ブログアフィリエイトで収益化出来るアクセス数とは?その真相を暴露します

「アフィリエイトで稼ぐ為には沢山のアクセス数が必須!」

あなたは、この様な勘違いをしていませんか?

確かに、月収数百万円といった金額を稼ぐ為には、それなりの大きなアクセスが必要になります。

しかし、1000にも満たないアクセスで、サラリーマンの稼ぎを超える人もいますし、月間数十万PVのブログを保有しているのに、殆どまともな収入がない人も存在するのです。

YUU
この両者の違いは、扱う案件や商品の成約率です。

当たり前ですが、成約率が高いブログを作れば、少ないアクセスでも十分稼ぐことは出来ます。

逆に、成約率が低いブログの場合は、どれだけ大きなアクセスがあっても、得られる収入は微々たるものです。

つまり、月収数百万円レベルを稼ぐならともかく、基本的にブログのアクセス数と収入は関係ありません。

YUU
その為、最もこだわる所はアクセス数などではなく、「扱う商品やサービスの成約率を上げること」なのです。

元々の成約率が低ければ、何の意味もありませんからね。

よって、ブログで稼ぐ金額とアクセス数は、「ほぼ無関係」です。

ブログアフィリエイトで稼ぐ=沢山のアクセスは大間違い

「ブログで稼ぐ=大きなアクセス数が必須」

これは、非常に多くの人が抱える誤った認識です。

まあ実際、大きく稼いでいるアフィリエイターは、大抵、膨大なアクセス数があるブログを持っています。

YUU
その為、この様な認識になってしまうのでしょう。

確かに、ブログアフィリエイトで稼ぐ際は、書いた記事を検索エンジンで上位表示させて、アクセス数を増やすことが一般的です。

しかし、これはあくまで集客を安定させて、沢山の見込み客を集める為に行うこと。

つまり、上位表示自体が稼ぐ為の要素ではありません。

最も重要なのは、ブログ自体の発信で、検索から集まる見込み客に価値を提供し、その有益な発信によって高い信頼を得て、扱う案件や商品を成約させることなのです。

YUU
どれだけアクセスがあっても、成約に繋がらなければ無意味ですからね。

そもそも検索エンジンは、ユーザーが打ち込んだキーワードで、それに関連した有益な記事を上位表示させます。

あなたが書いた記事が上位表示に成功すれば、ブログに膨大なアクセスを集めることが可能です。

しかし、肝心のブログ自体のコンセプトや、狙うべきターゲット、扱う商品がズレていれば、沢山のアクセスを集めても成約はしません。

よって、アクセス数があっても稼げない人は、主に以下の理由が、その結果に繋がっています。

・ただ検索ユーザーに有益な発信をしているだけ

・扱う商品と発信にズレがある為、成約には繋がらない

つまり、ただ書いた記事を上位表示させて、どんなに大きなアクセスを集めたところで、それ自体は稼ぎに直結しないのです。

ブログのアクセス数と得られる収入は無関係

この記事の冒頭で、以下の例を出しました。

・膨大なアクセス数があるが、殆ど稼げないアフィリエイター

・アクセス数は少ないものの、専業レベルで稼ぐアフィリエイター

この両者の違いは、扱う案件や商品の成約率です。

ビジネスでブログアフィリエイトを実践する以上、広告を貼ったり、扱う商品やサービスを紹介して、クリックや登録、成約させることで収益化します。

一見、アクセス数が多ければいい様に感じますが、残念ながら、それだけでは成約に繋がらないのです。

その理由としては、主に以下のもの。

1.集まるユーザーが、自分の扱うジャンルに興味がない

2.あなたが何者かが伝わっておらず、信頼がない

まあ、稼げない理由の大半は、「1」ですね。

YUU
成約率が低いブログでありがちな要素としては、ターゲットがふわっとしていることが多いです。

仮に、「アフィリエイトで稼ぐ系ブログ」の場合、以下の様なターゲット設定をしている人が殆ど。

誤ったターゲット設定
「アフィリエイトで稼ぎたい人に情報を発信する」

これでは、大きなアクセス数があっても、ブログで紹介する商品は、まず成約しません。

何故なら、一口に「アフィリエイトで稼ぐ」と言っても、

・商品成約型ブログアフィリエイトで稼ぎたい

・アドセンス系ブログアフィリエイトで稼ぎたい

・SNSを使ったアフィリエイトで稼ぎたい

この様に、その手法は様々です。

つまり、ブログの成約率を上げる為には、その情報を求める見込み客を集めるべきです。

よって、

自分の発信を求める見込み客を集めて、ブログで有益な発信を行って価値提供し、その後、関連商品を紹介する。

少ないアクセス数でも大きく稼げている人は、必ずと言っていい程、これを行っています。

ブログアフィリエイトで収益化出来るアクセス数まとめ

ここまで、

「ブログアフィリエイトで収益化出来るアクセス数」

について、お話ししました。

何度も言いますが、ブログアフィリエイトにおいて、アクセス数と収入は、ほぼ関係ありません。

アクセス数が多いブログが稼げているのは、元々の成約率が高いことが、そもそもの大前提なのです。

YUU
よって、あくまでそこに、大きなアクセスが集まった結果だということ。

それに比べて、成約率が低いブログというのは、膨大なアクセス数があっても元々が売れない為、得られる収入は低くなります。

因みに、これは特別アフィリエイトに限ったことではありません。

例えば、原宿の竹下通りは芸能のスカウトが多い場所です。

しかし、ビジュアルの良くない人が歩いても、まず、声を掛けられることはないでしょう。

逆に、容姿端麗な人であれば、確実にスカウトが殺到します。

この様に、相手が価値を感じなければどれだけ頑張ってアピールしたところで、自分を必要とはされません。

YUU
これはビジネスに限らず、全てに共通することです。

よって「アクセス数が多ければ稼げる」というのは、容姿の良くない人が「東京に行けばスカウトされる」、なんて考えているのと同様の、誤った認識なのです。

もし、自分の提供出来る価値が低い場合、アフィリエイトであれば知識を身に付けましょう。

有益な情報を学べば、集まる見込み客に価値提供を行えます。

YUU
そして、有益な情報を身に付けたら、それを必要としている人に伝えて下さい。

結果、あなたの行う発信がターゲットに刺さり、高い信頼を得られる為、扱う商品が売れるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA