ちょっと宣伝です。

U-NEXTでは簡単な登録で、「31日間無料」で映画やドラマ、アニメを視聴できる、お得なサービスがあります。

もし気に入らなければ、期間内に解約すれば無料で利用可能なので、興味があればどうぞ!


チェンソーマン86話ネタバレ感想!マキマ生き返る←知ってた

チェンソーマン86話ネタバレ

チェンソーマン「86話」ネタバレ感想です。

YUU
その前に、「85話」のあらすじは以下の通り。

チェンソーマン85話のあらすじ

 

地獄の悪魔の力で、「地獄」に引きずり込まれたチェンソーマン。

しかし、ぶっ殺した悪魔の死骸と共に、再度「現世」へ復活。

そして、マキマに銃を向ける岸辺隊長。

マキマは全く気にせず、

「チェンソーマンに助けを求めた自分は殺される」

と、何故か冷静な対応。

その瞬間、窓からチェンソーマンが現れて、マキマは瞬殺される。

場面は変わって、ハンバーガー屋に転職したコベニは、ブラック企業的な洗脳教育を受ける。

そんな中、コベニの「助けて」という声に反応し、チェンソーマンが窓をブチ破り豪快な登場&ついでに同僚の店員を瞬殺。

ポチタ(チェンソーマン)の中の記憶の回想で、

「腐ってないハンバーガー食ってみてえな!」

というデンジの言葉を思い出し。

席に座ると、「ヴァンヴァーヴァー」(ハンバーガーくれ!)と要求。

コベニがハンバーガーを持って行くものの、つまずいてチェンソーマンにハンバーガーセットをぶちまける。

殺されるかと思いきや、何故かチェンソーマンはスルーし、再度「ヴァンヴァーヴァー」(ハンバーガーくれ!)と要求。

もう一度運ぶも、コントの天丼的なノリで、再度つまずいて、チェンソーマンにハンバーガーセットをぶちまける。

チェンソーマン86話ネタバレ

 

ここからネタバレです。

コベニの「2回もコケる」という意味不明な行動に、ブラック店長はドッキリを疑う。

次のコマで、「ドッキリだろ~」と叫ぶ店長の首が、チェンソーマンに落とされる。

コベニは、コケて散らばったハンバーガーを重ね、再度チェンソーマンに渡す。

チェンソーマンはそれを食べながら、

「女とデートしてみたい」

とつぶやくデンジを思い出す。

目の前に「女」(コベニ)が居た為、コベニを連れ去りアイスクリームを買って、強制的に2人でデートを始める。

その時、通報を受けてやってきた、いかにも瞬殺されそうなモブデビルハンターが、チェンソーマンの後ろに現れる。

「俺が来たからお嬢ちゃん安心しな」

と、余裕をぶっこくが、次のコマでクビを落とされる。

その後ろに「某有名ダンスゲーム」を見つけ、コベニに踊らさせる。

コベニがお金を入れないと動かないというと、チェンソーマンが近くの両替機をぶっ壊して、強制プレイさせる。

コベニが踊り始めると、引きの視点に変わり、後ろにいたチェンソーマンの姿が無く、コベニが一人でダンスゲームをしているシュールな画角になる。

次のコマで、復活したマキマが、「気付かれたな」と言い、次いで「みんな出ておいで」とつぶやく。

そこには、「サムライソード」、「レゼ」、「クァンシ」などが復活し、マキマの手下になっていた。

何故か、全員がマキマに好意を持っている設定に代わっている。(特にクァンシ)

そこでマキマが一言、

「チェンソーマンを倒した人となら、デートしてもいい」

つづく

チェンソーマン85話の感想

 

個人的な予想通り、コベニは「殺さない設定」でした。

うざいブラック店長と、助けに来たモブデビルハンターは、案の定殺されましたね。

ただ、その後の「ダンスダンス〇〇〇」のダンスシーンは、シュールであり、相変わらず意味不明。

そして予想通り、マキマ&サムライソード、レゼ、クァンシなど強キャラも、案の定復活。

何故か(支配の力なのでしょうが)、全員がマキマが大好きな設定に代わっていて、あのクァンシに至っては、かつて使い悪魔の3人が自身にしていた様に、マキマにベッタベタ。

というか、前回の話で、マキマはチェンソーマンに瞬殺されていましたが、何故チェンソーマンはこんなに強い設定なのでしょうか?

もしくは、マキマがチェンソーマンを支配する(殺す?)為に、あえてやられることで、「何らかの条件」を満たす必要があったのでしょうか?

このチェンソーマンという漫画は、殆ど説明や解説が無いので、謎が多いですね。

では、「次回」を待ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA