕事で働ける人生を送れるでしょう。

しかし、「芸能系」や「デザイン系」は、辞めた方が良いです。

卒業生の9割以上が、夢叶わずに全く関係の無い仕事をする現実がありますからね。

ただし、Fラン大学を出た所で、社会的な評価が低い為、まず優良企業には就職できません。

もしあなたが、有名大卒以上の収入を得て成り上がりたいと思う場合、「起業」の道に進むしか解決法は無いです。

一部の需要ある専門卒以外、就職の世界は、低学歴が進むと「地獄」が待っていますから。

YUU
僕自身、30歳頃まで高卒フリーターだったゴリゴリの低学歴ですが、この「起業」の道に進み努力した結果、サラリーマンの次元を越えた収入を得られる様になりました。

よって、「行動」して「努力」すれば、誰でも成り上がれる世界だということ。

詳細は、「以下の記事」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA